南紀白浜南海トラフの地震による津波は観光客自らの判断で避難?2021

和歌山県は豊富な観光資源に満ちた一大リゾート地

和歌山県は白浜温泉をはじめ7頭のジャイアントパンダが暮らすアドベンチャーワールドなど、

豊富な自然環境に恵まれた日本有数の観光地です。

昭和53年に350万人の観光客を突破し、別府、熱海と並ぶ日本の三大温泉観光地で、

令和元年には3500万人もの観光客が世界各国からも訪れる一大リゾート地です。

宿泊客は、コロナの影響で令和2年は300万人台に落ち込みましたが、

平成4年の680万人をピークに減少しつつも、関西圏からの観光客で賑わい

500万人台半ばを維持しているようです。

今回、南紀白浜の海が見えるホテルに泊まり千畳敷や三段壁を堪能した1泊2日の旅行でしたが、

京阪神からわずか3時間の圏内に、熊野古道や、日本最古の温泉で世界遺産の「つぼ湯」や、

アドベンチャーワール、弘法大師の高野山など、数々の世界遺産や自然豊かな観光地が、

余りにも身近にあることに和歌山県がもつ観光資源に改めて驚いた旅行でした。

避難ルートをGoogleマップで探しホテルを予約

今回は東日本大震災以来、海辺のホテルに泊まるのは10年振りのことでした。

過去の衝撃から海沿いのホテルは恐怖心と警戒心から、無意識に避けていましたが、

道の駅に併設された新たなスタイルのホテルに泊まることが目的でした。

当初予約したホテルは、食事などの制限と海抜が28mで津波の避難マニュアルが無く断念、

当初の目的を達しないまま、同系列の高台に建つホテルに変更しました。

2軒目に予約したホテルも、津波に対するマニュアルの存在は確認出来ませんでしたが、

海沿いに建つ11階建てのホテルから、海抜123mの平草原公園まで5分で避難できるルートを

Googleマップで確認できたので予約する決心がつきました。

白浜町のサイトからも、津波に対する避難先ルートの情報を分かりやすく確認出来ず、

水と食料と防寒着と簡易トイレを車のトランクに詰め込んで出発しました。

そこまで準備して行く価値があるかどうかという懸念はありましたが、

今後の旅行の下調べも兼ねての行動でしたので、ホテルや町がどのように観光客を、

避難誘導しようとしているのかが気がかりで目的を変更し現地に向かいました。。

津波16m死者8万人の被害予想に避難ルートの標識が見えなかった

白浜町のサイトから、令和3年6月の「災害のときの避難地震や津波」をみると、

「津波による緊急を要する避難の場合は原則として、これらの避難施設ではなく、一番近くの安全な高台へ避難してください。地震による大きな揺れが発生した場合は、南海トラフを震源とする地震なら早ければ発生から10分程度で津波が到達しますので、テレビなどの情報や防災行政無線を聞いてからではなく、揺れがおさまったら火元の確認をして、直ちに避難して下さい。

避難場所やそこまでの経路については、日頃から家族や近所で話し合い、いざという時のために備えておきましょう。」「津波からの避難場所は、付近の高台です。

東日本大震災の教訓に学び、想定にとらわれることなく、可能な限り高い所へ避難することが肝要です。」

「マップには、町が把握している初期避難場所(高台等、津波避難ビル、津波避難タワー)を表示しています。この他にも、自宅の裏山など近くの安全な高台への避難をお願いします。」

なお、マップ中の「町が開設する避難所」は、地震・津波の直接の危険性が去った後、避難生活をするために使用するものですのでご留意ください

津波による災害から自らの命を守るため、ぜひ、この津波ハザードマップを活用し、自宅や職場等からの避難場所について考え、毎日の避難訓練や避難路の確認を行いましょう。」

上記サイトから、観光客への避難誘導の方法や避難場所を認識することは困難で、

避難者自らが事前に安全な高台を認識し、揺れと同時に避難するよう呼び掛けているようです。

特に一時滞在の観光客には、宿泊施設や宿泊客への避難誘導に関するマニュアルも無いようです。

「町が開設する避難所は、地震・津波の危険性が去った後に避難する場所」との、

但し書きの通り、間違って非難しないよう細心の注意が必要です。

観光客は、津波から自力で逃げるルートを自ら探してから・・・

東日本大震災の恐怖と対策は現地から遠ざかるごとに、また、時間が経つごとに薄れるのが常です。

政府は、四国や近畿、東海、九州でマグニチュード8から9の巨大地震が今後30年以内に、

「70%から80%」の確率で発生し、東日本大震災を大きく上回る被害がでると予測しています。

静岡県の駿河湾から九州の日向灘にかけての南海トラフ(深さ4000mの海底のくぼみ)では、

100年から200年の間隔で、マグニチュード8クラスの「南海トラフの巨大地震」が発生しており、

2019年5月のデータでは、23万1,000人が死亡、火災、津波で209万棟が全壊及び焼失、

経済的損失は220兆3,000億円に上ると推計しています。

京都市在住の身では津波の被害はないものの、東日本大震災の経験から、

揺れによる家具の倒壊、収納の落下やガラス等の飛散を防ぐ対策を行ってきました。

また、自宅での避難を前提に、水や食料、簡易トイレなどの準備も進めてきた。

国は1000年に1度の「考えうる最大級」として南海トラフの減災対策を行っていますが、

和歌山県の南紀白浜では、観光客が今いる海抜表示や避難ルート案内が見つけられませんでした。

どこにいても自分の判断で避難できる覚悟と準備を怠ってはいけないと思いました。

0.3%のワーケーション族より高齢者の体験型ツアーが儲かる!2021

ワーケーションはたった0.3%の大企業の社員

ワーケーションは、現役で働く人にとって、オフィスや自宅以外で働く、

仕事の効率を上げ、ストレスを軽減できる働き方改革の妙案のように言われているが、

なぜか経営コンサルタントの、新たな経費削減の策略のように思えてしまう。

経営者側は業務を効率的に運営でき、優秀な人材獲得にもメリットがあり、

観光事業者や飲食店にも、消費が増え地域活性化につながると言っているが、

ワーケーションが出来る人は、0.3%の大企業にしかいない。

ホテルや旅館観光業者は、ワーケーションより高齢者をターゲットにして欲しい。

彼らは、お金を使うチャンスをいつでも探している。

ワーケーションは経費節減のカモフラージュかも・・・

ワーケーションは、コロナ禍に便乗した雇用調整と経費節減のように見える。

主要先進7カ国の「労働生産性の国際比較」をみても、

1.日本の時間当たり労働生産性はOECD加盟37カ国中21位、主要先進7カ国では最下位。

2.日本の一人当たり労働生産性はOECD加盟37カ国中26位

労働生産性をあげる為の、ワーケーションであって欲しいが・・・

アイスランドでは労働人口の約1%の2500人が週休3日で働く社会実験に取り組んだ。

労働時間を週40時間から35~36時間に減らしても生産性は維持され向上したという。

日本でも週休2日から3日にすると、レジャー費等が10兆円増えると言われているが、

休みが増えることで、給与が下がってしまっては意味がない。

むしろ、休みを増やすより休職制度を利用し好きなことをやる社員を増やした方がいい

一度会社を辞め、再度就職したいと思う社員が多い会社の方が生産性が高い気がする。

高齢者がお金を使うと子や孫の給料が上がる

金融広報中央委員会「知るぽると」によると、

年代別1世帯当たりの金融資産は、働き盛りの年代では住宅費や教育費が多く貯蓄が少ない。

年代別の、全体世帯の平均貯蓄額は1,139万円になるが、

20歳代では、平均165万円、30歳代では、平均529万円

40歳代では、平均694万円、50歳代では、平均1,194万円

60歳代では、平均1,635万円、

70歳以上では、平均1,314万円になる。

貯蓄の中央値は平均額の半分位になるが、今もなお貯め続けている。

死ぬまでお金を貯め続け、最後に税金で国に納めるのが幸せのようだ。

悲しいかな、お金を貯め続けることが不安解消

「将来に少しでもお金を残したい」高齢者向けのコマーシャルは、

老後の生活資金不足ではなく、葬式費用や墓守のためのようだ。

すでに高齢者になっていても、100歳までゆとりある生活のために、
お金を貯め続ける習慣は変わらないようだ。

将来への不安を担保するのは、預金通帳の数字だけのようだ。

日銀発表の2020年度、個人の金融資産は1946兆円に達し130兆円増加した。

1987年度のバブル期108兆円を超え、最高額を更新した。

家計の現金・預金残高は1056兆円5.5%増加し、

株式も195兆円32.1%増加し、投資信託も84兆円33.9%増加した。

生きる喜びの唯一の証が、資産が増えることのようだ。

野村総合研究所2020年度の資料から

世帯が保有する金融資産の合計額から負債を差し引いた「純金融資産保有額」は、

5,000万円以上は約470万世帯9%、

3,000万円から5,000万円は約710万世帯13%、

3,000万円未満が4,200万世帯78%あります。

高齢者がどの層にどれだけ分布するかは分かりませんが、

相当数の高齢者が多くの金融資産を有していると想像します。

お金を使いたい高齢者は一杯いるがプランがない

野村総合研究所2020/12/21富裕層や超富裕層のコロナ禍の意識変化の記事があった。

「健康や体力増進に関する意識が強まった(65%)」

「ソーシャルディスタンスを意識した旅行をするようになった(47%)」

以上のデータは、富裕層だけでなく高齢者全てに当てはまる状況だと確信。

だからこそ、帝国ホテルのサービスアパートメントのような、

一定期間を定額料金で利用できる「宿泊サブスク」は丁度いい。

生きる喜びと感動の体験型企画があれば、喜ぶ高齢者は山ほどいる。

上質なホテルに泊まりながら、観光地を移動するスタイルもいいが、

❶豪華列車で上質なホテルのおもてなしを受けながらの旅行。

❷豪華客船で上質なホテルのおもてなしを受けながらの旅行。

❸山小屋に泊まりながら、日本百名山の山頂を極める登山(ドアツードアサポート)。

❹源泉かけ流しの温泉に泊まりパウダースノー満喫のスキー(ドアツードアサポート)。

❺パラグライダーのタンデムフライトとラフティングツアー(ドアツードアサポート)。

❻A級ライセンス取得とジムカーナとサーキットトライアル(ドアツードアサポート)。

❼自衛隊の訓練参加と戦車、潜水艦乗船、戦闘機搭乗ツアー(ドアツードアサポート)。

❽スキューバダイビングのライセンス取得とダイビング体験(ドアツードアサポート)。

❾左官職人から学ぶ、珪藻土、漆喰の壁塗り方体験入学(ドアツードアサポート)。

❿手びねりと電動ろくろで造った陶芸の窯入れから窯出し(ドアツードアサポート)。

荷物を持たないで、玄関まで迎えに来て、玄関まで送り届けてくれる。時には車いすを押してくれる人がいる。必要に応じて医師や看護師がいる。 60代の内に、実現可能なメニューと料金表を早く見たい。

妻の顔面麻痺は耳鼻科では無く「あんず鍼灸整骨院」のケイラクで完治2021

ある日、妻の眉毛とまぶたと口の顔半分が崩れていました

朝起きたら、顔半分がつれたような、違和感がありましたが、

鏡をみて、眉毛が傾いていることに驚くと同時に、まぶたも垂れ下がり、

何事が起きたのか、理解出来ないくらい衝撃を受けました。

指でまぶたを持ち上げても、元に戻ることはありません。

まぶたは垂れ下がり、目を閉じることも出来ないことに、

ようやく、顔面麻痺であることを自覚しました。

喋ろうと思っても、思うようにしゃべることが出来ません。

口角も下がり、口が歪んで変形し、口の端から水がこぼれました。

顔の半分が崩れ落ち、見るも無残な姿が鏡に映っていました。

医師の診断は、突発性の顔面神経マヒでした

顔面の筋肉を動かす顔面神経は、脳を出てから耳の骨の中を走行し、

耳下腺で眼、鼻、口唇に3方向に枝分かれし、筋肉を動かしています。

神経障害が発生したことで、顔面麻痺を起こしたものと思い、

すぐに耳鼻科の専門医を受診しました。

医師の診断は、耳の中も鼻の中も異常が無く原因不明の突発性麻痺と診断されました。

顔面神経麻痺は、突発性麻痺とヘルペスウイルス性麻痺の2つに分かれるようです。

ステロイド剤とビタミン剤を1週間処方されましたが、

「麻痺が残る可能性がある」 「完全に治ることはない」との

無神経な説明に、妻はさらに大きな衝撃を受けました。

医師の無神経な説明でトラウマ

原因不明の病気とはいえ、医師から「マヒが残る、治らない」と言った説明に、

妻は大変ショックを受け、顔だけでは無く、心にも大きな傷を受けました。

麻痺が残るという説明は、患者の精神的ストレスを増幅させました。

妻には、無神経な一人の医者の発言であることをさとしましたが、

専門医の論文や症例報告を読み漁り、回復できる症状であることを説明し、

ようやく気持ちを落ち着かせることが出来ました

何等かの心因的ストレスが病気の一因との報告があり、

夫婦2人で、過去数か月間の日常生活における精神状態を振り返り検証しました。

何が問題だったかを特定し、そのことについて、

その問題の理解の仕方や咀嚼の仕方を見つけるために、

2人で時間をかけゆっくり話し合った結果、快方に向かいました。

医師から「顔面神経減荷術」の選択も出来るので、

心配しなくても治りますよ!と言って欲しかったです。

幸いにも、ほぼ一ヵ月で完治しましたが、耳鼻科での治療に効果は無く

京都山科にある「あんず鍼灸整骨院」の経絡(ケイラク)で回復しました。

医者は、完全無比でも完全無欠でもない

そそもそも、医者は生死に関わらない患者を軽視していないか?

患者の命を救う達成感のない病気をぞんざいに扱っていないか?

その逆も含めて、フト疑問に思うことがありますが・・・

とはいえ、医者も普通の人間で、一般人の何倍も勉強した人達です。

医者になるため多くの犠牲を払った結果、浮世離れした医者もいるかも知れません。

人を救うための善意の仕事に従事する、普通の人間であることを認識すべきですね。

患者側も、医者を完全無比で完全無欠の存在と捉えてはいけないでしょう。

患者にも様々な症状を記録し、医師に報告し診断を仰がなければなりません。

1人の医者に妄信してしまうと、愚かな結果を招くことがあります。

執着を無くしてセカンドオピニオン、サードオピニオンを利用したいものです。

病気になって、思ったこと!

一事が万事、人の言葉を信じ切っても、また、疑ってばかりでもダメですね。

特に、医者の言うことを、金科玉条のごとく受取ってしまうのは愚かなことです。

親兄弟全ての人と関わりに、100%正しいことも、100%間違ったことも無いことでした。

何事も是々非々で、一定の距離感が偏らない心を保つ秘訣だと理解しました。

仏教や東洋医学においても、心と身体は「心身一如」としています。

何が原因かを一緒に探し、解決する方法を一緒に探すことにしました。

探し始めて、丁度一ヵ月経った頃に、はほぼ元通りになりました。

顔面麻痺は、経絡(ケイラク)で完治しました。

顔面麻痺の障害の程度はスコアで表現されています。

40点を正常として評価され、32点~38点を軽度麻痺。

24点~30点を中程度麻痺、16点~22点をやや高度麻痺。

8点~14点を高度麻痺、0点~6点を完全麻痺として評価しますが、

妻の場合、発症直後は18点で、5回目の施術35点まで回復しました。

その後、日を追うごとに回復しほぼ一ヵ月で正常になりました。

もし、2週間ほどで一定の回復傾向が見られなければ、

美容整形外科へ行く準備もしていましたが必要ありませんでした。

そもそも、経絡(ケイラク)とは何か?

経絡(ケイラク)の経は経脈(けいみゃく:縦の脈)、

絡は絡脈(らくみゃく:横の脈)を表し、

経絡は、東洋医学から生まれた気血の流れる通路の総称といわれています。

気血とは、体の基本となる「気」と「血」が全身を巡って、

身体のバランスをとっています。

「気」は形が無く、目には見えない体内のエネルギーとして捉えられ、

「血」は目に見える象徴として血液や体液を総称して表わしています。

健康なときは、気と血がバランスを取り、体内で均衡を保っていますが、

気と血のバランスが崩れると、身体に様々な症状が現れ病気が発覚します。

病気を治すのは、この不調な状態を調整することになります。

「病は気から」というよう言葉の通り、気の異常は血の変調をもたらし、

血の異常は気の変調を引き起す相関関係があります。

それぞれが、協調しバランスを取ることが治療になります。

実際の治療も強く指圧する訳でもなく、

針治療で使われる長い針を、体の奥深くまで刺すわけでもありません。

常に脈をとりながら、ツボを針状のもので軽く抑える程度で痛みもありません。

それでも、あんず鍼灸整骨院 茶谷隆晴院長の施術で治りました。

住所は京都府京都市山科区音羽野田町15-4 平木マンション11