震災時に高齢者3人が、自宅で避難する時に無くてはならないモノ?2021

先ず最初に準備するのは、簡易トイレですよ!!

自宅で避難することを前提に、
何よりも先に簡易トイレの準備に取りかかりましょう。
一つの家に3人暮らしながら、
自分の家で避難生活を送るための資材とその数を検証します。

便器を簡易トイレにするには何が必要でしょうか?

毎回取り換える汚物袋をくるむ便器の内側にもう1枚厚手のビニール袋を固定。

排泄物を貯める汚物袋

尿や便を固形化する凝固剤

凝固したした汚物の匂いを止めるための猫砂

閉じた汚物袋の匂いを完全に止めるためのLLサイズ(50㎝×35㎝)防臭袋

手洗いの水も出ないので、使い捨て手袋を使って感染対策を行う。

ウオシュレットが使えないので、携帯用ウオシュレットを準備する。

➀②③はセットで販売している場合が多いですが、
よく確認してから購入した方がいいですね。

④猫砂は、紙製の植物系の燃えるゴミとして扱える猫砂をホームセンターなどで
購入できます。

⑤防臭袋は、汚物袋を密閉し匂いを完全にシャットアウトします。
また、生ごみも長期保管する可能性があるので、匂いを何重に対策することで、
不快感を軽減できる優れものですよ!

⑥使い捨て手袋は、排泄物の始末、台所仕事、食事のときなどに、
手を汚さないために重要なアイテムです。

⑦携帯用ウオシュレットは、無いと不快感一杯ですが、あると快適です。

簡易トイレを1週間使う場合どれだけの資材が必要でしょうか?

汚物袋は、大人1人小便大便ともに1日8回と想定し、7日間で56回分が必要になります。
2人では112回分、3人では168回分が必要枚数になり、凝固剤も同様の個数が必要です。

1回の購入枚数が大きいと1枚単価は安くなりますが、概ね1人50回分で5000円前後が目安になります。

猫砂は、5kgを6袋備蓄すると1回に300ccを目安に100回分使用できます。大人が1回に排泄する便の量は、200gから300gと言われていますので、それから想定したものです。金額は概ね100回分で5000円位です。

防臭袋は、LLサイズ(50㎝×35㎝)で、1週間で1人10枚程度あれば十分だと思います。防臭袋は機能性が高く、オムツの廃棄や、生ごみの匂い消しに汎用性が高いので、概ね60回分を1500円程度で購入できます。

⑥使い捨て手袋は、100枚入りを2000円弱で購入できます。

携帯用ウオシュレットは、有名メーカーが6000円前後で購入できます。いつ使うか分からないのに、と思いますが、あると間違いなく便利なグッズですね。

LEDランタンと予備の電池を部屋ごとに準備しましょう!

明るさによって値段が違いますが、1個3000円前後で購入できます。
居間寝室洗面室及び浴室に、それぞれ設置して置くと安心ですね。

ヘッドライトと予備の電池を人数分準備しましょう!!

暗い中を移動するとき、手探りで動くことになります。
暗闇で転倒の危険を避けるには、ランタンや懐中電灯を手でもって動くのは危険です。

階段を上り下りする時など、手すりを両手で握って行動することが重要です。
暗い中、台所に立ったときも、目線と同じ位置から明かりを照らすことで、
視界を確保でき危険を回避できます。

いつ大きな揺れが来ても、素早く身を守る体勢をとることが重要です。
暗いときは、手ぶらで行動することが必須です。
ヘッドライトは1人1台準備することが重要です。

明るさによって値段が違いますが、LED単4電池対応の200ルーメンで、
40時間照射できる日本製の1台3000円前後がお勧めです。

携帯ラジオと予備の電池を準備しましょう!

カセットコンロとガスボンベ20本準備しましょう!

イワタニ(岩谷産業1本には250g)のガスボンベは、強火で1本1時間位燃焼できるようですが、外気温を20℃と仮定した場合、ガスボンベ1本で10Lから15Lのお湯を湧かすことができると思います。

一般的な6Lのバケツに2杯から3杯ためることができ、適温にすると20L以上のお湯を使うことが可能です。身体を拭き、頭を洗うのに最低限のお湯が確保出来ます。

1人で20Lのお湯を使う場合1週間で7本、3人で21本あれば十分かも知れませんが、非常時は食欲を始め生体反応が省エネモードになり(個人的見解ですが・・)、入浴の欲求も低減しますので、料理に使う分と合わせても20本もあれば十分かと思います。

ガスボンベは普段使いが出来き、無駄なく避難対策が出来る効率的なアイテムですね。

石油ストーブと石油を準備しましょう!!

震災が原因で長時間停電する場合は、電気に限らずガスも必然的に供給停止になります。その時役に立つのは、暖をとりお湯も沸かせる石油ストーブが最強の助っ人になります。

石油タンク3.6L程度の反射型の小型石油ストーブ1台あれば、快適な避難生活が約束できるでしょう。気密性の高い部屋の場合20畳でも十分に暖をとることが出来ます。低コストの石油を使った石油ストーブは、10,000円前後で購入でき普段使いもできる避難生活の必需品になると思います。

1週間分の飲料水と食料を準備しましょう!

水タンクと折り畳み式キャリーカートを準備しましょう!

避難生活が長期間になったとき、飲料水や生活用水を給水車からポリタンクに給水し、
自宅まで運ぶために必要なツールです。
2000円程度の折り畳み式のキャリーカートで十分機能を発揮できます。

さらに、家の外に出る場合はヘルメットを被り、革手袋か耐切創手袋をして、
登山靴などを履き、あらゆる状況から身を守る態勢で外に行くことを心がけましょう。

子供の綺麗な歯並びは親の責任で行う最初の教育であり投資です2021

子供が生まれたら、この子には将来何をさせようか、話題につきませんが

もし、その時、おじいちゃんや、おばあちゃんが援助を申し出たら、

子供の歯並びをよくする矯正費用のおねだりをしましょう。

子供に使う最初のお金は、一生の財産になる綺麗な歯をつくってあげることです

綺麗な歯並びは、好印象を演出する一生の財産です。

床矯正(しょうきょうせい)とは、

取り外しができる床矯正装置を使って、歯を抜かずに歯列を整える矯正方法です。

1日8時間以上の装置を装着することが目安です。

装置は、取り外しができるので、普通に食事ができ食事のあとも普通に歯磨きができます。

床矯正は、6歳〜11歳位の子どもの成長期に合わせ、少しずつ歯列の幅を広げ自然な歯列に出来ます。

床矯正は出来るだけ子どもの内に、あらかじめ歯を並べるスペースを確保するために行われる治療方法です。

子どもの頃に早期に床矯正治療をすることで、将来的に重大な治療を回避できる可能性があります。

歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨に埋まっており、顎(あご)自体を広げるものではありません

歯が内側に向いている場合など、歯槽骨も一緒に倒れていることが多いので、床矯正装置を使って歯と一緒に矯正していきます。

デメリットは、

❶装置を自分で装着しないと治療効果が出ないので、装着を忘れないことです。

❷装着により、しゃべりづらくなることがありますが、数日で順応し慣れていきます。

❸歯を歯槽骨の外に追い出すことがあり、歯根が露出し歯の神経が痛めることがあります。

❹前に広げる場合に、出っ歯になり、口元が突出する危険があります。

❺床矯正だけで歯並びが改善出来ない場合、ワイヤーを使った矯正治療を併用することがあります。

❻2週間ほど装着しないと、装置に不具合が発生し、装置の作り直しをすることがあります。

最大の治療効果を発揮するには、顎の骨格の特性を見極める技量と技術が重要です。

床矯正は、保険診療外の治療であるため、費用も含めセカンドオピニオンに、
積極的に相談し、信頼できる医者を選ばなければなりません。

いい歯並びは、口元を美しくし、笑顔を引き立てます。

ワイヤー矯正は、歯の表面にブラケットと呼ばれる矯正装置を装着し、ブラケットにワイヤーを通しワイヤーを引っ張って矯正します。

マウスピースだけの矯正より一般的に短期間に治療が終了します。

笑ったときに金属製のブラケットのワイヤーが光りますが、プラスチックやセラミックを使用した白や透明色のブラケットにワイヤーを装着することで、目立たない違和感のない矯正ができます。

いい歯並びは、劣等感がなくし素敵な笑顔になります。笑顔に自信をもつことで表情筋の動きがよくなりアンチエイジング効果も期待できます。

デメリットは、

❶口を開けたとき、歯の矯正中だということが知られてしまいます。

❷矯正中、歯が磨きにくくなり、定期的に歯のクリーニングを行うことお勧めします。

❸矯正装置に舌が接触し口内炎ができることがありますが、数日から数週間で改善します。

❹ガムや餅など粘度がある食べ物は、食べることは気をつけて下さい。

ネギやワカメ、海苔などがブラケットに挟まりやすいので、常に清掃に気を付けて下さい。

❻硬い食べ物も要注意です。

❼金属や陶器の被せ物にワイヤーを通す場合、ブラケットが外れることがあり新たに付け替えることがあります。

❽無理な力を歯にかけることで、歯肉が根尖側(こんせんそく)に退縮し、歯根が露出する歯肉退縮につながることがあります。

❾歯にいろんな方向から力が加わり、歯が揺らされる現象が起き、元々長かった歯根が短くなってしまう歯根吸収が起きることがあります。

よくない歯並びは、歯や口の中だけでなく、身体全体を虫食む可能性があります。

❶歯並びが悪い場所では、磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

❷歯並びが悪いと、口が空いていることが多く、口の中が乾燥し唾液が少なく自浄効果が低くなります。

❸歯並びの悪いと、かみ合わせが上手くできず、咀嚼(そしゃく)が不十分で消化促進が弱くなります。

❹歯並びの悪さが、かみ合わせを悪化させ、顎関節症(がくかんせつしょう)に繋がる可能性があります。

❺歯並びの悪さが、歯ぎしりや、歯のくいしばりを助長し睡眠障害等が発生することがあります。

❻歯並びの悪さが、虫歯や歯周病を引き起し、心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病・誤嚥性肺炎などを誘発する危険性が高くなります。

虫歯や歯周病の回避は、歯並びをキレイにすることが第一歩です。

虫歯がある人は、1993年から2016年までの23年間において、小学生の20%、中学・高校生で50%、大学生の80%が虫歯にかかっています。大人の90%以上が虫歯で、特に35歳以上は99%が虫歯です。

また、歯周ポケットを持つ人は、25~34歳では30%以上、35~44歳以上では50%近くが歯周病で増え続けています。歯肉炎、歯周炎と進行し歯と歯肉の隙間が深くなり、歯周ポケットが形成され、歯周病菌がこのポケットに侵入し、根の先が破壊され抜歯に至ります。

歯は消化器官の一つです。上下の咬み合わせが悪いと、物を噛み砕く機能が低下し、胃、腸への消化器機能への負担が高くなります。

胃は脳のコントロールを受けており、普段の生活のストレスも相まって胃の病気を引き起こす可能性もあります。

また、腸は、咀嚼の低下で便の通過障害が慢性的に引き起こし、腸閉塞、大腸ポリープ、大腸がんに進展する可能性もあります。

規則正しい食生活が健康な生活を送る大事なポイントになります。

整った歯並びは見た目が綺麗なだけででなく、手入れをしながら一生の財産を維持する努力もまた必要です。

見た目の良さこそが、虫歯や歯周炎、歯周病の予防意識を高め、
健康な身体をつくる子供にとっての最初の教育です。

人生100年退職前に夫婦でやるべき最後の投資こそ「積み立てNISA」

人生100年とか老後破産とか言われると、何だか焦ってしまうのは私だけでしょうか。
時代の変化に左右されず、夫婦で心に余裕を持った生き方をしたいものですね。

そのためにこそ、退職前の折り返し地点に、「積み立てNISA」が役に立ちますよ。
人生最後まで夢を叶えることができる最良の手段の一つだと思います。

やっぱり、投資は不安ですよね

株価は3万円を境にアップダウンを繰り返しています。

1980年代や2000年のITバブルのときと違い、

今の株価は異常ではないとする専門家が多いようです。

人生100年時代だからこそ、流れに便乗したい気持ちがありつつも、

大事な虎の子を、投資に回す気持ちには中々なれないのは当然です。

人生100年、お金は自分で貯えろ

少し前に老後のお金が2000万円足りないって話で盛り上がったことがありました。

振り返ると「老後のお金は自分で貯えろ」とする国のメッセージだったようですね。

公的年金だけで生活している自分達に、「そんな金はない」「今かららは無理」

思わず叫ばれた人も多いと思いますが、一方で、老後の生活を破綻させないため、

投資について猛勉強した人が多いのも事実のようです。

損をする理屈を解明することが先決です

今の株価の水準は、景気の動向や企業の業績などからみても、

大きく乖離していないことが株高の要因のようです。

安全に、より確実に、資産を増やす手段があれば、やってみたいと思うのが人情です。

結局、エイヤーと思い切って行動する勇気や勢いではなく、

なぜ、損をするのか? なぜ儲からないのか?

理屈を解明することが先決だと気づきました。

人生100年これからが本番です

60歳の夫は給与半減、老後を年金だけで暮らす不安をかかえつつ、

家のローンもあり、子どもの教育費もあり途方に暮れてしまいます。

ボーナスも教育費で無くなり、不満だらけになってしまいますが、

家族があり仕事がある、それだけで十分だからこそ、

「投資」を始める時期なのです。

「投資」は先ず何が危険かを理解することです

一つ目は、儲かることがあれば、損することもある不確実性が高いということです。

二つ目は、株を買った企業が倒産することもあれば、上場を廃止することもあることです。

三つ目は、株式市場は常に変動し予測不能で、素人が希望価格で売買できないことです。

「投資」は、どういう理由で損をするかを知ることです

一つ目は、個別の企業に大金を一気につぎ込むことです。

二つ目は、損が出ても株を持ち続け、株を売らずに損失を確定しないことです。

三つ目は、売り買いを1日で完結させる短期勝負の投資をすることです。

四つ目は、いくつもの投資方法を手あたり次第やることです。

五つ目は、他人の情報を100%信じて売り買いすることです。

結果的に、長期・積み立て・分散が人生100年に最適な投資方法になりますよね。

2018年から始めた「積み立てNISA」の利益です

62歳で始めた積み立てNISA18年2月~20年11月の運用実績を公開しますね。

買い付けした金額は、1,122,000円(毎月33,000円×34か月分)。

現在の価格で評価した金額は、1,230,355円。

運用損益は、108,355円で、運用利益率は、約8.8%でした。

利益が無くなり、投資元本が減らない保証はありませんが、

銀行の普通預金の金利とは比べ物になりませんよね。

預貯金に頼るだけでなく、金融資産として分散する方が不安は少なくなりますよね。

積み立てNISAは長期・積立・分散投資の非課税制度です

1年間最高40万円最長20年間で最大800万円の投資に税金がかからない制度です。

株を売って得た利益に、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)が徴取されますが、

それが免除される制度です。

100万円の利益に対して約20万円が税金で持って行かれるわけです。

その、税金がかからないと言うのは、大変凄いことですよね。

資産づくりは貯蓄のお金と投資のお金を分けることから

8割の世帯で家計を把握しいると言っていますが、

家計簿で管理しているのはせいぜい3割しかないようです。

いつでも自由に生活資金として引き出せるお金が「貯蓄」であり、

教育や住宅、老後資金など将来のために準備するお金を「投資」として、

どんぶりで無く家計簿で分けることが資産づくりのスタートになります。

「積み立てNISA」で老後破産を回避しましょう

積み立てNISAは、貴方の老後資金をゆっくり大きく育ててくれます。

62歳から始めた経験からも、リスク分散の長期積み立て投資が好結果を出しています。

老後破産を回避するには、大切な生活費の中から少しずつ毎月投資することが、

人生100年時代に最も相応しいお金の使い方の一つだと思います。

お金のメリハリは人生100年時代に求められる資質です

教育、住宅、老後、お金は生活環境によってその優先順位を変えていきます。

お金をかけるところ、節約するところ、そのメリハリを付け替えるタイミングこそが最も大きな試練なのです

住宅ローンや教育費の見直しも無理と決めつけず、あらゆる支出を柔軟にコントロールすることが、人生100年時代に求められる資質でもあります。

人生100年時代を生きる貴女へ、まだ十分リカバリーできますよ!

個人年金に入っておけば良かった。老後、仕事も収入もなくなると心配する貴女へ。

夫が亡くなり一人で生活、もし自分が病気になったらどうしようと心配する貴女へ。

ひとり身で仕事を辞め本当に1人になったらどうやって生きて行こうか悩む貴女へ。

人生100年の折り返し地点にいる貴女、十分にリカバリーが利く年代ですよ。