なぜ言わない?歯周病の本当の予防方法!!

❶歯周病とは?

硬い歯と弾力のある歯肉(歯グキ)のすき間(歯周ポケット)から細菌が侵入して、
歯肉が丸みを帯びて、赤く膨らんだ状態(炎症)で歯磨きをすると出血や膿(うみ)があります。

赤紫色に腫れあがった歯肉がやせ細り、歯周ポケットの溝が深くなった状態が歯周病です。

 

むし歯と違い、痛みが出ないことが多く、歯が抜け落ちる寸前に、歯医者に駆け込む人が多いようです。

歯を失う80%以上は、歯周病と虫歯です。

 

❷歯周病の検査とは?

プロービング検査:

歯肉の入り口から隙間の底の部分までの距離(歯周ポケット)を測定します。

健康な歯肉は1~2mm程度、3mmを超える段階での早期発見が歯を救いますよ!

エックス線検査(レントゲン検査)

歯肉の下に埋もれている歯槽骨(しそうこつ)は、目には見えないので、歯槽骨の溶け具合をレントゲンで検査します。

歯槽骨は再生医療での復活が可能ですが、相当の時間と費用を覚悟した方が良いですよ!

 

 

❸歯周病の原因と7つの症状?

歯周病の直接の原因は、歯歯の周りに付く歯垢に含まれる細菌です。

歯みがきによるケアが不十分な歯に、細菌が繁殖して固まった歯垢(しこう:プラーク)となり、
唾液に含まれるカルシウムやリン酸と結合し、石灰化した歯石が、

歯と歯グキの境目に作られるます。

何十種類もの細菌は、この歯石を足がかりに歯周ポケットの奥深くで毒素を出し続け感染を広げます。

歯周病菌の毒素は、歯を支える歯槽骨を溶かし、歯をグラグラして歯を抜け落ちさせます。

 

➀ 朝起きたときに、口の中がネバネバする。

② 歯みがきのときに出血する。

③ 硬いものが噛みにくい。

④ 口臭が気になる。

⑤ 歯肉がときどき腫れる。

⑥ 歯肉が下がって、歯と歯の間にすきまができてきた。

⑦ 歯がグラグラする。

以上の症状がある場合には、直ぐに歯科での検査をした方がいいですよ!

 

 

❹歯周病の治療とは?

➀ 歯垢の除去および歯石の除去。

② 外科的に歯周ポケットの深さを減少させる。

③ 失われた骨を再生させる再生医療を行う場合もあります。

④歯ブラシの毛先で磨く訓練をします。

 

 

❺世間の一般的な、歯周病の予防方法?

日本での歯周病に関する先端組織のホームページには、

要約すると、「鏡を見ながら、毛先が磨くポイントにとどいていることを確認し、
小さく横に縦に細かくかき出す様に、円を描く様に、歯と歯肉を傷つけないように軽く磨きます。
1ヶ所につき10回~20回ぐらい1日に最低1度は5分以上かけてゆっくりと隅々の歯垢を取り除きます。可能であれば、毎食後磨くことが理想です。とくに、寝る前に丁寧にゆっくりと磨くことが効果的です。」とありました。

 

❻一般人の私がやっているの歯周病の予防方法?

歯ブラシの歯磨きと歯間ブラシの歯磨きとデンタルフロスを使ったケアを、
朝・昼・夜、それぞれの生活状況に合わせて、1日合計30分時計を見ながら行っています。

 

朝は、歯ブラシで3分、歯間ブラシを1分、スッキリしない場合リステリンを20秒もぐもぐ。

昼は、歯ブラシで2分、歯間ブラシが1分、時々リステリンを20秒もぐもぐ。

昼、歯磨きが出来ない場合、歯間ブラシと携行用リステリンでもぐもぐ。

夜もしっかり、時計を見ながら、歯ブラシ15分、デンタルフロスを5分、

奥歯がツルツルにならない場合は、電動歯ブラシ2分、寝る前にフッ素塗布ケアを行います。

虫歯や歯周病の予防は、時間と手間に比例すると確信しています!

同時に、歯は独力で自己防衛できる臓器だと信じています。

「予防」の極意は、楽な方法による甘い誘惑にかられないことかも知れませんね!

医者は絶対に言わない。歯磨きよりデンタルフロスの効能!

1日30分の歯磨きとデンタルフロスが虫歯と歯周病を防御!

虫歯が減らないことで、業界が報われる!

歯磨きはどれだけ時間をかけると、虫歯を予防できるか?
いろいろ議論がありますが、

自分の歯の特徴や磨きクセを理解した人が上手に磨いても、
10分から20分はかかってしまいますね!

 

ある歯科医は、歯磨きは朝・晩2回の、1日2回を推奨していました。
28本の歯を1本10~20回小刻みに磨くと最低でも3分かかる。とのことです。

また、「歯磨きは、口の中をキレイにすることが目的なので、極端にいえば口の中のプラークがすべて除去できるなら1分間でも十分」だとも言っています。

しかしながら、日本国民全員が、虫歯にかかっているのは、なぜなのでしょうか!

 

日本人のむし歯は、1993年から2016年までの23年間、
5歳から19歳までは減少傾向ですが、
小学生の20%、中学・高校生で50%、大学生の80%が虫歯です。

35歳以上は99%が虫歯で、日本国民全体が虫歯にかかっています。

 

歯磨きの時間が短すぎるのか?

歯ブラシの質に問題があるのか?

歯磨き粉の成分に問題があるのか?

虫歯予防の研究は進んでいると思いますが、
「歯科疾患実態調査」からは何の成果も感じ取られません。

治療できることで、業界全体が報われているのだと思いました。

 

虫歯の予防は、時計を見ることから!

歯磨きは、毎食後に行うのが鉄則ですが、たとえ朝晩の2回であっても、
歯ブラシを使わなくても、デンタルフロスで十分に綺麗にできると思います。

それでも、デンタルフロスが面倒だという人は、歯間ブラシや洗口液でも、
良いと思いますが、手間を惜しまないことが「予防」の秘訣かも知れませんね!

 

私は、歯ブラシの歯磨き、歯間ブラシの歯磨き、デンタルフロスのケアを、
朝・昼・夜、状況に合わせ1
日合計30分、時計を見て歯のケアを行っています。

朝は
歯ブラシ3分、歯間ブラシを1分、スッキリしない場合リステリンを20秒もぐもぐ。

昼は、
歯ブラシ2分、歯間ブラシを1分、時々リステリンを20秒もぐもぐ。
昼、歯磨きが出来ない場合、歯間ブラシと携行用リステリンでもぐもぐ。

夜は、
しっかり、時計を見ながら、歯ブラシ15分、デンタルフロスを5分、
奥歯がツルツルにならない場合、電動歯ブラシ2分、寝る前にフッ素ケア。

虫歯の予防は、時間と手間を惜しまないこと!

 

 

医者は絶対に言わない。虫歯予防はデンタルフロス!

歯間ブラシは、いつもカバンの中で、外食時に爪楊枝代わりに使用しています。

リステリンは、旅行中など旅行バックに仕舞い、気分転換も兼ね使っています。

 

デンタルフロスは長さ250mのボックスタイプと、45mの2種類を使い分けています。

384本の繊維から作られたイタリア製のフロスは、繊維がフワッと広がり、
歯の側面の歯垢をからめとる技術に、大変優れています。

40年何社ものメーカーを使いましたが、人生後半に漸く辿り着いた気分です。

デンタルフロスは、CMも無く耳慣れない人も多くいると思いますが、
使い慣れに多少の時間は必要ですが、使ったあとの歯のツルツル感は爽快です。

予防歯科でも、歯のクリーニングに使いますが、想像以上にいいツールですよ!

それでも、歯医者は、デンタルフロスを一押しません。

やっぱり、・・・を根絶したくないのかも知れませんね?

 

歯磨きが出来ない場合は、デンタルフロス!

食事が3回で歯磨きが2回の場合、歯間ブラシとリステリンを使い、夕食のあと、
デンタルフロスを5分以上かけ、歯垢を削ぎ取っています。

食事が3回で歯磨きが1回の場合、歯間ブラシとリステリンを毎食後行い、
寝る前にデンタルフロスを5分以上かけ歯垢を絡めとっています。

何度か食事をしていても、歯磨きが1日中出来ないときが稀にあります。
その場合は、歯間ブラシとデンタルフロスとリステリンを毎食後行います。
食べ残しの生ごみと歯垢は、十分、除去出来ますよ!!

 

部屋の掃除では、掃除機を使うのが一般的ですが、
ハンディーモップや毛先の長いブラシを使うと隅々まで綺麗になります。

口の中の清掃も同じです。
歯ブラシの歯磨きとデンタルフロスを使うのが虫歯予防に最も効果的!!

 

虫歯や歯周病予防のための、オーラルケアの大きなマーケットがあります。

消費者は限られた情報から、自分にあった商品を取捨選択しますが、
商品の良し悪しに苦慮するより、自分の努力で歯を守れることを知るべきです。

「予防歯科」を標ぼうしている歯科では、
口の中の検査から、患者ごとに歯のケアを行い、
虫歯と歯周病の根絶のための、予防医療を実践しています。

歯も、健康診断や人間ドックと同じように、
1年に1回、歯の健診とクリーニングを受け、
歯は、自己防衛できる唯一の臓器だと認識して欲しいと思います。
あくまで、素人の意見ですが・・・

歯のクリーニングに、「半年に一度」行くべき人は?

歯ブラシだけで、歯のケアをしている人

手磨きの歯ブラシや電動歯ブラシだけを使って歯のケアをしている人は、
半年に一度、歯のクリーニングに行った方がいい人です。

自分の歯並びを理解してしっかり磨いているか?
磨き残しのクセが無いか?など、
半年に一度、歯のクリーニングに行って、
確認することが虫歯や歯周病の予防だけでなく、
家計費節約の重要な先行投資につながります。

私の磨き残し率14.3%は、大変優秀だとクリニックで話題になりましたが(笑)、
一般的には磨き残し率が30%程度であれば、よく磨けているレベルだそうです。

 

歯の汚れが溜まりやすい場所である、
奥歯の噛み合わせの溝
❷歯と歯が接触している面
❸歯と歯茎の境目の歯周ポケット
は、
歯ブラシの毛先だけキレイにするのは素人の経験からも不可能だと思いました。
数十年来、歯のクリーニングに通い、学んだ経験からの思いでした。

 

歯間ブラシを使って、食べ残しを除去していない人

歯の汚れが溜まりやすい場所は、
❶奥歯の噛み合わせの溝
❷歯と歯が接触している面
❸歯と歯茎の境目の歯周ポケットは、
私の経験から歯間ブラシを使ってもキレイにすることは出来ませんでした。
あくまで、個人の感想ですが( ^ω^)・・・

歯間ブラシは、そもそも、歯のすき間の食べ残しを除去するための道具だからです。

日中、歯を磨けない場合や、「つまようじ」を習慣的に使う人が、
短時間に、口の中の生ごみを除去するための最善の手段だと思います。

 

デンタルフロスを使って、歯垢を取り除いていない人

何度も繰り返しますが、
歯の汚れが溜まりやすい
❶奥歯の噛み合わせの溝
❷歯と歯が接触している面
❸歯と歯茎の境目の歯周ポケットは、
歯ブラシや歯間ブラシを一緒に使ってもキレイには出来ないと思いました。

私の磨き残し率14.3%は、2年振りに訪れた歯の健診結果でした。
2年前に歯のクリーニングを行って学んだ経験から、
より良いデンタルフロスの使い方を試行錯誤することで、
2年前の磨き残し率44.6%から大きく改善することが出来ました。

デンタルフロス(フロアフロス)が、こんなにも、歯垢をからめとることが出来ることを自ら実感しました。
1日にたった5分のデンタルフロスが、口の中をキレイにしたのだと確信しました。

現在では、磨き残し率は5%以下まで進んでいると想像します(笑)。

 

寝る前に、フッ素ケアをしていない人

フッ素でできるむし歯予防の3つの効能に、

❶むし歯菌の働きを弱め、酸がつくられるのを抑える。

❷歯の表面のエナメル質を強くし、酸に溶けにくい性質の歯をつくる。

❸酸により歯から溶けるカルシウムやリンを再び歯に吸収する再石灰化を促進する。

歯医者で使うフッ素は「9,000〜123,000ppm」ですが、
日本で市販されている歯磨き粉に含有されているフッ素は、
「500〜1,000ppm」でかなり低い濃度です。

規制緩和が出来ればいいと思いますが、毎日使い続けることで効果を期待したいと思いました。