低料金なのに、価格以上の満足な宿100選、岩手「須川高原温泉」

 

費用は全て自前、だからこそ、「価格以上の満足な宿」だけを選りすぐってご紹介したいと思います。

 

「文明的な生活を送るために必要なのは労働ではなく閑暇(かんか)である」古代ギリシャの哲学者アリストテレスの言葉があります。

余暇や休息、気晴らは、仕事の疲れをとるためでなく、本当の幸福とは何か、を考えるために必要な時間だと言っているようです。
移り変わりが早い時代には、仕事や生活のゆがみやひずみを、常に修正することが必要だと、言っているのかも知れません。

だからこそ、本当の閑暇が実践できる、源泉かけ流し加水加温無しの宿をご紹介したいと思います。

 

 

今回の「価格以上の満足な宿」は、須川高原温泉(すかわこうげんおんせん)です。

須川高原温泉は、那須火山帯に属する奥羽山脈の中央に位置し、岩手、宮城、秋田の3県にまたがる栗駒山の標高1627mにある温泉旅館です。

旅館は1126mの栗駒山の中腹にあり、北方中央火口丘である剣岳の北麗に位置する栗駒山の登山基地にあたります。

 

 

須川高原温泉は、源泉47℃~49℃の湯が毎分6,000L湧出するph2.2の強酸性の温泉です。

宿右手の登山道にそって流れる川は、源泉が勢いよく流れています。岩肌を眺めて入るプールのような露天風呂は、まさに自然の中の野天湯気分が味わえます。

 

 

 

 

宿の入り口奥にある大きな内湯は、日帰り湯でも利用できる乳白色の源泉かけ流し加水加温無しの湯は露天風呂共に最高の温泉です。

 

また、宿泊棟二階にある「霊泉の湯」は、宿泊者限定の浴室ですが、濁りが無く透明な48℃の源泉です。空気に触れず浴槽に注ぎ込まれているので、外の露天風呂や内湯と温度も色合いも違いかなり高温です。故に一歩足を踏み入れた瞬間「あぁ!熱つぅー!」と身を震わせますが、それをグッと我慢しては入ると、もしかして、アリストテレスの気持ちがわかるかも知れません。

湯に浸かる前の気構えとしては、湯船に足を踏み入れたら、いち早くス~~首まで湯に滑り込ませること。それだけです!!
何も考えてはいけません。我慢して浸かって
しまうと、その瞬間から身も心もリセットされ、本当の「閑暇」を体感できること間違いありません。

 

車で行くには、東北自動車一関インターを出て国道342号線で80分。築館インターを出て国道398号線で80分。秋田自動車道十文字インターを出て国道342号線で80分。栗駒山の紅葉は10月中旬から下旬にかけて終盤を迎えますが、初雪の時期にもなりますので、天候の急変に備え冬用タイヤで出かける方が安心だと思います。

須川高原温泉へバスで行くには、岩手県交通株式会社のバスが利用出来ます。一関駅前(9番)から乗車、須川温泉で下車徒歩すぐです。

期間運行のため平成29年度は4月29日~11月3日迄でした。
国道342号線は、11月4日~4月下旬までの間冬季通行止めになり運行されません。
運行期間中でも通行止めになることがあるため、一関営業所(0191-23-4250)に問合せをお勧めします。

【行き】一関9:00発→須川温泉着10:34、一関14:40発→須川温泉16:14(水曜日は旅館休業により運行中止)。

【帰り】須川温泉発9:00発→一関着10:26(水曜日は旅館休業により運行中止)、須川温泉15:00発→一関着16:26。険しい山間部のため天候等により運行変更の可能性があり、ぜひ事前確認をした方がいいと思います。

 

 

2名宿泊で1人一泊二食11,000円から13,000円の宿泊料です。施設は旅館というより山荘や山小屋風のイメージです。設備も料理もまったく普通で気を使うところが何も無く、ボーっとするには最高の環境です。但し期間営業のため年間を通して行けないのが残念です。
温泉三昧の温泉宿だからこそ、いつまでも続けて欲しい宿の一つです。

 

 

「ワークライフバランス」という言葉は、仕事半分、遊び半分といった考えや、仕事は適当遊びがメインなどと色々な考えがありますが、アリストテレスのいう「文明的な生活を送るために必要なのは労働ではなく閑暇である」との閑暇は、自由に時間を使えることに感謝して、その時間は自分に向き合う時間である。と言うことだと思います。

仕事の成果は、知識やスキルだけで発揮できるものではなく、家族、同僚、上司などとどう上手く関わるかによって大きく差が出ます。
仕事と遊びの相乗効果を得るには本当の閑暇が必要です。

秘湯の温泉には、閑暇を実践できる温泉が多くありますが、須川高原温泉はその中でも一押しです。
一度、行ってみてはいかがでしょうか。閑暇のために・・・

 

 

■あとがき:

 

「低料金なのに価格以上の満足な宿」を書こうと思った動機です。私は、東日本大震災が起きた時、仙台で勤務していました。

1000年に一度の大地震、最も大きな被害をもたらしたのは「津波」でした。幸い、仙台市内では、家財が壊れただけで家族共に無事でした。ただ、電気が止まり、ガスが止まり、水が出ない生活は初めての経験でした。

時間が経つにつれ、お湯に浸かりたいと思いました。そんな折、東北各地の旅館で、被災者を受け入れると宿泊料を補助するという復興支援制度ができました。

お陰で、方々の温泉宿を毎週のごとく巡り、源泉かけ流しの加水加温なしのパワーを知ることになりました。

それまで、温泉は豪華な建物に、豪華な食事、着物を着た仲居さんから走り回る娯楽リゾート地でした。

源泉かけ流しの加水加温無しだからこそ、24時間いつでも入浴でき、低料金なのにリッツカールトンのクレドにも勝る宿があることに驚きました。

当時、金曜日の晩から泊まって月曜日の朝、温泉宿から出勤することもありました。温泉の素晴らしさもさることながら、こんなにも「お金と時間」を効果的に使えることに感謝でした。

一人でも多くの人に、効果的な「お金と時間」を経験して貰いたいと思いこの記事を書くことにしました。

低料金なのに、価格以上の満足な宿100選、福島「旅館大黒屋」

 

費用は全て自前、だからこそ、「価格以上の満足な宿」だけを選りすぐってご紹介したいと思います。

古代ギリシアの医者ヒポクラテス
薬で治らなければ、手術で治すことができる。
手術で治すことができなければ、熱によって治すことができる。
もし熱によって治すことができなければ、それは不治の病だろう

日頃から、病気にかかったと思う瞬間、また、急に治ったと思う瞬間、そんな瞬間をみなさん感じたことありませんか!

女性にはないかも知れませんが、男性には気に入った温泉に入ったとき、思わず「あぁ~」とか「おぉ~」とか「極楽極楽」と思わず声が出てしまうことがあります。

温泉に浸かって体を温めることで、乳酸などの疲労物質とストレスが一緒に出てしまい、その喜びが、思わず声になって出るのではないかと勝手に想像しています。

特に、42℃以上の熱い湯は、交感神経が緊張や興奮をもたらし、37℃~40℃のぬるめの湯は、副交感神経が気分をリラックスさせ、体を心地よくしてリフレッシュさせると言われています。

そんな自律神経をぜひ正常にしたいと思っている人に、格別の源泉かけ流し加水加温無しの宿をご紹介したいと思います。

今回の「価格以上の満足な宿」は、甲子温泉 旅館大黒屋(かしおんせん りょかんだいこくや)です。

旅館大黒屋は、那須連峰の最北に位置する甲子山(かしざん)の登山口にあたり、四季を通じて愛され続ける秘湯の一軒宿です。

甲子温泉大黒屋は、1384年に州安和尚が、きのえね(甲子)の年に発見したことから、甲子温泉の名がついたと言われており、ブナ原生林の標高800mに位置する「日本秘湯を守る会」の宿です。

 

旅館大黒屋の、内風呂の櫻の湯(女湯)、恵比寿の湯(男湯・女湯)はちょっと熱めですが、大岩風呂(混浴)は、縦5m横15m深さ最大1.2mの湯船の中で、湯口から流れ出す44~45℃の温泉と、岩盤の足元から自噴する31~34℃の透明なお湯がそれぞれ混ざり38℃から39℃のやわらかく、やさしいお湯が体の芯まで温め、心身ともにリラックスさせる温泉です。

 

甲子温泉旅館大黒屋へ電車で行くには、JR東北新幹線、JR東北本線で新白河駅下車です。
宿泊者は旅館大黒屋の無料送迎バスが迎えに来てくれます。

車で行く場合は、東北自動車道白川ICから国道289号線から約40分で行くことができます。

289号線を白河方面からは20km位ですが、トンネルが3つあり、そのトンネルを出てすぐの「奥甲子温泉の標識」を左折です。ゆっくり走らないと標識を見過ごしてしまいます。雪が降っているときは特に注意が必要ですね。

CA390192

 

以前、ご主人からこの旅館は3回建て替えたと聞いたことがあります。純和風の清潔感のある部屋は8畳又は10畳に洋間、ベッドルーム、掘り炬燵間を併設し機能的に蘇られさせてきた温泉宿です。
また、離れには江戸時代の文化財の木造建築の部屋もあります。

 

1人一泊二食で15,000円から20,000円足らずの宿泊料で、温泉はもちろん質の高いサービスを提供できる施設はいつまでも続けて欲しい宿の一つです。予約が取りづらい宿として、また、根強いリピート客がいることが宿の信頼の証だろうと思います。

 

夕食も朝食も、山の宿らしく東北ならではの食材を繊細かつ丁寧に料理し、料理人が素材の味を最大限に引き出しもてなしていることが十分伝わってくる満足できる料理です。

 

食事が終わり中庭に目をやると、餌付けしたテンがエサを食べにくる様子が見られます。他では見ることが出来ない希少動物もまたスタッフの一員としてもてなしています。

 

 

住み慣れた土地を離れ別の環境で療養する転地療養は、普段の生活と違う環境に身を置くことで身も心も元気になるといいます。

高層ビルの最上階のレストランで食事をしたり、高山植物を見に山登りしたり、船上から陸を眺めたり、場所を変えるだけで一瞬にして転地効果を発揮します。

秘湯の温泉に行こうと思った瞬間から、楽しい気分が幸福感を増し、仕事の悩みや疲れを吹き飛ばし天地効果を発揮します。

温泉めぐりは安価で効果的な転地療養だと思います。
日頃から、温泉(温泉宿・ホテルで癒しホスピタリティ:ホテルとホスピタルの語源)を得ることができれば、心身ともに元気になり病院ホスピタルに行く必要が無くなります。

温泉は、傷んだこころとからだを病気から守る客観的行動です。
ぜひ、温泉に行って病気予防の実践をしましょう!!

 

■あとがき:

 「低料金なのに価格以上の満足な宿」を書こうと思った動機です。私は、東日本大震災が起きた時、仙台で勤務していました。

1000年に一度の大地震、最も大きな被害をもたらしたのは「津波」でした。幸い、仙台市内では、家財が壊れただけで家族共に無事でした。ただ、電気が止まり、ガスが止まり、水が出ない生活は初めての経験でした。

時間が経つにつれ、お湯に浸かりたいと思いました。そんな折、東北各地の旅館で、被災者を受け入れると宿泊料を補助するという復興支援制度ができました。

お陰で、方々の温泉宿を毎週のごとく巡り、源泉かけ流しの加水加温なしのパワーを知ることになりました。

それまで、温泉は豪華な建物に、豪華な食事、着物を着た仲居さんから走り回る娯楽リゾート地でした。

源泉かけ流しの加水加温無しだからこそ、24時間いつでも入浴でき、低料金なのにリッツカールトンのクレドにも勝る宿があることに驚きました。

当時、金曜日の晩から泊まって月曜日の朝、温泉宿から出勤することもありました。温泉の素晴らしさもさることながら、こんなにも「お金と時間」を効果的に使えることに感謝でした。

一人でも多くの人に、効果的な「お金と時間」を経験して貰いたいと思いこの記事を書くことにしました。

低料金なのに、「価格以上の満足な宿100選」 福島「相模屋旅館」

 

費用は全て自前、だからこそ、「価格以上の満足な宿」だけを選りすぐってご紹介します。

寒さが厳しくなり、風邪をひいて体調を崩している人がいるかも知れません。

風邪やインフルエンザの予防は何といっても手洗いとうがいですが、睡眠中に唾液の量が減ることで風邪をひいてしまうこともあります。

寝室に加湿器を置いたり、マスクをして寝るのも効果的のようです。

しかし何と言っても、しっかり睡眠をとることが、免疫力アップを促し、風邪の予防に最も効果的とも言われています。

 

 

今回の「価格以上の満足な宿」は、相模屋旅館さがみや りょかんです。

福島県の土湯温泉郷にある新野地温泉 相模屋旅館は、乳白色の源泉掛け流しで、野趣あふれる露天風呂が極上の「日本秘湯を守る会」の宿です。

福島市内や郡山市内から一時間足らずで、乳白色のお湯と景観が、心地よい疲れを誘い、質の良い睡眠をもたらしてくれること請け合いの宿です。

 

相模屋旅館へ車で行くには、「東北道福島西ICより国道115号線を経由して、県道30号線を約32km、磐梯吾妻スカイライン方面へ45分のルート」また、「磐越道猪苗代磐梯高原ICから国道115号線、県道70号線、県道30号線を32km約45分のルート」があります。

また、公共交通機関で行くには、「JR東北本線福島駅西口出口、バス浄土平行きに乗車、約58分新野地下車徒歩約1分」と、「高速バス福島でバス浄土平行きに乗車、約58分新野地下車徒歩約1分」があります。

 

  

「新野路温泉 相模屋旅館」は、磐梯吾妻国立公園内の標高1200mに位置する温泉旅館です。

外観は普通の建物ですが、内湯の檜風呂や露天風呂は創業当時のままで、噴気孔から吹き上がる湯煙も、乳白色のお湯も、これぞ「秘湯」という言葉がぴったりの宿です。

  

 

先日泊まったとき、秘湯の会のワインを注文したとき、食材を運んできたおじいさんに、主人が「ちょっと待って!」と呼び止め、暖かい飲み物を差し出し「気をつけて帰って!」との一方的なやり取りを眼にしました。

その後、フロントに戻った主人が、カウンターでワインのコルクを半分だけ抜いて、「部屋で抜けるようにしておきました」と言って手渡してくれました。「サインしなくていいですか?」と言いましたが、主人は「大丈夫ですよ」と一言。

翌日、車に乗り込んでから「何だか、お金違うかな?」と思って、清算書を見たら21,900円。案の定、ワインの請求がありませんでした。
もっと早く気づくべきでしたが、精算のとき「クレジットカード使えますか」との質問に、「カードの読み取り機を置いてないんです」との説明。一瞬、間をおいて「分かりました」と現金を支払ったときから請求書の中身が飛んでいました。
直ぐに旅館に戻り、支払しましたが、大層感謝されるわけでもなく、淡々と精算を終え車に乗り込みました。

低料金の宿は、どんなに建物が古くても、掃除が綺麗にできていて、お腹がいっぱいになれば、それで十分だと思っていましたが、むしろ、殆どの宿では地元の食材をふんだんに使い、品数もボリュームも思考を凝らした料理人の技に感動することが多くありました。

日帰り湯など、ともすれば従業員との朴とつな会話の違和感に、評価を下すこともあるかも知れませんが、トータルでみると平均点の高い宿が多くあります。

部屋に残り香がなくても、料理を一皿ずつ出されなくても、源泉かけ流しの新鮮な湯はそれだけでも十分な三ツ星になります。

 

 

相模屋旅館は、純和風の客室でWi-Fiは部屋にもロビーにもありませんが、「相模屋旅館」には、部屋のカギが2つあります。地味で目立たないこのサービスは大変貴重で大変ありがたいことです。

なかなか予約が取れない、リピート客が多い「相模屋旅館」ですが、宿屋と宿子のきずなの強さがその証しだと思いますが、今のままで末永くこの宿を守っていって欲しいと願う宿の一つです。

 

 

古代ギリシアの医者ヒポクラテスは「薬で治らなければ、手術で治すことができる。手術で治すことができなければ、熱によって治すことができる。もし熱によって治すことができなければ、それは不治の病だろう」と言ったそうです。

生体機能を高める効果をもたらす「ヒートショックプロテイン」は、身体をじっくり温めることで、細胞のストレス防御力を上げるタンパク質です。

ヒートショックプロテインが増えると、壊れた細胞を修復し、正常に戻し、病気やけがなどを治り易くする働きが期待されています。

細胞は43℃以上に加熱されると死滅して機能を失ってしまいます。そのため、がん治療などに用いる温熱療法では43℃以上に加熱して治療を行うようです。

温泉に浸かったり、家で入浴することは、ヒートショックプロテインの健康法を体感できる最も身近な方法だと言われており、「40℃で20分間」の入浴で2日後にヒートショックプロテインが増加するようです。

温泉めぐりは、健康と長寿への自己防衛のための実践となります。

 

 

■あとがき:

「低料金なのに価格以上の満足な宿」を書こうと思った動機です。私は、東日本大震災が起きた時、仙台で勤務していました。

1000年に一度の大地震、最も大きな被害をもたらしたのは「津波」でした。幸い、仙台市内では、家財が壊れただけで家族共に無事でした。ただ、電気が止まり、ガスが止まり、水が出ない生活は初めての経験でした。
時間が経つにつれ、お湯に浸かりたいと思いました。そんな折、東北各地の旅館で、被災者を受け入れると宿泊料を補助するという復興支援制度ができました。

お陰で、方々の温泉宿を毎週のごとく巡り、源泉かけ流しの加水加温なしのパワーを知ることになりました。

それまで、温泉は豪華な建物に、豪華な食事、着物を着た仲居さんから走り回る娯楽リゾート地でした。

源泉かけ流しの加水加温無しだからこそ、24時間いつでも入浴でき、低料金なのにリッツカールトンのクレドにも勝る宿があることに驚きました。

当時、金曜日の晩から泊まって月曜日の朝、温泉宿から出勤することもありました。温泉の素晴らしさもさることながら、こんなにも「お金と時間」を効果的に使えることに感謝でした。

一人でも多くの人に、効果的な「お金と時間」を経験して貰いたいと思いこの記事を書くことにしました。