家のエアコン100Vでしょうー!オール電化って地震大丈夫ですか?

マスター:暖かくなってきましたねぇー

常連客:エアコンって夏は安いけど、冬は高いから、安くなっていいですねぇ

マスター:店は逆で、冬が安くて、夏は高いんですよー。業務用で5馬力の契約なんで、使っても使わなくても毎月約5千円の基本料金かかるんです。

客のひとり言家庭用はKWで表現するが、業務用は馬力で表すようだ。1馬力は2.8KWに相当、三相200ボルトの契約なら1KWh約17円に換算できるらしい。1日8時間動かすと14KW(≒5馬力)×8時間×17円(低圧動力)=1,904円(1日)×25日間(営業日)=47,600円+約5,000円≒53,000円が1ヵ月間の電気代のようだが、夏が高くなる理由はわからないまま

客のひとり言:ちなみに、一般住宅交流単相3線式の契約が多いようだ。簡単に言うと100Vと200Vが同時に使えるということのようだ。自分の家でも単相200Vのエアコンと100V用の両方のエアコンがあることを築30年経って初めて理解した気がする。

マスター:喫茶店は、業務用の200ボルトで契約するから家庭用より安いんですよ!

常連客:あっそうなんだ? でも、家のエアコン確か200ボルトですよ!

マスター:そんなこと無いですよ! 普通の家は100ボルトに決まってるんですよ!

常連客:へぇ~、ぁーそうなんですかー 200ボルトだと思ったけどなぁー?

マスター:それは、お宅がオール電化だから、200Vの線が繋がっているんですよ!

常連客:エアコンのコンセントって200Vだから他のコンセントと区別するため上に付いるのかと思ってた。

マスター:それって、エアコンが上についてるから、上にあるだけじゃないの!

常連客:あっ、そうかも知れないー。

客のひとり言喫茶店は日中長時間営業するため、200Vだけが使える三相200Vが一般的な契約のようだ。一般住宅はは100Vと200Vが同時に使える交流単相3線式の契約であることを二人とも知らなかった。
自分の家の200Vのエアコンは居間の一台だけで、他の部屋のエアコンは全て100Vだった。家の中にあるエアコンは全て200Vかと思っていたが大間違いだった。200Vのエアコンは大きな部屋に使うタイプだと改めて認識した次第でした。

200Vのエアコンは、100Vの2倍のパワーがあり半分の時間で冷やすことができる。2倍の電気を使うが短い時間で冷えるので、電気代は一緒のようだ。200Vのエアコンを1日付けていても1ヶ月の電気代は2,000円かかっていないように思う。
200Vのお陰かエアコンの性能のせいか熱中症対策には安い。因みに、熱中症は風邪のような軽い病気とは大違いで、急性循環不全を引き起す一瞬にして生死をさまよう病気だ。甘くみてはいけない。

マスター:それでも、オール電化って電気が止まったら何もできない!大変じゃないですか

常連客:確かにそうですよ。だけど、停電するくらいの地震だったらガスも止まりますよ。電気は2.3日で点くけど、ガスは1ヵ月かかりますよ。かかりましたよ!仙台では・・・

マスター:そうかぁー、それは、そうだ!電気、ガス、水道全部止まるねぇー!!

常連客:東日本大震災の時、ガスがつくのに1ヵ月だったけど、電気は2日で復旧

マスター:えぇー、そんなに違うんですねぇー

常連客:ガスってガス会社が一軒ずつ訪問して開栓するので、家に来たガス会社の人は確か九州からの応援でしたよ。

マスター:そうかぁー、そりゃー、時間かかるねぇー!

常連客:東日本大震災は地震で倒壊した建物ってみたこと無かったですよ。14階の部屋は壊滅でした。だから、直下だったら電気もガスももっと時間がかかったでしょうね。首都圏や京阪神の大都会で起きると復旧作業はもっと時間がかかるでしょうね。だから、家はオール電化だけど石油ストーブも使ってるんですよ。

マスター:停電だったら、使えないでしょう!

常連客:ファンヒーターヒーターじゃなく、ただの石油ストーブ。お湯を沸かせるし夜も明かりがとれますよ。

マスター:確かに!あとはカセットコンロがあれば完璧かも知れませんね!!

常連客:食べることについてはね。問題は無いかも知れませんが・・・!?

マスター:何か、・・・

常連客食べるより、出す方ですよ。電気が止まって一番困るのはトイレですよ。震災直後、子供と認知症以外は腹減りませんよ。寒さ対策とトイレが最も身近な問題になりますよ!!

マスター:何を持って出る、話題になるけど、そういうリアルな話しは聞かないねぇー

常連客:地震直後、道端で呆然としている人が多くいました。余震が続くので、部屋に戻れず、見知らぬ人たちが肩を寄せ合っているんです。
避難所は、人でごった返していて、足の踏み場がない状態です。諦めて帰ろうと思い、トイレを覗いたら、全ての便器から排泄物があふれているんです。その光景は脳裏から離れないです。出す方ですよ。電気が止まって一番困るのは食べるよりトイレなんです。

マスター:まさに、経験者カタルですね。

マスターとの会話、それぞれの思い込み違いが面白い

65歳肺炎球菌ワクチン接種痛みも無く僅かな費用で重症化を防げる2021

痛みもなく副反応も無くあっという間に終わった

医師から「左右どっちの腕がいいですか?」と聞かれた。注射に恐怖を感じる私は緊張状態のあまり「どっちでもいいです!」と咄嗟に答えた。医師は注射嫌いを察したのか、「利き腕で無い方にしましょう!」とやさしく提案してきた。私は90度向きを変え、一呼吸しようと思ったときには、すでに終わっていた。

「献血の度に注射が怖いんです!」と思わずいい訳していたが、説明になっていなかった。献血は、毎回両腕を差し出し、太い針を刺しやすい腕を最初に確保し、もう一方の腕に針を刺す。まな板にのせられ本番を待つ状況と比べるとあっという間の出来事だった。

副反応として、注射部位の痛み、赤み、腫れ、かゆみや、頭痛、わきの下の痛みがあり、まれに、アナフィラキシー、血小板減少、知覚異常、急性神経根障害等があるとの事前情報から、かかりつけ医を持たない私は、家の近くの呼吸器専門医を検索し、新型コロナのワクチンのお世話になる可能性を秘め下調べを兼ね受診した。

接種費用は「定期接種」と「任意接種」で分かれる

法律に基づいて市区町村が行う「定期接種」については、京都市の接種費用は通常4,000円、市・府民税非課税者の場合は2,000円、生活保護受給者等は無料となっていた。希望者が各自で受ける「任意接種」の場合は、概ね7,000円前後から8,000円前後で施設毎に費用が違い、事前に確認が必要のようだ。

ワクチン接種の目的は肺炎球菌感染症を予防すること

肺炎球菌感染症は、肺炎球菌という細菌が引き起こす病気の総称で、肺炎以外にも中耳炎、副鼻腔炎、髄膜炎(ずいまくえん)などが含まれる。高齢者の一般的な肺炎の原因でもっとも多い菌のひとつで、咳やくしゃみ等で、ヒトからヒトへ感染する新型コロナウィルスと同じ飛沫で感染する病気だ。

肺炎球菌感染症の主な症状

中耳炎では、耳の痛み、耳漏(みみだれ)、難聴、発熱などの症状がみられる。肺炎では、食欲減退、咳、痰、発熱、息苦しさ、呼吸が速くなるなどの症状があるが、高齢者の場合は、これらの症状をはっきり認識できない場合があるようで、早期に痰や血液、尿検査を含め専門医の診断を受ける必要があるようだ。

菌血症は発熱を主症状とするものの、重症化すると敗血症になり、血圧低下DIC(播種性血管内凝固症候群)、多臓器不全などの命に関わる重篤な状態を招くことがある。

髄膜炎では、発熱、頭痛、意識障害、項部硬直(首を曲げられない)、けいれんなどの症状がみられ、抵抗力の弱い人が罹ると、血液や髄液などに侵入IPD(侵襲性肺炎球菌感染症)となり、菌血症や敗血症、髄膜炎など重症化することもあるようだ。

今回接種したのはニューモバックス®NP

今回接種したワクチンは、23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(PPSV23)で、肺炎球菌93種のうち23種類の感染を予防するニューモバックスを筋肉内に注射した。

接種の最大のメリットは、肺炎球菌感染症の重症化の予防にある。髄膜炎(ずいまくえん)や菌血症(きんけつしょう)などをひきおこす侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)の予防が最大の目的だ。

肺炎の予防効果は、日本人の場合インフルエンザワクチンの併用で28%予防との報告がある。また、高齢者では、ワクチン接種から5年以内であれば33.5%予防したとの報告もある。一方、初回接種後の予防効果は3-5年で低下するとの報告があり、日本では初回接種後5年以上あければ2回目の接種(任意接種)をすることが可能ではあるものの、2回目以降の効果についてエビデンスは無いようである。

新型コロナワクチンが95%と耳にしている状況では、今回の肺炎球菌ワクチンは低いパーセンテージではあるものの、万が一感染した場合のリスクを考えると、忙しいとか面倒だとか言っている場合じゃない。
65歳以上の高齢者は、マスクや手洗いでコロナの感染防止対策をしながらも、肺炎球菌ワクチンも接種し万全な対策をとる必要があるようだ。

新型コロナウイルスワクチンの副反応に最大4420万円令和2年4月現在

第17回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料

国は新型コロナウィルスワクチン接種に伴い、健康被害(ワクチンが原因で健康が損なわれる状態)が生じた場合に、健康被害救済制度により迅速に被害を救済します。予防接種法上の「臨時接種」(第6条第1項、第2項)「疾病のまん延予防上緊急の必要」規定を適用することが検討されています。「臨時接種」の予防接種は「自己負担なし」で、健康被害に対して「高水準」で対応する制度になります。

第17回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 資料:
2020(令和2)年10月2日 2(健康被害救済制度)より

「予防接種法」及び新型インフル等特措法5つの類型

「予防接種」:予防接種法(平時のまん延予防A類集団予防B類個人予防):自己負担は実費徴収可。健康被害救済はA類高水準、B類医薬品と同水準。

「臨時接種」:予防接種法(疾病のまん延予防上緊急の必要):自己負担はなし。健康被害救済は高水準。

「新臨時接種」:予防接種法(2009年新型インフルエンザの世界的流行のように、病原性が低い疾病のまん延予防上緊急の必要):自己負担は実費徴収可。健康被害救済はやや高水準。

「特定接種」:(医療従事者等公共性の高い社会機能維持者への接種):自己負担はなし。健康被害救済は高水準。

「住民接種」:(緊急事態宣言下での国民全体に対する接種):自己負担は実費徴収可。健康被害救済は高水準。

健康被害救済制度とは

予防接種の副反応による健康被害を迅速に救済制度です。予防接種法に基づく予防接種を受けた方が健康被害を生じた場合に、その健康被害を厚生労働大臣が認定したときに市町村により給付が行われます。

給付の種類と支給基準

請求方法や請求の様式は、厚生労働省のホームぺージ「予防接種健康被害救済制度」を参照。

医療費:医療費の自己負担分

医療手当:入院通院に必要な諸経費

障害児養育年金:18歳未満の者を養育する者に支給

障害年金:18歳以上の者に支

死亡一時金:死亡した方の遺族に支給

葬祭料:死亡した方の葬祭を行う者に支給

遺族年金:死亡した方の生計維持者である遺族に支給

遺族一時金:死亡した方の生計維持者でない遺族に支給

給付の金額(令和2年4月現在)

新型コロナウイルスワクチン接種に伴い、健康被害(ワクチンが原因で健康が損なわれる状態)が生じた場合については、以下の「臨時接種」に該当します。

医療費は、健康保険の給付以外の自己負担分について支払いが発生します。医療手当は、通院日数に応じ以下の支給が月額単位で受給できます。障害児養育年金は、1級と2級に分かれ年額で受給できます。障害年金は、1級から3級まで年額で受給できます。死亡した場合の補償は、44,200,000円が死亡一時金として受給できます。埋葬料として、209,000円が受給出来ます。介護加算として、1級2級におうじて年額で受給できます。