免許返納も選択肢に!70歳以上の運転免許の更新2022

高齢者免許返納

高齢者講習を忘れると免許取り消しですよ!

運転免許の更新期間が満了する誕生日の1か月後の70歳以上の人は、

無も言わず、高齢者講習を義務付けられています😒。

めちゃくちゃ面倒くさいですが、受講しないと運転免許の更新が出来なくなりますよ😱

6か月前から公安委員会から、受講できるはがきが郵送されてきますので、

必ず!

忘れずに!

受講しなければなりませんよ😁

はがきが来たら直ぐに「講習のはがき来たよ!」と誰かに伝えると忘れませんね。

また、カレンダーに「講習のはがき来た日」を、メモっておくことも大事です!

即座に受講日を決め、「講習予定日」カレンダーに書き込みましょう!

はがきを見たらすぐに準備に取り掛かり、講習日を忘れないようにしましょうね🤣

75歳以上の一定の違反歴ってどういう意味?

普通自動車免許(普通、準中型、中型、大型の各免許)をもっている人で、

直近の誕生日の180日前から、過去3年間に一定の違反行為があった場合に、

認知機能検査を受けなければならない決まりがあります。

検査結果が前回より悪化していたときは、

さらに、臨時高齢者講習を受けなければなりません。

また、検査結果に認知症の恐れとあった場合、

医師の診断書の提出又は臨時適性検査が必要となります。

出来れば、認知機能検査を受ける前に、一歩引いて大らかな人間になって、

自分の運転技能について、家族知人に自分の運転能力を聴いてみるのも良いですよね。

もしも、「人の意見を聴きたくない!」「余計なお世話だ!」「ほっといてくれ!」と、

少しでも思ったら、あなたはすでに危険信号かもしれません😱

その場合は、残念ながら、免許返納を積極的にかんがえましよう😭

あなたが人の意見を聴きたくない!と思った時点で、

独りよがりの運転をしている自分がいるかも知れません。

自分だけでなく、他人の人生をおびやかす運転は避けなければなりませんよね😅

取り返しのつかない事故を起こす前に、免許返納を考えてみませんか😂

自分の能力の適性を見極めるには、第三者の意見は大事です!

免許返納をしたらどうなるかを一緒に考えましょう。

以下の記事は、免許が無い場合の交通手段を考察しました。

実体験に基づいた報告です。

良かったら読んで下さい!

「免許返納後は2人8420円のバス旅が高齢者の交通インフラに最適2022」

 

認知機能検査をどういうものか知っていますか!

認知機能検査には「手がかり再生」「時間の見当識」と2つの検査があります。

手がかり再生」検査とは、何枚かのイラストを一定時間のあいだ記憶し、

その後時間をおき、少し前に覚えたイラストを聴取する記憶力の検査です。

詳しくは、警察庁のホームページを見て下さい。

以下に1例を表示しましたが、

警察庁のホームページに、まだいくつものパターンがあります。

私はまだ67歳でまだ先ですが、大変不安です😅

一緒にトレーニングして頑張りましょうね^_^

時間の見当識」検査は、検査当日の年月日、曜日及び時間を回答するものです。

 検査結果は、後から書面で通知されるようです。

認知症予防をの生活の中で克服しましょう!

1つ目の例として、買い物をしたときに、商品の合計を暗算でチャレンジしてみましょう。

また、家計簿をつけて計算の習慣を身につけるのも良いですよね。

2つ目の例として、旅行に行った時の思い出を振り返るのも結構良いですよ。

暑い時期か、寒い時期か、何を着て行ったかなど思い出すのは大変にいいと思います。

さらに、誰と誰が一緒に行ったのか?

泊まったホテルの名前は何だったのか?

新幹線は?バスは?飛行機は?船は?乗り心地はどうだったでしょうか?

3つ目の例として、写真をみてこの人は誰だったか?名

前を思い出してみて下さい!

これはどこで撮った写真だったか? 

このとき子供は何歳だったか?

いろんな楽しい思い出を、人と話しすることが健康寿命にもいいですよ😁

臨時高齢者講習とはどういうものでしょうか?

公安委員会からの通知を受けてから、

1月以内に臨時高齢者講習を受講しなければなりません。

受講しない場合は、運転免許の停止や取消しになる場合があります。

臨時高齢者講習時間は2時間、講習手数料は5,800円の費用がかかります。

  • 実車指導60分でコース内を運転し、安全確認の方法や運転の癖を指導されます。
  • 個別指導等60分で実車指導時の運転映像をもとに約30分の指導があります。

一定の違反行為11件とは?

 信号無視

 通行区分違反

 通行帯違反等

❹ 速度超過 

❺ 横断等禁止違反

❻ 踏切不停止等・遮断踏切立入り

❼ 交差点右左折方法違反等 

❽ 交差点安全進行義務違反等

❾ 横断歩行者等妨害等

❿ 安全運転義務違反

⓫ 携帯電話使用等

        

最後に!            

自分では些細な違反だと思っても、

1件の取り返しのつかない重大事故の背景には、

些細な事故や、保険で解決した事故など軽微な29件の事故があり、

更にその背景には、300件のヒヤリとした事例があると考えられます。

これは1:29:300の法則に従って、一つの重大事故を招く確率を表しています。

普段から一旦停止や、信号無視を繰り返していると、

偶然ではなく必然的に、因果応報😡のごとく、事故を招く可能性があります。

自分のせいで他人の生活を壊したくありませんよね😅

早く自分の潮時を見つけて、取り返しのつかない事故を起こす前に、

免許返納を考えてみたいものです😂

私はまだ67歳ですが、数年後どうするか、あれこれとシミュレーションしています。

良かったら、次の記事も見て下さい😁

免許返納後の移動手段は相乗りタクシーのサブスクがいい2022

高齢者には軽四か、免許返納か、レベル3か、65歳で5年後を空想2021

参考資料;京都府警察ホームページより、高齢者講習受講料 

70歳以上75歳未満    5,100円

75歳以上(合理化講習)5,100円

75歳以上(高度化講習 7,950円

※75歳以上の方は、講習を受講される前に

「認知機能検査(手数料:750円)」の受検が必要です。

受講の期間 運転免許証の更新期間が満了する日前6か月以内

◎更新手続き

  更新期間が満了する日(誕生日の1か月後)の2か月前から更新手続きができます。

   更新手続きの際は、「高齢者講習終了証明書」を必ずお持ちください。

   運転免許試験場又は京都駅前運転免許更新センター(即日交付)、

   住所地を管轄する警察署(後日交付)のどちらでも手続きできます。

   なお、高齢者講習を受講された方は、更新時講習の受講が免除されます。

   その他の必要書類等については、通常の更新手続きと同じです。

詳しくは、京都府警察のホームページを見て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました