人が一緒に暮らすとお金が増え、携帯料金が下がるとゆとりが増える

一緒に暮らし、共に働くことにゆとりがあった

秋田県は平成10年(1998年)以前、一つの世帯に働いている全員の収入、一世帯当たりの収入が全国7位にランクされていました。一方、個人所得は全国的にみても低い方のランクでしたが、家族全員の収入を合わせることで、上位にランクされ豊かな生活が維持されていました。

それでも、昨今の人口減少により一つの世帯に住む家族の人員が減ったことで、過去の収入が維持できなくなりました。一つの建物に何世帯も同居することで、電気ガスの光熱費や、水道代、住居費などの毎月の固定費が減り、飲食や衣類への旺盛な消費が、宵越しの金はもたない気質を保っていました。

非正規雇用が増えると生活が厳しくなる

秋田において世帯収入が減った原因の一つに、非正規職員が増えたことがあります。さらに、秋田市では配偶者や家族の収入の方が、世帯主の収入より多い傾向にあります。そういった背景から、実際の収入から税金や社会保険料などを差し引いた可処分所得(実際に使えるお金)が増える見込みがないことも現実のようです。

地方ほどクルマとケータイが生活を圧迫

使えるお金が増えない状況は、秋田に限らず地方都市においても同様であり、企業や工場がない産業基盤が弱い自治体では地方経済を衰退させています。さらに、面積が大きい地方都市では、自家用車が不可欠であり、車がないと一切の生活ができない状態にあります。
そのため、収入に対する車の維持費が生活を圧迫し、さらに携帯料金も生活への大きな負担に繋がっています。ケータイ料金の値下げは、年間数十万円単位で生活費に還元される施策です。

スマホ会社の言いなりは、一生涯の損

厚労省平成30年(2018年)の所得調査では、平成29年1月1日から12月31日までの、1年間の所得、2017年の1世帯当たりにおいて、全世帯の平均所得は551万6千円でした。100~200万円未満及び200~300万円未満が13.7%、300~400 万円未満が13.6%、中央値は423万円でしたが、平均所得金額以下は62.4%もありました。

野村総合研究所の2018年の携帯料金の調査では、実際の支払額は毎月8,764円でした。
早急に、自分の収入と生活に見合った料金プランに見直し格安スマホを選択すべきです。

店舗に相談に行くのも面倒、行っても会話が通じない不安を予測し、結局、携帯業者のお勧めプランに誘導され、ムダなお金を使い続けています。
インターネットを始めSNSの基本的な知識がないことが、携帯会社の言いなりになっているようですが、聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥ではなく一生涯の損です。無駄を承知で携帯会社に貢献するのはもったいないです。

収入が少ないとスマホで生活が破綻

「あきた経済2020.5」によると、家計収支について秋田市と全国を比較すると両者に大きな差はみられず、秋田市もまた「平均的な都市」のようです。一方、秋田市全国ともに実収入に占める非消費支出の割合は増え、可処分所得の割合は低下傾向にあるようです。

秋田市も全国も、消費支出に占める割合が高いのは、❶食料、❷交通通信、❸教養娯楽、❹被服及び履物、❺光熱・水道です。

「食料」は、秋田市、全国とも20~24%の範囲で推移し近年は上昇傾向。

「交通通信」は、自動車関係費と通信(携帯料金)の支出金額が大きい。特に、秋田市では令和元年の割合が平成元年の2倍以上となり、全国でも1.5倍以上となった。平成以降「クルマ」と「ケータイ」の支出が急増

「教養娯楽」は、秋田市、全国とも9~10%で大きな変動はみられない。

「被服及び履物」は、秋田市では令和元年の割合が平成元年の6.7%から3.5%に低下、全国も大きく低下した。

「光熱・水道」は、秋田市、全国とも緩やかな上昇が続いていたが、近年はやや減少。

管総理出身の秋田、日々の生活に定着した携帯やスマホの便利さは、収入の大小に関わらず、これからも生活に欠かせない生活の必需品です。
しかしながら、携帯料金を仮に、1人年間10万円としたら2人で年間20万円、年収200万円の収入だと10%、年収1000万の収入がある人にとってはわずか2%でしかなく、収入の少ない人にとっては生活破綻の原因になります。
秋田に限らず全国どこでも同じ状況を、新総理が秋田から改革実行します。

6年目の3Gのガラケー、そろそろ限界かも

わが家はガラケーが2台1人月1,700円で2人で年間40,800円のケータイ料金です。携帯はインターネット無し、メールはショートメール、通話は月2,000円までの無料プラン付です。

家の外で歩きながら、インターネットを使うことがないと思いガラケーのままです。
それでも、旅行に出る場合は不便を感じることが多く、Wi-Fiが使えるホテルやスタバを探しパソコンが持ち込んでやっと使える状態です。
FacebookのMessengerを使っての子供とのやり取りも、Wi-Fiがないと出来ず、テレビ電話も写真も、PDFも何も使うことが出来ません。今後、QRコードしか使えない店が増えてくると全くの原始人です。
電気自動運転で自動運転ができる時がきたら、スマホに買い換えようと思っていましたが、6年目の3Gのガラケー、そろそろ限界に近づいてきたようです。