ざっくり京都岩船寺は磨崖仏が多い歴史遺産の寺だった2021

岩船寺は古くから浄土信仰の霊地

岩船寺がある京都府木津川東南部の加茂町当尾(とうの)は、古くから浄土信仰の霊地であった。

岩船寺は、釈迦が生きていた時代の教えを伝える真言律宗(しんごんりっしゅう)の寺院である。

寺院の称号でもある山号は、高雄山(こうゆうざん)といい、院号は報恩院(ほうおんいん)という。

岩船寺は、鎌倉から江戸末期まで興福寺一条院の末寺であったが、

明治14年に真言律宗西大寺の末寺となり現在に至る。

岩船寺の最盛期には、東西16町(約16km)南北16町の広大な境内に、

39もの僧侶が暮らす坊舎(ぼうしゃ)があった。

全ての生きるものを救う阿弥陀如来が本尊で、民衆へ仏教を直接布教した行基(ぎょうき)が

開山である。アジサイの名所としても知られている。

九体阿弥陀仏で知られる浄瑠璃寺から数キロ近くに岩船寺はある。

当地は奈良の興福寺や東大寺にいた高僧や修行僧が俗世間をのがれて静かに暮らしていた。

今でも岸壁に掘られた磨崖仏や地蔵石仏等が残されており石仏の里とも呼ばれており、

古くは「小田原」と呼ばれ、仏教文化が花開いたところと言われている。

阿弥陀如来坐像は重要文化財で、重量感ある丈六(じょうろく):一丈六尺(約4.85mdの坐像である。

禅にはいるため両手の手のひらを上にして、膝の上で上下に重ね合わせた印である、

定印(じょういん)を結び、両脚を組んで結跏趺坐(けっかふざ)で座り、

肉身には漆箔を施し、衣には朱の彩色が残っている。

岩船寺周辺の古道の石仏は歴史遺産

岩船寺から浄瑠璃寺までの古道には、鎌倉時代から室町時代にかけて造られた、

自然石に刻まれた磨崖仏(まがいぶつ)が多く遺されている。

この石仏群を含む当尾(とうの)地区は「美しい日本の歴史的風土百選」に選ばれている。

岩船寺 〒619-1133京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43  TEL 0774-76-3390

京都浄瑠璃寺は清寂と清浄に包まれた上品な寺だった2021

浄瑠璃寺は釈迦が生きた時代の根本仏教のお寺

京都の南の方にある奈良県との県境にある「浄瑠璃寺(じょうるりじ)」は、

仏の真実の言葉、真言(しんごん)の教えからくる、

片寄らない心の在り方「中道(ちゅうどう)」と、

正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定の

「八正道(はっしょうどう)と、

迷いのこの世は一切が苦である「苦諦(くたい)」

苦の原因の煩悩・妄執である「集諦(じったい)」

執着を断つことが苦しみを無くす「滅諦(めったい)」

八正道の実践が悟りに至る「道諦(どうたい)」の4つの心理、

四諦(したい)」について、釈迦が生きた時代の教えを継ぐお寺だった。

浄瑠璃寺の名前の由来は、青色の天空に星がきらめき夜明け前の東の空から連想する

澄み切った清寂と清浄の世界からくる

金・銀・瑠璃・玻瓈・硨磲・赤珠・碼碯の七宝の一つ、

瑠璃(るり)=ラピスラズリ石からきている。

浄瑠璃寺は、京都木津川市の「当尾(とうの)の里」にあり、

当尾の里は古くは「小田原」と呼ばれ、山号で小田原山といい「小田原別所」と言われ、

平安時代後期興福寺の僧が、修行を行ったことから興福寺の小田原別所と呼ばれていた。

創建時のご本尊が薬師仏(やくしぼとけ)であったことから、

正式名称の「薬師瑠璃光如来」は、瑠璃という宝石のサファイヤからなる大地に住み、

住まいは、金・銀・瑠璃(るり)・蝦蛄(しゃこ)・瑪瑙(めのう)・真珠・玖瑰(まいえ・まいかい)」の7つの宝物から造られた、清らかで透き通った七宝(しっぽう)造りでした。

眼・耳・鼻・舌・身・意に惑わされず、病も、苦しみも無い、何の不足も無い、

清らかで幸せに満ちた浄瑠璃世界から、浄瑠璃寺の名前が付けられている。

浄瑠璃寺は国宝九体阿弥陀仏を有する九体寺(くたいじ)

世情不安の平安時代末期、極楽浄土信仰が高まり、

30か所程の九体阿弥陀堂が建立されたが、現存しているのは浄瑠璃寺だけである。

阿弥陀像は、中央に坐像の中尊を配置し、両脇に四躯ずつ等身大の阿弥陀像を配置、

木造漆箔の高さは、中尊が224.2cm 両脇8体が138.8~145.5cmあり常時拝観できる。

阿弥陀像はこの世での修行を終えた者が、還って逝く極楽浄土を9つに分け表した。

上品(じようぼん)中品(ちゆうぼん)下品(げぼん)に分かれ、

さらにそれぞれ、上生(じようしよう)・中生(ちゆうしよう)・下生(げしよう)と、

九品(くほん)に分けられ9体の仏像に表現された。

上品上生、上品中生、上品下生、中品上生、中品上生、中品下生は生前善業を成した人、

下品上生、下品中生、下品下生は、生前に見勝手な生活で悪行を成した人と表現される。

現在、使われている上品(じょうひん)下品(げひん)はここからきている。

浄瑠璃寺は薬師如来像を本尊とする九体寺(くたいじ)

薬師如来は、正式に「薬師瑠璃光如来」と言われている。

人々の病気や苦しみを救う如来で、当時大衆の信仰を集めたのが薬師如来とされている。

聖徳太子が父用明天皇の病気平癒を願って薬師像を造ったりした。

天台宗の本尊は釈迦如来、真言宗の本尊は大日如来であるものの、

比叡山の根本中堂、高野山金剛峯寺金堂は薬師を本尊としている。

薬師如来は、右手の5本の指をそろえて伸ばし、手のひらを前に向け、

肩の辺に上げる施無畏印(せむいいん)とて手をあげ、

人々をおだやかに、なぐさめいたわる慰撫(いぶ)の姿勢を表わし、

左手には、薬壷を持っている姿が多いようである。

ざっくり不動産登記とは何か?個人でやる贈与登記の書類と手順2021

不動産登記のタイミング

不動産の所有者、所在地、種類、面積、構造、権利を登記簿に公開することで、

悪意で書類を偽造他人に売却する危険を回避、自分の財産を守るための制度。

不動産登記は不動産を購入相続新築で取得したとき登記内容の変更がある場合に必要。

不動産を取得した場合、所有権が移ったことを示す「所有権の移転登記」が必要。

建物を新築した場合、表題部を新しくつくる「建物の表題登記」と、

権利部の甲区欄を新しくつくる所有権を初めて登記する「所有権の保存登記」が必要。

・住所変更や結婚等で姓が変わったとき登記名義人の「住所・氏名の変更登記」が必要。

・相続が発生したときに不動産を相続した人が「所有権の移転登記」が必要。

・住宅ローンを払い終わった後に「抵当権の抹消登記」が必要。

・建物を取り壊したときに「建物の滅失登記」が必要。

❶登記簿謄本(登記事項証明書)には、1筆の土地、一つの建物ごとに一つ作成

「表題部」と「権利部(甲区)」、「権利部(乙区)」の三つに分かれている。

❷土地の所在・地番、地目(宅地、畑、雑種地など)、地積(面積)、登記の日付

建物の所在、家屋番号、建物の種類(居宅、店舗、事務所など)、

構造(木造、鉄骨造など)、床面積、登記の日付などが「表題部」。

建物の表題登記は、新築の場合は完成後1カ月以内、未登記建物の購入は、

所有権を取得した日から1カ月以内に申請が必要、申請を怠ったとき10万円以下の罰金。

❸権利部(甲区)は、所有者の住所や氏名、不動産を取得した日付や売買相続が記載

権利部(乙区)には、抵当権や地上権、地役権など所有権以外の権利に関する情報が記載。

登記は公法上の義務ではないが、第三者に不動産の所有権を主張出来ず、

金融機関の融資に制限がかかり売買や賃貸が出来ない。

❹登記をしていなくても、固定資産税は発生

不動産登記にかかる費用

❶表題部登記を個人で行う場合、書類集めにかかる費用や交通費のみ

専門業者に依頼した場合、表題部登記の報酬額は15万円前後が相場。

司法書士の目安

・所有権移転登記 相続6万円~8万円

・所有権移転登記 売買4.5万円~6.5円

・所有権保存登記 2万円~3万円

・抵当権抹消登記 1.5万円~2万円

・住所・氏名の変更登記 1.2万円

土地家屋調査士の目安

・建物表題登記 8万円

❷未登記不動産の権利部登記は基本的に「所有権保存登記」を行う

所有権保存登記は、固定資産評価額×0.4%の登録免許税が必要。

所有権保存登記を司法書士に依頼する場合、報酬額の相場は2万円。

表題部登記は土地家屋調査士、権利部登記は司法書士の職域。

個人で行う所有権移転登記の書類と手順

❶登記簿謄本を取得

・登記簿謄本(登記事項証明書)は法務局及びインターネットで取得可。

・インターネットは「登記情報提供サービス」サイトに事前登録とクレジットカード登録が必要。

・土地は「地番」、家屋・建物は「家屋番号」を把握、地番は住所と異なるので要注意。

・地番・家屋番号は、固定資産税納税通知書、登記済権利証と法務局で住所から地番検索でも可。

・名義上の住所が現住所と異なる場合、所有権移転登記申請前に住所変更登記が必要。

・結婚離婚等により氏名に変更がある場合も同様に氏名変更登記が必要。

❷収集する書類

・贈与者は登記済権利証(登記識別情報通知)と印鑑証明書3か月以内、受贈者は住民票。

・固定資産評価証明書(名義変更をする年度のもの)

❸書類を作成

・贈与があったことを証明する「贈与契約書」登記原因証明情報を作成。

・贈与契約書はいつ、誰が、誰に、何を、贈与したかを贈与者と受贈者双方が署名押印した書類。

❹贈与者と受贈者が贈与契約書等に署名押印

・贈与契約書に贈与者・受贈者の双方において署名押印。

・実印で行う方が望ましく贈与者の印鑑証明書が必要。

❺法務局への申請(贈与登記申請)

・登記申請書は不動産登記を申請する際に必要。

・法務局に見本があり、基本的には申請者が作成。

・登記申請には登録免許税の納付が必要。

・一般的には収入印紙で納める。

・収入印紙は法務局や郵便局で購入。

・不動産の固定資産評価額の2%が登録免許税。

・固定資産評価証明書記載の評価額より算出。

・1,000万円の不動産であれば20万円が税金。

・申請書にも登録免許税額の記載が必要。