妻が実の母の要支援を要介護へ変更するため生活状況を検証2021

日々の生活状況を観察した記録が必要だった

母が「転倒した」と、ケアマネージャーから電話がありました。転倒後の2日後にデイサービスに行ったときに「2日目前、病院の帰りに転倒した」とスタッフに話したようでした。

言われて直ぐに顔をよ~く見ると、おでこに微かに打ち身の跡らしきものがありましたが、箸や茶碗を持つ手がぎこちないとか、玄関の段差の上がり方が変だとか、変わった素振りが無かったので、気にもかけていませんでした。

ケアマネージャーは、デイサービスのスタッフから転倒した報告を受け、「要支援から要介護1への変更の必要はないか」との、家族へ打診の連絡でした。ケアマネージャーは、母を自宅へ定期訪問する折に、身体の衰えや、認知機能の低下などを調査し、悪化が著しいと判断した場合に、第三者であるケアマネージャーが医師に相談し、介護保険の区分変更等を率先して行う仕組みだと思っていました。

今回の件を機に、母の生活状態をじっくり観察し直し、ケアマネージャーとのやり取りに、普段の生活状況を書面にしておく必要があると思いした。

生活の中の動作「立ち居振る舞い」について検証しました

❶歩くことについては、平らで傾斜がない所では、杖を使い手すりに捕まって歩くことに支障はなく、階段も一段ずつ手すりをしっかり掴んで上り下りができます。しかしながら、絨毯を敷き詰めた場所や、家の中でも少しの段差でつまずき転倒する危険性が高くなってきました。

❷通院は、片手用ショッピングバックにすがり1人で行きますが、最近転倒したこともあり、路面の少しのでこぼこや傾斜に対してバランスを崩しやすくなってきました

❸母は普段から無断で外出することが多く、今回の転倒についても内緒にしていましたが、外出の度に不安感が高くなってきました。気ままで気丈な母を、必要以上に干渉しないよう配慮してきましたが、ますます老親との距離感が難しくなってきました。

❹母は、毎週膝に関節注射を打っていますが、普段から痛みのため慎重に行動していますが、不意に用事を思い出し咄嗟に行動する姿を目にすると、真意をはかりかねることがあります。それでも月曜と水曜の週2回のデイサービスは、自ら運動量を半減しましたが、行って帰ってくるとかなり気分はいいようです。

❺足元に意識が集中するあまり、人や自転車・車への気配りが無くなってきました

❻車に乗り込むとき、手足の運び体の動かし方に手間取るようになりました。

❼車に乗り込んでから、シートベルトを装着する時間が長くなりました

家の中の生活ぶりを検証しました

❶部屋ではテレビをボーっと見ていることが多く、内容を理解しようとする意識が低くなってきました。物事すべて道筋を立てて理解しようとする意欲も低下し、会話が途絶えることも多くなってきました。

❷食事については、味や匂い彩など料理への関心が薄れ漫然と食事することが多くなりました。

❸トイレについては、便器や便座に汚れがつくことが増え、排泄のタイミングの遅れが想像できますが、同時に清潔さの意識が低くなってきたように思います。

❹着る物については、清潔な衣類と洗濯物の識別が衰えてきたように思います。また、季節に合った服選びが緩慢になってきました。

体のバランスを崩すことが増えたため、トイレの蓋の開け閉めを自動化しました。

体のバランスを崩すことが増えたため、両袖の手すりを便器に固定しました。

廊下をうす暗いまま移動することがあるため、点灯を自動化しました。

手洗いをしやすいように、水栓を自動化しました。

❾カレンダーに貼付してある薬を飲み忘れることが出てきました。

❿身体を上手く洗えず、浴槽とお湯が汚れることがでてきました。

⓫たん笥に仕舞った衣類の仕舞い忘れや識別が困難になってきました。

⓬郵便物や書類の整理整頓が困難になってきました。

⓭自室の電気やテレビの消し忘れが多くなってきました。

入れ歯を付け忘れることが出てきました。

お金の管理に不安がでてきたので娘に任せることしました。

要介護1、認定へのスケジュール

1月22日ケアマネージャーより転倒の一報

1月25日要支援担当のケアマネージャーの定期訪問

1月28日介護担当のケアマネージャー訪問

2月1日要介護1申請予定

2月某日要介護審査担当のケアマネージャー訪問予定

4月某日要介護1の判定予定

まとめ:日々の記録が家族を幸福にする

高齢者と同居する家族は、ケアマネージャーの定期訪問の調査内容を記録することが大事だと思いました。ケアマネージャーは、母への質問に対する答えから、正確な対応を考えることは困難だと思いました。

家族もまたケアマネージャー同様に、調査内容を記録しその変化に気付くことが必要でした。同居する家族だけが母の答えの真意を探ることが可能であり、身近にいる者が客観的事実を積み上げ、専門家に報告し判定を仰ぐことが必要だと理解しました。

現在訪問しているケアマネージャーは、国家資格を有する社会福祉士ですが、病態の変化や認知機能の変化を診断できる立場にはありません。日々の暮らしぶりを記録した内容をケアマネージャーに伝えることが、早期診断早期治療につながり、強いては同居家族の身体的、精神的負担軽減に繋がるものだと確信しました。

スムストックは子供が相続したとき資産価値を判定する材料に役立つ2021

スムストックは相続したときのエビデンスになる

❶たん笥や書棚の倒壊や落下を無くすため、壁面収納とウォークインクローゼット増設のリフォーム。

❷浴室や窓ガラスなどの熱さ寒さを和らげるため、省エネと低コスト対策へのリフォーム。

❸開放的な炊事や家事を演出するコミュニケーションアップのために、対面式キッチンへのリフォーム。

火に触れない火を使わない火を出さない安全な生活のために、オール電化住宅へのリフォーム。

❺居室、階段、浴室、トイレでの転倒防止のために、安全対策のリフォーム等々、

築20年目に2011年東日本大震災で被災した経験から、地震対策を10年かけて行ってきました。室内での事故を未然に防ぎつつ、省エネで低コストに繫がるリフォームを目指してきましたが、リフォームは計画的に実行できても、家で生活する人間の寿命には計画性がありません。

もしも近い将来に子供が家を相続したとき、どれだけの資産価値があるのか、或いは無いのか、その時にリフォームの記録がエビデンスになり、即座に売却するか賃貸にするか、何が得かを判断する材料になればいいんじゃないかなぁーと思ったのがスムストックの切っ掛けです。

スムストック加盟10社は中古市場の活性化対策

スムストックは、以下の大手住宅メーカー10社による中古市場の活性化対策の一環だと思いますが、中小の住宅メーカーの物件をどのように査定するのは分かりません。

❶旭化成ホームズ株式会社❷住友林業株式会社❸積水化学工業株式会社❹積水ハウス株式会社❺大和ハウス工業株式会社❻トヨタホーム株式会社❼パナソニックホームズ株式会社❽ミサワホーム株式会社❾三井ホーム株式会社❿株式会社ヤマダホームズの住宅メーカー10社が運営する組織であり、優良ストック住宅推進協議会を「SumStock スムストック」と呼んでいます。

住宅が耐久消費財である時代は終わった

木造住宅は25年で資産価値がゼロになる神話が長く続きました。これは、税法に基づく20~25年の経済的耐用年数が原因のようです。住宅は資産では無く耐久消費財であると言われてきたからです。
一方、国交省の資料では、木造家屋の平均寿命は1997年調査で43.53年、2006年調査で54年、2011年調査で65.03年と発表されています。1990年建造のわが家も耐用年数は50年です。

スムストックは耐用年数が異なるスケルトンとインフィルを別々に査定することで、建物と土地を別々に評価することで査定価格の内容を詳細に明瞭に表すことができます。

社会的信頼を大事にする会社にリフォームを依頼

わが家は2017年に築27年の土地・建物のスムストックを、旧エスバイエルで現在の株式会社ヤマダホームズに依頼しました。担当者は何人も変わりましたが、新築当時からリフォーム一切をヤマダホームズ一社で行ってきました。
法律を遵守し、誠実に対応する姿勢が企業の信頼と社会的責任を理解していることへの安心感がありました。新築もリフォームも現場での不誠実な対応が会社の知名度や社会的信頼を損なうことを理解している会社を選ぶことが大事なようです。

スムストックは第三者の客観的情報を入手するチャンス 

わが家は、市街化区域第二種住居地域で建蔽率60%・容積率200%の準防火地域になります。新築時は延床面積94.7㎡2階建でしたが、後に小屋裏を洋室にリフォームし110㎡(固定資産税対象㎡数)まで拡張し、さらに、デッドスペースを収納スペースにリフォームしました。

2017年に行ったスムストックは、新築当時の94.7㎡の間取りでの算定で小屋裏と収納スペース拡張は算定されませんでした。2015年に新築業者であるヤマダホームズにおいて、リフォームは完了していましたが、評価による補正はありませんでした。

従って、機能調整率が0.85から1.1に上がると査定金額が300万円ほどアップし、増築部分の算定アップと、2019年に行ったリフォームによる性能向上によるリフォーム加算も上乗せされ、差査額が上振れする期待がありました。

スケルトン価格435万円×スケルトン観察補正率1.02+インフィル価格56万円×インフィル観察補正率1.15+リフォーム性能向上工事加算511万円×機能調整率0.85×可動補正率1.00×外構補正率1.00×建物市場性比率1.02×建物年数調整率1.00-メンテナンス調整額0円≒884万円でした。

A :再調達価格1410万円

A1:スケルトン価格1410万円×60%×0.514=435万円

A2:インフィル価格1410万円×40%×0.1=56万円

C:機能調整率は、0.85

D:可変補正率は、1.00

E:外構補正率は、1.00

F1:スケルトンの観察補正率は、1.02

F2;インフィルの観察補正率は、1.15

G:リフォーム性能性向上工事加算は511万円

H1:建物市場性比率は、1.02

I;建築年数調整率は、1.00

J:メンテナンス調整額は、0円

正規のスムストックの計算式

査定額≒[{(A1×B1+増1)+((A2×B2+増2)×F+G)}×C×D×E×H1×H2×I-J+土地査定]×流通性比率(0.9~1.1)

❶(A1×B1+増1)   ➔スケルトンの現在価値

❷(A2×B2+増2)×F2}+G➔インフィルの現在価値

❸C×D×E×H1×H2×I-J ➔各種調整率とメンテナンスの調整額

=再調達価格:(A1・A2)請負金額を建築費倍率に乗じて物価調整

A1スケルトン(構造耐力上主要な部分=構造躯体)は取得費の60%

A2インフィル(内装と設備の部分)は取得費の40%

=現価率:(B1・B2)流通耐用年数に基づく経年を反映した現在価値

B1スケルトン50年、B2インフィル15年

=増築部分を、新築時単価をもとに現在価値を算出:(増1・増2)

=機能調整率0.85~1.1:①収納②通風③採光④機能性の評価を反映した補正率

=可変補正率0.85~1.05:間取りの可変性を評価して反映させる補正率

=外構補正率0.9~1.2:外構状況を評価して反映させる補正率

=観察補正率0.8~1.2:インフィルとスケルトンの購入者視点で評価し反映させる補正率

=リフォーム加算:インフィルのリフォームが15年以内に行われた工事を実額で評価

H1=建物市場性比率①0.85~1.2:売却時の社会的・地域的なニーズ評価する補正率

H2=建物市場性比率②101%or102%:住宅履歴書の有無を評価する補正率

=建築年数調整率0.82~1.0:築5年以内の売却物件の特別補正率

=メンテナンス調整額:外壁・屋根・ベランダの防水・塗装・防蟻に関し耐用年数を減額

リフォームしながら住み続ける方が経済効率は高い

スムストックの査定は、新築時の請負金額(税抜)をベースに、メンテナンスやリフォームの履歴情報を元に算定しますので、住宅に関する全ての履歴が手元に保管されている必要があります。

従って、新築当時から一社でリフォームを行ってきた場であれば履歴情報は完璧ですが、リフォームごとに業者を選定してきた場合は情報管理に困難を極めそうです。 住まいを新しく作り替えることは大変楽しく感動的ですが、肉体と同じ時の仮住まいと考えれば、常に最適な状態にリフォームしながら住み続ける方が愛おしく経済効率は高いように思いました。

高齢者には軽四か、免許返納か、レベル3か、65歳で5年後を空想2021

70歳以降の移動手段をイメージ

今から5年後60歳で購入した車を70歳まで10年乗り続け、70歳を機に軽四に乗り換え経費を抑える決断をするか、また、免許を返納し加害者になる危険性を排除する決断をするか、あるいは、安全性と利便性を担保したレベル3以上の車に乗り換え、いつでもどこでも出かける手段を確保するか、5年間所有した自分の車の経費実績から、10年間の総費用額を算出、70歳以降の生き甲斐と安全性を担保した高齢者世帯の移動手段について、費用対効果を通じてイメージを膨らませた。

今乗っている車の10年間の総費用は月額13万円

現在の車は消耗品が高いことからランニングコストは高くなる傾向がある。

❶諸経費税金を含む車の購入費用は、10,000,000円(月額84,000円

❷3Lの自動車税10年間で510,000円(月額4,250円

❸車両保険10年間で643,200(月額5,360円

❹車検4回と消耗品費用10年間で1,200,000円(月額10,000円

❺夏用タイヤ4本と冬用タイヤ8本の購入費10年間で800,000円(月額7,000円

❻タイヤ保管料10年間で300,000円(月額2,500円

❼年間10,000km、燃費1L8km、GAS1L160円10年間で2,000,000円(月額17,000円

10年間の費用≒15,600,000円年間≒1,560,000円で月額≒130,000円

仮に、軽四に乗り換えた場合は月額3万円

70歳を機に、経費を抑えるため軽四に乗り換えた場合のシミュレーションをした。新車の軽自動車の資産価値は4年と言われているが、今回1年間1万km、10年で10万kmを設定しているが、軽四に乗り換えた場合は近場の買い物中心の生活になり、月間250km年間3.000kmが現実的な走行距離になると思われる。

❶諸経費税金を含む車の購入費用2,000,000円(月額16,700円

❷0.66Lの自動車税10年間で108,000円(月額900円

❸車両保険10年間で300,000(月額2,500円

❹車検4回と消耗品費用10年間で300,000円(月額2.500円

❺夏用タイヤ4本と冬用タイヤ8本の購入費10年間で120,000円(月額1,000円

❻タイヤ保管料不要0円(月額0円

❼年間10,000km、燃費1L15km、GAS1L130円10年間で870,000円(月額7,300円

10年間の費用≒3,700,000円年間≒370,000円で月額≒31,000円

テスラモデル3に乗り換えた場合の総費用は月額6万7千円

70歳になっても、いつでもどこでも旅する夢を叶えるため、自動運転ができる電気自動車に乗り換えた場合をシミュレーションした。1年間1万km10年で10万kmを想定しているが、自動運転技術が進んでいれば走行距離はもっと増え月額費用は上がるかも知れない。

❶諸経費税金を含む車の購入費用は、5,000,000円(月額42,000円

❷1Lの自動車税10年間で250,000円(月額2,100円

❸車両保険10年間で643,200(月額5,360円)(現在の車と同じ費用)

❹車検4回と消耗品費用10年間で1,200,000円(月額10,000円)(現在の車と同じ費用)

❺夏用タイヤ4本と冬用タイヤ8本の購入費10年間で360,000円(月額3,000円

❻タイヤ保管料10年間で300,000円(月額2,500円

❼年間10,000km燃費1L53.6km(米国EPA)GAS1L160円10年間で280,000円?(月額2,400円?

10年間の費用≒8,000,000円、年間≒800,000円で月額≒67,000円

安心安全な車はレベル3以上でなければならない

自動運転のレベルは、車を動かす主体が「運転者」か「システム」かによって分かれる。システムがどこまで関わるかによってレベルが上がる。

レベル1➡運転支援車

レベル2➡運転支援車

レベル3➡条件付自動運転車(走行領域限定)

レベル4➡自動運転車(走行領域限定的)

レベル5➡完全自動運転車

現在乗っている車は、一部運転を自動化できるもののアダプティブクルーズコントロールのみが搭載され、レーンキープコントロールの搭載が無く、縦方向の直進性では衝突回避は可能でも左右の横方向にシステムは対応していない。

レベル3は作動状態記録装置、ドライバーモニタリング機能、サイバーセキュリティ対策、ミニマム・リスク・マヌーバー機能が搭載され、ぶつからないための安心安全機能が事故を回避する。近い将来、高齢者が運転する車はレベル3以上でなければならないと思う。

年齢の弊害は他人事ではない

車はいつでもどこでも思いのまま出かけられる重宝な移動手段である。70歳になっても片道500kmを走る意欲があれば、レベル3以上の電気自動車で安全装置が万全なランニングコスト低い車に乗り換える方が賢明だ。

一方、意欲とは逆に年齢とともに運転技術や注意力が散漫になる状況は必ずやってくる。タクシーの運転手は定年が75歳と言われているが、個人タクシーの運転手には定年がない。正面から走ってくる車の挙動から、歩道側に広めのスペースを空け、真ん中寄りに走ってくる高齢のタクシー運転手を見るたび他人事ではないと思う。

高齢者は安全装置が万全な車に乗ることを運転の条件にした方がいいようだ。

免許返納でUber Taxi(ウーバータクシー)のサブスクを利用

買物で片道5km程度月間300kmも走らないのであれば、軽四の電気自動車があればベストかも知れないが、免許を返納し公共交通機関に委ねる覚悟も重要な決断かも知れない。

高齢者の老後の生活に、どういう移動移動手段がベストかを考える必要があるが、軽自動車でありテスラーであり、車の運転は常に自らが加害者になる可能性があることを自覚しなければならない。

人生の後半に取り返しのつかない事態を避けるには、都市部で生活している高齢者は免許返納を必須にした方がいい。または、今はまだ国内には無いが、Uber Taxi(ウーバータクシー)に、サブスク(サブスクリプション:subscription、一定期間定額料金で利用するサービス)というサービスがあれば、月間3万円以下のプランがあればウーバーを移動手段の一つとして検討したい。

そもそも、ウーバータクシーとは

Uber Taxi(ウーバータクシー)は、ウーバーは2014年に日本へ参入した。日本のタクシー市場は世界で2番目に大きなマーケットと言われており、現在、政府が認定した国家戦略特別区域の淡路島、福岡、福島、福山、広島、神戸、京都、名古屋、大阪、仙台、東京、横浜において約2000台が走っている。

ウーバータクシーは、ライドシェア【Ride(乗る)をShare(共有)する】でスタートした。運転手と移動したい人を結び付け、相乗りで目的地に向かう相乗りマッチングサービスの会社だ。スマホによる正確な需給マッチング、運転者と同乗者が相互評価できる安心感や、乗車前に所要時間と料金を確認できる利便性の高さに定評がある。

日本では一般人が自家用車を使って有償で他人を運送することは「白タク行為」になり、旅客自動車運送事業に違反する。一般ドライバーを対象としたライドシェアは、営業許可を持つ事業者の車両以外での有償乗客輸送を禁ずる「道路運送法」に抵触するため、ウーバータクシーは日本では一般のドライバーではなく、プロのタクシードライバーと利用客を結ぶサービスとして日本に進出した。

Uber Plusの日本版サブスクがあれば免許返納が増える

一部外国においては20ドルで20回の乗車、40ドルで40回の乗車といった定額の料金でUberに乗ることができるサブスクリプション「Uber Plus」モデルがすでに存在する。

ウーバーは従業員の会社に対する愛着心を強化し個人と組織が一体となって成長する「エンゲージメント」を高めている。タクシーの運転手も安心安全な仕事に従事できることで、女性の雇用も促進されることになる。高齢者の忌まわしい事故を回避するためにもウーバーのサブスクは必要だ。