唾液検査をやっている歯医者が、虫歯の予防を実践!

唾液検査が虫歯予防の第一歩!

唾液検査(サリバテスト)は、う蝕(うしょく:虫歯)や歯周病のリスクを唾液の性質と量を測り判断する検査方法です。

唾液検査は、保険適用外で患者の自己負担3,000円+消費税が一般的のようです。

むし歯になる原因は、歯質の強弱唾液の強弱食事の影響虫歯菌の影響など、個人個人によって原因が違うので、唾液検査及び各種検査を判定、その診断結果に基づいて治療予防ケアを行う必要があります。

唾液は、唾液の量唾液の力の強さが人によって異なるため、唾液検査において虫歯に対する抵抗力を判定し、全身の健康状態に即した歯の治療と予防が叶えられます。

 

唾液のパワーが虫歯を予防!

食事をすると口の中が酸性に傾き、歯の成分であるカルシウムリン酸溶け出しますが、唾液が中和にもどし歯が溶けるのを防ぎます。
そのため、食事の回数が多いほど、修復作業が追い付かず虫歯の悪化に繫がります。

❶唾液は、舌の味覚細胞を刺激し、消化と吸収を助け、体の健康状態を保ちます。

❷唾液には、抗菌力があり唾液量が多いほど風邪やインフルエンザを予防します。

❸唾液は、むし歯や歯周病に付いた食べカスや汚れを洗い流し菌の増殖を抑えます

❹唾液は、菌の繁殖を抑え口臭を予防、何よりもむし歯を予防します。

 

唾液検査とは、どういう検査?

➀5分間、無糖のガムを噛みながら、唾液がたまると検査容器に移し量を測ります。
唾液が多く出るほど、口の中を早く洗い歯を強くし、抗菌作用を発揮します。

②唾液をつけた検査用紙の色の変化で、酸性に傾いた口の中が中性に戻る力の強さを判定します。

食後は歯が溶けやすくなるので、唾液が口の中を中和し歯を守りますが、その中和の力を調べ再石灰化が始まるまで、どれだけの時間がかかるか?を判定、虫歯への危険度を判定します。

歯の質の良し悪しを判断する指標にもなる唾液の中和力は重要な検査です。

③むし歯の元となるミュータンス菌と、むし歯を進行させるラクトバチラス菌を培養します。

ミュータンス菌は、3歳までに親から感染すると言われており、ラクトバチラス菌は、被せ物、詰め物のすき間から入ってむし歯を悪化させる菌です。ミュータンス菌とラクトパラチス菌の培養結果から虫歯へのリスクの総合判定します。

ミュータンス菌が多い場合は、虫歯になりやすいので菌が増えないように、歯垢(プラーク)を除去、ラクトバチラス菌が多い場合は、すでに虫歯が進行中の可能性があるので、甘いものを控えることと、食後ケアの指導を強化します。

 

唾液検査をやっている歯医者は少なかった。

私が住んで居る人口13万人の市区町村にある52軒の歯科に、
6月4週目の月曜日に、一斉に電話で調査をしました。
調査目的は、1回の予防ケアにも3回以上の通院が必要なため、
車で1時間離れた歯医者と、同じ予防技術を持った歯医者を近所で探すことでした。
技術は十分評価できるものの、杓子定規で融通が利かないのが動機でした。

◆52軒の内7回のコールに出なかった歯科は4軒、48軒(92%)で調査ができました。

電話での質問は3つです。

1つ目は、歯のクリーニングをしていますか?

2つ目は、歯のクリーニングの中で唾液の検査をしていますか?

3つ目は、口の中の写真を撮っていますか?

 

結果は次の通りです。

◆1つ目、歯のクリーニングを行っている歯科は、48軒(100%)でした。

応答があった全ての歯科で、「クリーニング」をやっていましたが、
「やっています」と即答したのは3割で、
残りの歯科は「クリーニング」の言葉が聞き慣れないのか
「歯石取りですね?」と、
自問自答しながら「やっています」と返答がありました。

◆2つ目、歯のクリーニングの中で唾液検査をやっている歯科は、2軒(4%)でした。

殆どの歯科で、「何のために、何で?」と不思議そうな声でした。

◆3つ目、口の中の写真を撮っている歯科も、2軒(4%)でした。

「患者からの要望があれば撮る」「治療段階で必要があれば撮る」と回答した歯科が8軒ありました。
「歯のクリーニングの中で写真を撮る」ことについても、唾液検査同様「何で?何のために?」といった雰囲気の怪訝そうな声でした。

 

歯のクリーニングを行っている歯科で、唾液検査と口腔内写真を撮っている歯科は2軒とも同じ施設でしたが、クリニックのホームページにおいて、「予防医療」の明確なメッセージが無かったので、片道1時間かけて今まで通り通うことにしました。

予防医療を実践している歯科が想像以上に少ないことに愕然です。
この国から、虫歯が無くなることは無いと確信したときでした。

 

 

唾液検査を始めとするあらゆる検査が予防を実践!

虫歯は、全身の健康状態を改善し歯質を強く、
唾液の質と量をあげることで、
歯の自浄作用が高まり、
歯の抵抗性を強くし、虫歯菌を予防できます。

また、食事をする度に虫歯菌が糖分を取りこみ酸を放出し、
虫歯菌が増殖するため、
フッ化物の多い歯磨き粉を使い、
歯間ブラシやデンタルフロスを使って、
口の中を綺麗に保つことが、最大の虫歯予防になります。

また、唾液検査でミュータンス菌ラクトパラチス菌の検査などの、
客観的データに基づいた診断があるからこそ、
必要で適切な処置が可能になります。

さらに、口腔写真やレントゲン撮影なども、
視覚的効果を高め、日々の歯の手入れに、継続性を持たせます。

内科や外科では、尿検査や血液検査など、検査データを元にして、
診断と治療を開始しますが、歯医者では熟練の技がモノを言うようです。

歯を失う一番の原因は歯周病で、痛みなどの自覚症状がないまま進行し、
気付くと総入れ歯になってしまいます。
一般的に症状があってから、歯医者に行きますが、
定期的な歯の健診で、早期発見、早期治療が望まれます。

虫歯と歯周病を予防するには、口の中をキレイにするだけ!

入れ歯にならないため、今から周到に準備!

日本には6万軒のコンビニよりも多い10万人の歯科医が街なかで診療しています。

地域に密着し充実した医療を提供しているのに、
80歳を過ぎると半数近くが総入れ歯になってしまうのはなぜでしょうか?

2年振りの歯のクリーニング、
クリニック移転の葉書も来ていたので、名前を言うだけで、
久しぶりの予約に感動的な対応を期待していましたが、

電話の奥からは、「口腔内の写真撮影とレントゲン検査、それに3,000円の実費で唾液検査を初診と同じ扱いで行って頂きますので、よろしくお願いします。」

マニュアル通りなのか?素っ気ない説明に、

えぇっ?―また、何で?と、疑心暗鬼になりつつも、

「前回の唾液検査では正常でしたけど、またやるんですか?」
との問いに、

「期間が空いていますので、初診と同じ扱いになりますので・・・」

と申し訳なさそうな説明・・・

「ということは、唾液の検査を拒否したら、受診できないということですか?」
の質問に、

「はい、そうです」

との返答に、

融通の利かない予想外の対応でしたが、思わず「了解しました!」
と予約をいれました。

 

たかが歯医者、されど歯医者、コンビニより多い歯医者
やっと見つけた虫歯を予防できる歯医者!
融通の利かない歯医者の、メンドクササはありますが、

写真や図解なで見て分かる説明に説得力があり、

予防に力を入れている歯医者だからこそ、
2年振りに行かなければと思いました。

 

 

この国には、虫歯を予防しようとする考えがない。

「日本人は、いつも清潔で、きれいな髪型に、綺麗な服を着て、ゴミのない綺麗な街に住んでいるのに、口の中は汚い!と、残念ながら諸外国の評価があります。

事実、むし歯がある日本人は、1993年から2016年までの23年間においては、
5歳から19歳までは減少傾向にありますが、
減っているとはいうものの小学生の20%中学・高校生で50%
大学生の80%の大勢の子供達が虫歯になっています。
言うに及ばず、大人の90%以上も虫歯で、特に35歳以上は99%の大人が虫歯で、
日本国中が虫歯だらけで、評価通り口の中が汚い人が多いことを裏付けています。
虫歯を予防しようとする考えは、この国にはないのかも知れません。

 

 

この国には、歯周病を予防しようとする考えもない。

歯周病の目安となる、4mm以上の歯周ポケット(歯と歯肉の境目にある隙間)を持つ人は、25~34歳では30%以上で、5年前の2倍になり、35~44歳以上では50%近くが歯周病で増え続けています。

歯周病は骨や歯肉が壊され、歯が骨から抜け落ちる病気です。
歯周病の初期は「歯肉炎」と呼ばれ、歯と歯肉の境目が赤く腫れ、
触れただけで出血し、さらに進行すると「歯周炎」と呼ばれ、
歯と歯肉の隙間が深くなり、歯周ポケットが形成されていきます。
歯周病菌がこのポケットに侵入し、根の先が破壊され抜歯に至ります。

2014年(平成26年)「歯肉炎及び歯周疾患」の総患者数は331万5,000で、
前回より65万人増加し、男性137万3,000人、女性194万2,000人で女性の方が多いようです。(厚生労働省3年ごと実施「患者調査」)

歯周病を予防できる歯医者はどこにいるのでしょうか?

 

 

削る、詰める、抜くからは、総入れ歯しか見えない。

いつ、歯医者に行っても、「削る、詰める、抜く」だけの処置が、
口の中が汚いままの状態で治療することから、
虫歯を治しても、また虫歯をつくり、最後に総入れ歯に誘導されてしまいます。

 

厚生労働省2016年(平成28年)の「歯科疾患実態調査」では、
80歳になっても自分の歯が20本以上ある8020(はちまるにいまる)
達成した人の割合は、前回の40.2%から51.2%に増加しています。

歯と歯肉の境目の歯周ポケットが4mm以上ある人は、
全ての年代で悪化し続けており、確実に歯周病の予備軍が増えており、
一般庶民は総入れ歯、富裕層はインプラントへまっしぐらです。


「予防医療」を実践できる歯医者だけが、総入れ歯を回避できる可能性があります。

 

 

生ごみを排除しないかぎり、虫歯も歯周病も予防できない。

毎日1回歯を磨く人は95.3%、1日2回以上歯を磨く人は77.0%(2016年平成28年)。

それだけ歯磨きが好きな日本人が、虫歯になり歯周病になり総入れ歯になります。

 

歯を削り銀歯をつめてもまた痛くなり同じ歯医者にいきます。

また、同じ歯医者に・・・

毎日歯を磨いていても、歯のすき間の食べカスかすがある以上、
削っても、詰めても、総入れ歯になるのを待つだけです

口の中をキレイにしながら、治療を受けなければ永遠に治療は続きます。

口の中をキレイに指導できる歯医者だけが、虫歯を予防できます!

こんな歯医者に行ってはダメ!患者の無知が総入れ歯にする。

なぜでしょうか? 「10の疑問」

➀ 痛くなったら、また同じ歯医者に行くのはなぜ?

② 歯磨きの回数や時間を聞かない医者に行くのはなぜ?

③ 歯間ブラシやデンタルフロスの使用を聞かない医者に行くのはなぜ?

④ だ液の検査をしない医者に行くのはなぜ?

⑤ 歯磨きの磨き残しを検査しない医者に行くのはなぜ?

⑥ 歯周ポケットを検査しない医者に行くのはなぜ?

⑦ 歯のぐらつきを検査しない医者に行くのはなぜ?

⑧ 歯のレントゲンを撮らない医者に行くのはなぜ?

⑨ 口の中の写真を撮らない医者に行くのはなぜ?

⑩ 顕微鏡を使わないで治療する医者に行くのはなぜ?

 

 

質問(問診)が短い医者は、患者にとって有益ではない。

麻酔や抗生物質のアレルギー、服用中の薬や既往歴など、
患者のリスクを回避するためには、様々な質問が必要です。

医療事故の回避、医療訴訟の回避など、患者だけでなく、
医者にとっても、患者の日常行動を把握することは大事です。
本当に有益な情報は、アンケート調査ではなく本人に直接聞きます。

歯磨きの回数や時間、歯磨き粉の種類、
歯間ブラシやデンタルフロスの使用頻度など、
患者がどのように歯の手入れを日常的に行っているか?

患者の日々のケアについての質問は特に重要です。

患者と向き合って話さない医者は貴方にとって有益ではありません。

 

 

だ液検査は、虫歯を予防する力を判定。+具体的な処置。

だ液検査(サリバテスト)は、う蝕(虫歯)や歯周病のリスクを、
唾液の性質と量を測って判定する検査方法です。

だ液検査は保険適用外のため、患者の自己負担になり、
概ね3,000円(税別)が一般的な金額です。

 

唾液は口の中の菌を除去する抗菌作用があり、
唾液が多いほど虫歯になりにくいと言われています。

唾液の質や量の測定は、口の中の自浄作用の強さ、
虫歯への危険度を判定します。

唾液は多いほうがよく、
汚れや臭いを洗い流し口臭予防の力を強く発揮します。

 

具体的処置は、テスト用ガムを噛みながら唾液を5分間に渡って集めます。

正常な唾液量は4~5mlです。

その場で行う検査としては、
検査用紙に唾液をつけ、色による変化で、
酸性に傾いた口の中を、中性に戻す力が強いかどうかを判定します。

1週間後にミュータンス菌とラクトパラチス菌の培養結果から、
虫歯のリスクを総合判定し、
口の中の虫歯への抵抗力を判定、
ようやく、治療とケアがスタートします。

一見すると大変面倒なことのように、思う人がいると思いますが、
われわれ患者にとっては、大変有益なステップだと確信します。

 

 

口腔内写真とレントゲン検査で早期発見・早期治療。

見える部分を口腔内写真検査で行い、
骨などの見えない部分をレントゲン検査で行います。

歯は、顎(あご)の骨の中に根元が埋まり、
歯肉がかぶさっているので、レントゲンでの確認が大変有益です。

痛みがなく静かに進行する歯周病は、
「沈黙の病気」と呼ばれ、早く正確に把握することが、
患者にとって大事です。

 

 

プロービング検査で歯周ポケットの深さを判定。

プローブという針のような器材を歯周ポケットに入れて、
歯周ポケットの深さを測定する検査です。

健康な状態では1~2mmの深さですが、重度歯周炎だと10mm以上になります。

プロービング検査は、出血の確認や根分岐部の検査も合わせて行います。

プロービング検査は、検査する人によってばらつきがありますが、
定期的に検査することで、歯周病の進展度を判断する大事な検査です。

 

 

動揺度検査で歯周病を判定。

ピンセット状の器具で歯の動揺度(ぐらつき)をチェックする検査です。

歯周病が進行すると、ぐらつは大きくなります。
動揺度は健康な方から、0度から3度の4段階です。

前後左右に2mm以上動き、かつ上下にもグラグラと動く場合は、
「3度(高度)」になります。
歯周病の進展度を判断する大事な検査です。

 

 

同じ歯医者に行き続ける理由。

痛みが取れてもまた痛くなる。
一度治療したら二度と行きたくないのに、また行かざるを得ない。

治療が終わったら徹底的に予防方法を指導して欲しいが、
医者の事情もありそれもかなわない。

どの医者が良いか悪いのか?ネットの口コミは、
接客の視点ばかりで当てにならない。

予防のための医療技術を、ネット上で期待する方が所詮無理なこと。

不治の病なら兎も角、虫歯や歯周病に探し回るエネルギーはない。
だからこそ、患者も医者も何の疑問ももたず。同じことを繰り返す。

信頼できる歯医者に出会うことは、一生の宝物をえること。
時間と労力を駆使して、宝探ししませんか!