京都大原の魚山大原寺勝林院は釈迦の教えを「声明」にのせて伝える2020

京都大原の漁山大原寺勝林院とは

京都大原三千院から北の方に歩いて100mの所に、魚山大原寺勝林院(ぎょざんだいげんじ しょうりんいん)という天台宗のお寺がある。魚山大原寺は往生極楽院、勝林院(しょうりんいん)、来迎院及び小寺を統合した総称名である。また、魚山大原寺は、声明(しょうみょう)の中心地であった中国の山東省東阿県にある「けわしくて大魚の姿あり」とする山の名前「魚山」に由来し命名している。声明とは、僧侶が唱える仏教音楽のことであり、魚山大原寺は天台声明発祥の寺である。

勝林院は声明(しょうみょう)発祥の寺

伝教大師最澄は、中国から天台の教えと同時に声明も伝え、後に、慈覚大師円仁(えんに)が体系的に伝え、良忍(りょうにん)が京都大原に声明の道場として魚山を開き今に伝えている。平安時代には声明と雅楽・舞楽との合奏曲も作られ、浄土信仰とともに隆盛を極めたとされる。

声明(しょうみょう)は五明(ごみょう)の一つ

古代インドの学問の分類であり、仏教において「内(ない)の五明」と「外(げ)の五明」に区別され、「内の五明」は、声明(音韻学・文法学)、因明(いんみょう 論理学)、内明(ないみょう 宗祖の学問及び仏教学)、工巧明(くぎょうみょう 工芸・数学・暦学)、医方明(いほうみょう 医学)とされた。また、「外の五明」は、呪術明(じゅじゅつみょう 呪術)、符印明(ふいんみょう 呪符・呪印)に分類されている。

日本の声明は、中国の紀元前403年以降の春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)に生まれた陰陽思想五行思想を組み合わせた複雑な韓陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)に基づいた音楽理論が基礎となっている。

声明は口伝(くでん)だった

声明は本来、口伝(くでん)であるため伝授には困難を極めた。後世に楽譜にあたる墨譜(ぼくふ)、博士(はかせ)が考案されたが、声明を正式に習得するには指導者に教えを乞うことが必要不可欠であった。
天台声明は最澄が伝えたものが基礎となり、融通念仏宗、浄土宗、浄土真宗へと繋がっている。現在においても、天台宗では法要に声明は行われ天台宗のホームページにおいて、YouTubeに「三礼(さんらい)」、「如来唄(にょらいばい)」、「散華(さんげ)」、「四智讃梵語(しちさんぼんご)」、「四智讃漢語(しちさんかんご)」、「諸天漢語讃(しょてんかんごさん)」が公開されている。

勝林院の阿弥陀如来は証拠の阿弥陀

勝林院のお堂に安置され阿弥陀如来坐像は、「大原問答」の折りに奇瑞(きずい:不思議な現象)を表わしたことから「証拠の阿弥陀」とも言われている。

勝林院住職の顕真(第61代天台座主)が、法然(浄土宗の開祖)を招いて、延暦寺・金剛峯寺・東大寺などの高僧らとともに念仏の教えについて問答を交わした。

法然は白熱する論議の中で、念仏を唱えれば極楽浄土へ往生できると経典を引用しながら説きました。すると、阿弥陀如来が光を放ち、法然の主張が正しいと証明したとする。阿弥陀如来は「大原問答」のとき、手から光明を放ち法然が正しい証拠を示したとされる“証拠の阿弥陀”が祀られている。
本堂ではボタンを押せば声明(しょうみょう)が流れる。

仏教の開祖、釈迦・仏陀・ゴータマ・シッダッタ

仏教の開祖である釈迦(しゃか:仏陀、ゴータマ・シッダッタ)が生まれた紀元前5世紀のインドにおいては、文字は普通に使われていたものの、文字は商用や法規の公布などに限られていたようだ。
また、書くことによって聖典(徳が高い高潔な人の教え)に対する敬虔(けいけん:深く敬う心と行い)が損なわれると考え、文字にせず心の在り方と正しい行いを習得するよう教えられていた。

しかしながら、釈迦の入滅後まもなく、釈迦の教説を正しく記録し伝えることが必要との解釈から数百年経ってようやく文字にされた。その後、釈迦の教えを解釈する研究が続き学問になった

令和3年公的年金受給者の扶養親族申告書に資料を揃え送った、が・・2020

申告書は源泉徴収が必要な人だけに送付される

公的年金のうち障害年金と遺族年金は非課税になり、老齢年金は一定額以上に課税される制度になっている。所得税は、年金から国民健康保険料や介護保険料を差し引き、所得税率・復興特別所得税率を乗じて算出された税を徴収し年金が支払われる

年金以外にも所得がある人は確定申告が必要になる。
所得税の源泉徴収において、配偶者、扶養親族、障害者、寡婦等の控除を受けるためには、扶養親族等申告書の提出が必要になる。
但し、令和2年以降税制改正により申告書を提出しなくても税率は変わらなくなった

年金から源泉徴収される9種類の控除とその金額

❶公的年金等控除、基礎控除相当:

65歳未満:月額支払額×25%+65,000円(最低額9万円)

65歳以上:月額支払額×25%+65,000円(最低額13万5千円)

例:180,000円(月額)×25%+65,000円=控除額(月)110,000円

❷配偶者控除額(12月31日時点):月額70歳未満32,500円、70歳以上40,000円

❸扶養控除(16歳以上):月額32,500円×人数

❹特定親族扶養控除(12月31日時点19歳以上23歳未満):52,500円×人数

❺老人扶養親族控除(12月31日時点70歳以上):40,000円×人数

❻普通障害者控除(本人、配偶者、扶養親族):22,500円×人数

❼特別障害者控除(本人、配偶者、扶養親族):35,000円×人数(重度の精神障害)

❽同居特別障害者控除(配偶者、扶養親族):62,500円×人数

❾寡婦控除:寡婦22,500円、特別寡婦30,000円、寡夫22,500円

公的年金の源泉徴収額の計算式とは

所得税=(年金-社会保険料+控除合計)×5.105%×1.021%(復興税)

老齢年金は年6回2ヶ月分ずつ支給される。源泉徴収される税額は、年金から2ヶ月分の社会保険料と2ヶ月分の各種控除が差し引かれた金額に税率をかけて計算される。

源泉徴収は老齢年金を受け取る人が対象

65歳未満の人で年額108万円以上(公的年金等控除60万円+基礎控除48万円)

65歳以上の人で年額158万円以上(公的年金等控除110万円+基礎控除48万円)

令和3年の申告書の記入内容が前年から変わっていた

❶配偶者の氏名と続柄を手書き(前回、フリガナだけ手書き)

❷配偶者の生年月日を手書き(前回、印刷してあった)

❸配偶者の区分に〇を手書き(前回、印刷してあった)

❹同居・別居の区分に〇を手書き(前回、印刷してあった)

❺マイナンバーを手書き(前回、収録済で記入の必要が無かった)

❻扶養親族の氏名と続柄を手書き(前回、フリガナだけ手書き)

❼扶養親族の生年月日を手書き(前回、印刷してあった)

❽同居・別居の区分に〇を手書き(前回、印刷してあった)

❹年間所得の見積額38万円以下と38万円超から48万円以下と48万円超に変更

❺年間所得の見積額に〇を手書き(前回、印刷してあった)

❻マイナンバーを手書き(前回、収録済で記入の必要が無かった)

扶養親族の控除を受けるには摘要欄への記入が必要になった

障害者の場合、身体障害者手帳等の名称、等級、交付日
国内に別居している扶養親族がいる場合、別居している人の氏名と住所
同一生計内に所得者が2人以上いるときその生計内の複数の扶養親族をそれぞれの所得者に分けて控除を受ける場合に、扶養親族の氏名、続柄、生年月日、住所と、他の所得者の氏名、続柄、生年月日、住所

国外の扶養親族を控除する場合に親族関係書類が必要になった

配偶者または扶養親族が日本国内に住所がなく一年以上国内に住んでいない(非居住者)場合は、摘要欄に氏名、住所、どこに住んでいるかを「親族関係書類」申告書と一緒に提出する必要があります。

親族関係書類とは、申告者(納税者)が、日本に住んで居ない配偶者や子供等が親族であることを証明するための資料ですが、書類発行日に決まりはなく1年以上前の書類でも有効ではあるものの、結婚や離婚などの異動が考えられるため、直近の日付が最善のようです。

❶戸籍の附票の写し
❷外国政府及び外国の地方公共団体が発行した書類で、配偶者または扶養親族の氏名、生年月日、及び住所の記載のある書類、戸籍謄本、出生証明書、婚姻証明書などで、外国語の場合、翻訳文添付が必要
❸旅券(パスポート)の写し

※親族関係書類は、パスポートの写しを除き原本の添付または提示が必要です。
また、一つの書類に国外居住者の氏名、生年月日、住所または居所がすべて記載されていない場合は、複数の書類を組み合わせ証明する必要があるようです。

2023年以降は送金額38万円が要件になるようだ

2020年度(令和2年)の税制改正において、国外の扶養親族の扶養控除見直しが行われました。日本で働く外国人が大人数の扶養親族を扶養控除し税金を逃れるケースへの是正のようですが、国外在住の日本人にも適用されます。

但し、改正の適用は2023年(令和5年)分以降の所得税から施行です。また、国外居住の30歳以上70歳未満の者を扶養控除にするためには、留学生・障害者を除くと年38万円以上の送金が条件として追加されました。国外における所得を確認するのは難しいので送金額が条件に加わりました。

高齢者が乗る自転車は2輪車より3輪車に乗ることで危険を回避できるかも2020

道路は高齢者で危険が一杯

スーパーで、おじいちゃんやおばあちゃんが、1人で買い物をしている姿を多く見かけるようになった。夫婦や家族で買い物に来ている人は車で来ている人が多いが、1人で来ているおじいちゃんおばあちゃんは自転車や徒歩が多く、特におばあちゃんは手押し車に寄りかかり歩いている。最近では男女を問わず電動車いすで買い物をしている人も増えてきた。

買い物に行く場合、ママチャリに乗る人、手押し車を押す人、電動車いすに乗る人、ロードバイクで疾走する人など、様々な手段で買い物や娯楽に移動しているが、常に車やバイクの危険にさらされ、時には自転車どうしがぶつかったり、自転車が人を引いたり、電動車いすどうしであったり、時には子供をひいてしまうこともあるかもしれない。

車も自転車も加害者になる

日常的に車で移動する者にとっては、一瞬たりとも気を許すことができない環境になっている。コロナ禍で自転車がバカ売れしているが、車を運転する者にとっては、自転車は危険極まりないと思う反面、立場が変われば車は凶器にみえたりもする。日々、加害者にも被害者にもならないよう誰しもがそうであるように、常に人の動き自転車の動きバイクの動き前後の車の動き、それぞれが次にどういう行動をするか視線を合わせ察知し通り過ぎる。交通ルールを守り車を運転する日々の中で自転車に乗る妻がより安全に移動できる方法を模索していた。

高齢者が乗る自転車は危険で一杯

歩いている高齢者電動車いすに乗っている高齢者は、挙動がおぼつかないまでも直進性があり概ね安定感があるが、自転車に乗っている高齢者の多くは挙動が不安定な人が多い。

高齢者にとって2輪の自転車に跨り自転車をこぐことは、本来、相当なバランス感覚が必要だと思われ、2輪車より3輪車の方が安定感を増し、事故に遭遇する危険を減らす可能性があるかも知れないと思い、将来に備え安全性と特性を試乗して検証しようと思った。

いま乗っている自転車

現在使っている自転車は2006年製26インチのブリジストンのママチャリです。頑丈でしっかりした作りは安定感があり故障知らずの自転車ですが、乗る人が故障気味になってきました。スーパーまで歩いて15分から20分の距離は丁度いい運動ですが、重い荷物を担いで帰ってくることが負担になってきました。

電動アシスト付きの3輪車を試乗した!65歳

3輪車は試乗できる販売店が少なく、店頭にある店を探さなければなりません。従って、販売台数が少ないことからも、販売店ごとに3輪車の良し悪しの評価は大きく分かれていました。

自転車は、ペダルをこぎ後輪に力を伝える「後輪駆動」が一般的ですが、今回試乗したのは前輪に搭載したモーターが動力を発揮し走行をアシストする「両輪駆動」の電動自転車に乗りました。両輪駆動の自転車は、ペダルを踏みだすと同時に後輪に動力が伝わり、前輪のモーターがアシストするため、乗って直ぐ前に引っ張られる印象がありました。

試乗した自転車は、下り坂でブレーキをかけると前輪のモーターがブレーキを補助すると同時にブレーキの抵抗が発電しバッテリーに充電する機能がありました。

いい点と問題点

重い荷物を乗せて走る場合と坂道を走る場合に脚力の負担が少なくて済むと思った。

◎車体前部を左右に傾けるスイング機能があり2輪車同様にカーブで車体ごと体を傾け走ることができるので走行において2輪車との違和感は無かった。

◎車体に内蔵されたバネにより傾けた車体を垂直に戻す復元機能が走行安定に繫がっていると思った。

▲前輪から引っ張られる違和感に、購入前に試乗し感触を確認する必要があると思った。

▲3輪車を降りて引っ張って歩く場合発進時に左足を巻き込まれた。

2輪自転車に乗れない人は、3輪自転車に乗ってはいけないと思った。

試乗した3輪車

ブリヂストン フロンティアラクットワゴン20インチ3輪電動アシスト自転車

走りながら自動充電、両輪駆動モデル。

タイヤサイズ フロント20・リア16、3段変速。

重量28.3kg。走行距離:弱モード90km 強モード54km。

全長1,620mm、全幅580mm

バッテリー14.3Ah、充電時間4時間10分。

バッテリー充電700〜900回交換、新品交換約4万。

駆動:ステンガードチェーン。

20インチの2輪車も試乗した!

ブリヂストン フロンティア ラクット20インチ2輪電動アシスト自転車

タイヤサイズフロント20・リア20。3段変速。

重量26.7kg。走行距離:   弱モード100km・強モード:59km

全長1,760mm、全幅565mm

バッテリー9.9Ah、充電時間約4時間10分。

バッテリー充電700〜900回交換、新品交換約4万。

駆動:カーボンベルトドライブ。

20インチは26インチより走る距離が短い思っていましたが大きな間違いでした。ペダルひとこぎで進む距離は、後輪のインチだけではなく後輪のインチとギア比との組み合わせで決まっていた。65歳以上の高齢者には、電動アシスト付きの2輪車も3輪車も車体が低く重心が安定しており、乗り降りを含め、走行にも安心感と操縦安定性が高いと思いました。