「土下座して謝れ」 は強要罪5段階で懲役3年

 

 

強要罪とは


暴行や脅迫で相手に義務のないことを強要する犯罪です。

2013年、衣料販売店の店員が土下座させられ、Twitterに投稿した女性が、強要罪の疑いで逮捕された事件がありました。

 

土下座という稀な(まれな)行為は普段目にしませんが、陰湿な言葉で相手を貶め(おとしめ)優越感に浸る行為は、気付かないだけで身近に存在すると思いました。

 

平成27年警察庁の犯罪統計白書

相対的に犯罪率は減少しているものの、脅迫罪(強要罪を含む)は、10年前の1.6倍60歳以上は2.2倍でした。

犯人の職業は、無職が最も多くサラリーマン、年金受給者と続きました。単独犯で憤怒(ふんど:激しい怒り)が犯行動機で、大多数は住宅内で起こり、道路上、事務所、駐車場、学校・幼稚園、飲食店、病医院、公園で発生しています。

 

強要罪:刑法223条

「生命・身体・自由・名誉・財産に対し害を加えることを告げ、脅迫・暴行を行い義務のなことをさせ権利行使を妨害した者」は3年以下の懲役、未遂罪も3年以下の同罪。

 

強要罪 事例1

土下座して謝らないと(義務が無いこと)
本社に言うぞ(名誉に害を加えると脅す)

強要罪 事例2

胸ぐらをつかまれて(自由を害する暴行)
ハンコを押させる(義務がなく権利の侵害を行う)

強要罪 事例3

土下座して謝らないと(義務が無いこと)
店のミスをネットで流すぞ(名誉に害を加えると脅す)

 

 

犯罪統計白書 高齢者の増加

時間と暇をもてあそぶ無職の年金受給者の犯罪が際立っていました。

自分だったらこうするのに、こんなことも出来ないのか。俺だったらこう考えるのに、そんなことも知らないのか。

最初は穏やかな会話でも、次第にエスカレートして豹変する高齢者が増えているように思いました。

 

警察へ通報するまでの5段階

「土下座して謝れ」を、強要罪、脅迫罪、不退去罪、威力業務妨害罪を想定して、警察へ通報するまでの5段階を描写しました。

土下座表紙

クレーム対応第1段階【依頼】

土下座は出来ません。と否定し、静かにするよう通告します。

土下座❶

クレーム対応第2段階【注意】


再度土下座を否定し、再度静かにするよう通告します。

土下座❷

クレーム対応第3段階【警告】

業務に支障がでることを警告します。

土下座❸

クレーム対応第4段階【通報予告】


お引取りください。と伝え、さらに居座り続けた場合は警察を呼ぶと通告します。「不退去罪刑法130条3年以下の懲役又は10万円以下の罰金」を念頭におき通告します。

土下座❹

クレーム対応第5段階【通報】


過激な言動や態度が続く場合警察に通報します。

「脅迫罪、刑法222条2年以下の懲役又は30万円以下の罰金」
を念頭におき通報します。

静止しても大きな声で威嚇し、暴行脅迫行為で、人の意思を制圧するような行為があれば、「威力業務妨害罪、刑法234条3年以下の懲役または50万円以下の罰金」に問われる可能性もあります。

土下座❺

 

「土下座して謝れ」については
援川聡『クレーム対応の教科書』を参考にしました。

以上が犯罪成立の指標になります。
その対応記録は時系列で文書化して保管しましょう。

 

高齢化が急速に進む現代社会では思わぬ出来事が増えています。普段の近所付き合いを含め、駐在所の警察官などと面識をつくり、関係を深めておくの良いと思いました。

またそれ以上に、火災保険や地震保険と同じように、安心安全のため弁護士と顧問契約を結び危機管理を充実すべきだと思いました。

弁護士の顧問料 

一般的には月額3万から10万の範囲だと思われますが、以前世話になった岡山の某弁護士事務所は大手の事務所でしたが月額1万円でした。大阪の某弁護士事務所は1人でやっている事務所でしたが月額5万円でした。何れの事務所も電話でも、面談でも、いつでも気軽に無料で相談にのってくれました。

そもそも顧問弁護士は、法律に関するアドバイザーですので、売り上げや利益を上げることに直接効果はありませんが、商売を大きくしていく場合など、法律上の問題点を事前に回避し安全に且つ安心して前に進む手助けをしてくれると思います。

また、日々の商売の中で客とのトラブルや、従業員との何らかの行き違いがトラブルに発展した場合なども、適切な対応策をアドバイスしてくれると思います。

見つからないからいい。誰にも分からないからいい。という独りよがりの理屈は長く続きません。あとで事件として発覚し、訴訟を受けた場合など、会社及び個人の財産まで根こそぎ無くなってしまう恐れがあります。

あらゆるトラブルが原因で売り上げや利益を落とす危機を回避してくれる可能性を顧問弁護士は担っています。法令順守は身を守る最良のツールでもあります。思い切って一度相談してみてはどうでしょうか。相性が合わなければ別の弁護士を探せばいいだけです。とにかく本業を頑張ってやっていきましょう。

ゆとりある老後はお金を使うこと

 

ゆとりある老後の金額

ゆとりある老後には、1億2600万円が必要とのデータがありました。しかし、将来、受け取る年金の総額は7920万円で、4680万円の不足です。

支出を抑えるか。収入を増やすか。

わが家の老後、30年の収支計画を作成することが、老後に向けて、まずやるべきことだと思いました!

やっと退職したんだ。ずーっと働いてきて、まだ先のことを考えるのはもういい。もう、ここまで来てバタバタしてもしょうがない。なるようになればいいんだぁ。だから、何もしないでジッーーとしていればいいんだ。と思っている人もいると思います。

しかし、イヤっ!というほどの時間があります。

今日行と今日用

 

丸1日行くところもなく、何の用事もない人生。だから今日行く(きょういく)と今日用(きょうよう)が必要だと言われています。
まったく余計なお世話です。
そう言いながらも
お迎えを待つだけの人生は余りにも悲し過ぎます。

 

閻魔様ではない

例えば、終活ブログ(日記)を作成して、仕事のこと、家族のこと、社会のこと、自分の理念や生き方など、今まで生きてきた証しと反省を込めて書き残してみてはどうでしょうか!

人は亡くなってから、天国に行くか、地獄に行くかは自分で決めるそうです。閻魔様が決めるわけではないようです。自分が生きた一生を、目の前に映る動画を見て、自分の判断で天国に行ったり、地獄に行ったりするようです。

ですから、退職しただけで、人生が終わったように思うのはまだ早いです。退職を一つの契機として、自分の一生を振り返って、反省することがあれば残りの人生を修復するために生きなければならないですし、反省することがないのであればもっと人の役に立つことをやるような人生設計をしなければならないわけです。ジッーとしている場合ではありません。

 

バケットリスト

バケットリスト(棺桶リスト)にしたがって、ひとつづつ成し遂げていくことも大いに価値があります。人の世話になることで、人への感謝の気持ちが、人を幸せにするかも知れません。持って還ることが出来ないお金を使うことで大勢の人に幸せをもたら酢かも知れません。自分が行動することで、大勢の人達に貢献出来ると思います。

行動することで、ヒマで金のあるヤツはいいよなーーとか。ねたみも一杯あるでしょう。

それでも、そういう生き方もあるんだぁ!・・・と励みに思い。頑張ろうとする人もたくさん出てきます。

 

それらをすべてインターネットで公開し懺悔してみてはどうでしょうか。それで、広告収入が入ってきたらラッキーです。

 

ゆとりある老後の金額の計算

・1億2600万円=35万円×12か月×30年
(ゆとりある老後の生活)

・7920万円=22万円×12か月×30年
(現実のねんきん生活者)

・420万円=35万円×12か月
(ゆとり生活者の1年間)

・264万円=22万円×12か月
(現実の年金生活1年間)

・4680万円=420万円-264万×30年
 (ゆとり生活者の不足額)

1年間で156万円(=420万円-264万円)
(1年間でかせぐ副収入)

1か月で13万円(=156万円÷12か月)
(1か月間で稼ぐ副収入)

 

ゆとりある老後の13万円は、一体何に使うんだろうか?と疑問がわきますが、統計的に交際費や旅行費のようです。

ジッーーとしていれば必要のないお金ですが、有り余る時間を、ブログ作家になって稼ぐのはどうでしょうか。

 

ながら生活が生き甲斐

バケットリストの夢が膨らみました。私の夢は、遊びながら、仕事しながら、「ながら生活」を死ぬまで続けることでした。

 

・陶器市を巡りながら

・F1モナコグランプリを観戦しながら

・豪華客船に乗りながら

・ミシュラン店を食べ歩きながら

・オーロラを見ながら

・日本秘湯の175軒の温泉につかりながら

・山道をオープンカーで走りながら

・ハーブ農園を耕しながら

・庭でバーベキューしながら

 

色々な経験のなかで、見たこと、聞いたこと、思ったことをブログにアップしながら、趣味と実益を兼ねた生き方が夢でした。

 

13万円の収入は、どれだけ年をとっても、時間や体力に影響されず、いつでも、どこでも安定して継続的に収入を得る仕組み作りの下で達成されなければなりません

 

土地もない、アパートもない、証券投資信託もない、不動産投資信託もない、ナイナイづくしに出来ることは、終活の経過と棺桶リストの体験談をインターネットに公開し報酬を得ることが、老後の資産形成に最適だと思いました。

 

株式の累積投資で高配当の株式購入、ブログライターで依頼された記事を書く、Youtubeにアップロードするなどなど他にも一杯あります。

いつでもどこでも仕事ができる環境は整っています。

 

最後に

ゆとりある老後とは、ただ銀行にお金があるだけの人生でありません。いつ死ぬか分からないと言って、備えあれば憂いなしで銀行にお金を残していても何の功徳にもなりません。自分が行動してお金を使うことがゆとりある老後の実践です。行動し続けるなかで還って逝く時期がわかるような気がします。そんなことを心配するより、明日何をするか、何処へ行くか考える方が大事だと思います。