やっと取れたファミリービザ、ロックダウン娘のフランス愛ふんとう記2020

フランス2回目のロックダウンに、娘、愕然

フランスは新型コロナウイルスの第2波襲来で2回目のロックダウン(都市封鎖)に踏み切った。マクロン大統領は10月28日夜、仏全土の外出制限を30日から12月1日まで実施すると発表した。
また、マクロン大統領は、テレビ演説で「感染の第2波は、これまでより多くの死者を出す可能性がある」とも語りロックダウンの正当性を語ったようだ。

ロックダウン前日の29日は、街に繰り出す人が多かった。食品の買いだめではなく、駆け込み観光駆け込み映画を楽しむ人で街に人が溢れた。幸い、フランス愛の強い娘とフランス人の夫は、前日にイケアの買い物袋に食料を一杯買っていた。夜間外出制限が出ててもなお、感染予防に熱心でないフランス社会の風土から、ロックダウンを警戒していた娘の判断だったようだ。

ロックダウンが出ても、生活用品の買い物や病院へは行けるものの、スーパーではトイレットペーパーなど生活必需品が棚から無くスカスカだったようだ。国民性が違うとは言え感染を予防する意識は日本とは余りにも違うようだ。これが今年最後のロックダウンかも知れないが、経済へのダメージは大きそうだ。反マクロンの勢いとも重なり無差別テロが怖い。

やっとファミリービザが取れたと思ったら・・・

娘は2018年からビジタービザでフランスに滞在してきたが、ようやく、ファミリービザが取れた。ファミリービザには、結婚してる人用のビザと、パックス用のビザと、家族呼び寄せ用ビザがあるようだが、娘の場合はパックス用のビザで、仕事ができることが大きな前進だ。

それぞれのビザの申請内容に若干の違いはあるようだが、画一的な対応ができる日本の役所と違い、不愛想で素っ気ない応対に惑わされたりもするフランスだが、異国の地だからこそ、淡々と笑顔で接することが効果的のようで、それでも日本人は十分恵まれているようだ。ファミリービザは、初年度は1年更新で、次が2年更新になり、2年更新を3回続けたら10年更新になるようだ。

しかしながら問題は、娘にとって決まっていた仕事がロックダウンよって取り消しになることだった。そのため、海外転出届け出してほしいねんーーー!!との嘆きの緊急依頼がきた。マイナンバーカードの一時停止、国民健康保険の停止、国民年金の支払い停止だ。

やっと取れたファミリービザに必要なものとは・・・

❶滞在許可証。

❷パスポート。

❸パックスの証明を申請して送られてきた3ヶ月以内のパックスの書類。

❹フランス人(パックスの相手)の身分証明書。

❺conjoint , concubin ou partenaire pacé : 一緒に住んでいますよ、という手紙。
(自治体によって違い、事前に記入用紙を渡される)

❻フランス国内での収入証明、もしくは銀行残高(2人分)。

❼フランスでの社会的身分を証明する書類(外国人のみ)。
フランス国内において、フランス社会に適応できているどうかを確認するため、
フランス国内の正式なボランティア活動をした先やフランス国内で仕事をしていた先、
フランス国内で通っていた学校の校長などから自分宛てに友好の手紙を書いて貰う。

❽フランスの友達にも2人が一緒にいる事を証明する内容の手紙を書いて貰う。

❾6ヶ月から1年の共同名義の書類(銀行、電気、ガス、家借りた時の書類など)。
特に、国営企業の電気やガスの領収書、銀行の取引実態が最も大事。

❿ビザをvie privée にするに当たっての手紙。必要書類に必要事項を記載。

⓫学校で取得した卒業証明書、通っていた学校の証明書。

⓬写真3枚。

今から行く転出届、に必要なものとは・・・

❶届出できる人は、本人または世帯主及び代理人の3者。

❷届出に必要なものは転出届、届出される方の本人確認書類の写し
(運転免許証,健康保険証等)代理人が届出される場合は委任状、返信用の封筒(名前及び住所を記入,切手を貼ったもの)

❸委任状については、異動元(転出前)の世帯が同一の方が届出される場合委任状は不要。(例1)同一世帯にある夫婦が転出する場合,夫からの委任状が無くても妻が単独で夫婦お二人分の転出を届出できる。(例2)父母と子からなる世帯から子供が単独で転出する場合、子供からの委任状が無くても父又は母が子供の転出届出をできる。

人が一緒に暮らすとお金が増え、携帯料金が下がるとゆとりが増える

一緒に暮らし、共に働くことにゆとりがあった

秋田県は平成10年(1998年)以前、一つの世帯に働いている全員の収入、一世帯当たりの収入が全国7位にランクされていました。一方、個人所得は全国的にみても低い方のランクでしたが、家族全員の収入を合わせることで、上位にランクされ豊かな生活が維持されていました。

それでも、昨今の人口減少により一つの世帯に住む家族の人員が減ったことで、過去の収入が維持できなくなりました。一つの建物に何世帯も同居することで、電気ガスの光熱費や、水道代、住居費などの毎月の固定費が減り、飲食や衣類への旺盛な消費が、宵越しの金はもたない気質を保っていました。

非正規雇用が増えると生活が厳しくなる

秋田において世帯収入が減った原因の一つに、非正規職員が増えたことがあります。さらに、秋田市では配偶者や家族の収入の方が、世帯主の収入より多い傾向にあります。そういった背景から、実際の収入から税金や社会保険料などを差し引いた可処分所得(実際に使えるお金)が増える見込みがないことも現実のようです。

地方ほどクルマとケータイが生活を圧迫

使えるお金が増えない状況は、秋田に限らず地方都市においても同様であり、企業や工場がない産業基盤が弱い自治体では地方経済を衰退させています。さらに、面積が大きい地方都市では、自家用車が不可欠であり、車がないと一切の生活ができない状態にあります。
そのため、収入に対する車の維持費が生活を圧迫し、さらに携帯料金も生活への大きな負担に繋がっています。ケータイ料金の値下げは、年間数十万円単位で生活費に還元される施策です。

スマホ会社の言いなりは、一生涯の損

厚労省平成30年(2018年)の所得調査では、平成29年1月1日から12月31日までの、1年間の所得、2017年の1世帯当たりにおいて、全世帯の平均所得は551万6千円でした。100~200万円未満及び200~300万円未満が13.7%、300~400 万円未満が13.6%、中央値は423万円でしたが、平均所得金額以下は62.4%もありました。

野村総合研究所の2018年の携帯料金の調査では、実際の支払額は毎月8,764円でした。
早急に、自分の収入と生活に見合った料金プランに見直し格安スマホを選択すべきです。

店舗に相談に行くのも面倒、行っても会話が通じない不安を予測し、結局、携帯業者のお勧めプランに誘導され、ムダなお金を使い続けています。
インターネットを始めSNSの基本的な知識がないことが、携帯会社の言いなりになっているようですが、聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥ではなく一生涯の損です。無駄を承知で携帯会社に貢献するのはもったいないです。

収入が少ないとスマホで生活が破綻

「あきた経済2020.5」によると、家計収支について秋田市と全国を比較すると両者に大きな差はみられず、秋田市もまた「平均的な都市」のようです。一方、秋田市全国ともに実収入に占める非消費支出の割合は増え、可処分所得の割合は低下傾向にあるようです。

秋田市も全国も、消費支出に占める割合が高いのは、❶食料、❷交通通信、❸教養娯楽、❹被服及び履物、❺光熱・水道です。

「食料」は、秋田市、全国とも20~24%の範囲で推移し近年は上昇傾向。

「交通通信」は、自動車関係費と通信(携帯料金)の支出金額が大きい。特に、秋田市では令和元年の割合が平成元年の2倍以上となり、全国でも1.5倍以上となった。平成以降「クルマ」と「ケータイ」の支出が急増

「教養娯楽」は、秋田市、全国とも9~10%で大きな変動はみられない。

「被服及び履物」は、秋田市では令和元年の割合が平成元年の6.7%から3.5%に低下、全国も大きく低下した。

「光熱・水道」は、秋田市、全国とも緩やかな上昇が続いていたが、近年はやや減少。

管総理出身の秋田、日々の生活に定着した携帯やスマホの便利さは、収入の大小に関わらず、これからも生活に欠かせない生活の必需品です。
しかしながら、携帯料金を仮に、1人年間10万円としたら2人で年間20万円、年収200万円の収入だと10%、年収1000万の収入がある人にとってはわずか2%でしかなく、収入の少ない人にとっては生活破綻の原因になります。
秋田に限らず全国どこでも同じ状況を、新総理が秋田から改革実行します。

6年目の3Gのガラケー、そろそろ限界かも

わが家はガラケーが2台1人月1,700円で2人で年間40,800円のケータイ料金です。携帯はインターネット無し、メールはショートメール、通話は月2,000円までの無料プラン付です。

家の外で歩きながら、インターネットを使うことがないと思いガラケーのままです。
それでも、旅行に出る場合は不便を感じることが多く、Wi-Fiが使えるホテルやスタバを探しパソコンが持ち込んでやっと使える状態です。
FacebookのMessengerを使っての子供とのやり取りも、Wi-Fiがないと出来ず、テレビ電話も写真も、PDFも何も使うことが出来ません。今後、QRコードしか使えない店が増えてくると全くの原始人です。
電気自動運転で自動運転ができる時がきたら、スマホに買い換えようと思っていましたが、6年目の3Gのガラケー、そろそろ限界に近づいてきたようです。

GoToで神戸ベイシェラトンへ、標識の下の彼岸花とコスモスに寄り道2020

たまには、冒険心で標識をみて走ろう!

GoToトラベルを利用し京都市内から神戸ベイシェラトンに行くことにした。いつもならカーナビに目的地を入力し出かける準備をするところ、検索した複数の目的地の入力設定が面倒なことに気付き、入力を諦め天気もいいので標識を見ながら走ることに決めた。

高速道路に3,400円払えば1時間チョットで目的地に着くところ、3時間もかけて走るのはしんどいと思ったが、100kmの道のりには何か予期せぬ感動があるかも知れないと、ささやかな冒険心チャレンジ精神にチョットだけ心が躍った。

最近では標識を頼りに走ることはほとんど無くなっていた。自粛のせいで外出も減ったが、行ったことがない所に行く意欲も減っていた。テレビやYouTubeを見て映像の世界に行った気分になって満足してることが多くなっていたようだ。

寄り道をしようと思えば、行くところが一杯あった!

今回は、国道9号線を亀岡市まで走り、国道423号線を宝塚市へ向け南下、神戸六甲アイランドまで一般道だけを走るルートを選びました。

途中経由する亀岡市は、京都市の西となりにある人口8万8千人の町です。静かな山あいにある湯の花温泉、亀岡から嵐山までの保津川下り、赤・黄・黒のデザインのディーゼル機関車嵯峨野トロッコ列車、全国900社の本社である愛宕神社、800万本が咲き誇るコスモスの亀岡夢コスモス園、木造釈迦涅槃像(なで仏)がある穴太寺(あなおじ)など、古都京都よりも古い歴史の町でした。

また、宝塚市は、兵庫県南東部に位置する人口22万4千人の町です。豪華絢爛なステージを演出する宝塚歌劇団が超有名ですが、安産祈願で知られる中山寺、手塚マンガが全て見られる手塚治虫記念館、「かまどの神さま」「火の神さま」で有名な清荒神清澄寺(きよしこうじん せいちょうじ)など、年間900万人の観光客が訪れる町でもありましたが、どこへも一度も行ったことが無いことが分かりました。

沿道には、彼岸花もコスモスも満開だった!

前日からのルート検索で、走る道、走る距離、走る時間、寄り道の場所、店の定休日、施設の入場料など口コミも含め情報収集をした結果、秋口はコスモス園が一押しでした。
次に、オール電化なので、「かまどの神さま」「火の神さま」への縁は少ないものの、今まで火事を出さなかったことへのお礼を込め、清荒神にお参りしようと思いました。

まもなく走り出すと、国道沿いのあぜ道に咲く彼岸花の毒々しい赤が目につきました。別名曼珠沙華でもある彼岸花は、球根が有毒でネズミやモグラなどの害獣対策として植えられた歴史があるようですが、わが家では別名の「リコリス」として、風の引き始めや、のどの違和感があるときに飲むお茶として常備してあります。また、少し走るとススキコスモスが一面に咲く光景を望むことができ、一つ目の寄り道であるコスモス園はパスすることにしました。

三宝荒神の「オン ケンバヤ ケンバヤ ソワカ」は7回!

2つ目の寄り道の地清荒神は、火を扱う台所が賑わうことで家庭が繁栄する家内安全商売繁盛の荒神さんとして慕われているお寺でした。本尊は重要文化財の大日如来で、鎮守社(ちんじゅしゃ)として、仏陀と法と僧の三宝を守る穢れを祓う神仏混淆(しんぶつこんこう)の守護神である三宝荒神(さんぼうこうじん)が祀られています。三宝荒神の真言は、「オン ケンバヤ ケンバヤ ソワカ」と唱えます。

清荒神清澄寺では、一礼、三拍手、一礼で礼拝し、般若心経と荒神御真言を七反唱えます。三宝荒神は火と竈(かまど)の神であり神棚に祀られます。

今こそ地域や社会に「お布施」が必要!

目的を確実に達成する手段として「急がば回れ」は必要な名言ですが、何も急ぐ必要も無い生活には、高速道路ですっ飛んで目的地に行ってしまうのはもったいない。

人と出会い、新たな経験を積みながら、寄り道をしながらチャレンジする先にこそ旅の目的がある。寄り道をして大事なものを見落としていないか、しっかり見開きたい。寄り道が豊かな人生に導いてくれる。着実に目的地に向かうには一事が万事ムダは何もない。

どんなに急いでいても、上手くいかない時はいかない。立ち止まって深呼吸をすれば道は開ける。 思いが正しければいい結果がついてくる。疑わない心が願いを叶える真実だと信じ、旅を続けたい。コロナの自粛から脱却し、感染対策をしっかり行い、「お布施」の精神地域や社会に還元するこがいま最も大事な使命だと思う。