ペンション経営は断念してもチャレンジに何一つ無駄は無かった!2021

入社してから数年後、ペンション経営に心惹かれた時期がありました。

サラリーマン生活を続けながら、安定した収入を確保しつつ、

宿泊業を営む生活スタイルが、将来設計の一つに思えたからです。

今では働き方改革で、仕事の掛け持ちを認める企業が増えてきましたが、

「二足の草鞋を履く」二刀流は、いつの時代にもハードルは高いようです。

結果的にペンションは断念しましたが、チャレンジに何一つ無駄が無いこともまた実感でした。

子供のころ父親が勤めていた大平洋金属の箱根の保養所や池の平保養所での、

親身な持て成しにサービス業に従事する人達の温かさが心に残っていました。

学生時代には修学旅行生向けのホテルや旅館でバイトした思い出や、

夏休み白樺湖のホテルや、冬休み極楽坂スキー場での泊り込みのバイトなど、

宿泊業の楽しさ厳しさを分かっていたつもりでしたが現実は想像を超えていました。

昭和53年入社して間もない頃、出張で奥能登ペンションに泊まった時からの事でした。

急にペンション経営に魅せられ、ペンションオーナーになりたいと思い始めました。

❶宿泊業はどこも稼働率が上がらず、理想を失いかけ挫折しかけている経営者が多い。

❷この業界で働く人は、日々仕事に追われ、休む間もなく仕事に追われ生活している。

❸売上規模に見合った設備投資しかできず、老朽化を十分に防ぐことが出来ない。

❹儲かればいい人を雇えるが、所定の賃金で働く人を探すことは困難。

❺商売の辞め時を判断出来ず、借金が抱え日々漫然と暮らしている経営者が多い。

❻長時間労働のストレスが、サービスの低下を招いていることに気付かなくなる。

❼いつでも辞めることができ、何時でも清算出来る経営が理想的だ。

様々な宿泊業の実情を聞かされるたび、20代の若者は宿泊業の厳しさを知ると同時に、

それらの問題点をクリアすれば将来性があるビジネスだと思うようになりました。

奥能登ペンションはこれらの様々な問題を克服し、現在に至っていることに、

オーナーの人間性や経営手腕に、いつの間にか引き寄せられました。

しかしながら、ホテルや旅館が、人の労働力で成り立つ装置産業であり、

24時間365日待ち受け商売である本当の厳しさを分かっていませんでした。

一方で、経営者に類まれなる知識と知恵が備われば、成功させることが出来ると考え、

自分の力量を重ねることで、よりペンションに心酔し将来設計を夢見るようになりました。

奥能登ペンションのオーナーは、自らの目標として、

テーマパークのような付帯設備を備えたペンションヴィレッジを夢見ていました。

ペンションの宿泊客であれば、いつでも利用できる複合施設を造ることでした。

その為には現在のペンションの後継者探しが最初の関門だったように想像します。

幸いにペンションに惹かれた若者の存在は、

後継者候補として絶好のタイミングで現れたのかも知れません。

言い換えれば、まさに飛んで火にいる夏の虫が私だったかも・・・ですね。

現在の宿泊施設は、旅行代理店だけに頼らず、宿泊予約サイトとの契約や、

自社のホームページでの予約を構築するのが一般的です。

また、現金以外のクレジットカード決済やスマホ決済なども、

多様化する客のニーズに答える必要があり、

時代にニーズを一歩先んじた知識と設備投資が必要になってきています。

当然ながら、部屋にはWi-Fiがあり外国語の対応も求められています。

今なお様々な課題を克服し、宿泊施設が運営されていますが、

ペンション経営は結果的に断念しましたが、

事前に何を想定するか、どれだけ万全に準備をするか、結果から何を考えるか、

次の一手をどういう戦略でやるか等々、一般社会でも通用するスキルを学びました。

医薬品メーカーでの勤務を通じて、

患者が、病院というホスピタル(hospital)に行き、病気を治すことも、

旅行客が、宿泊するホテル(hotel)で、寝食で体調を回復することも、

健康と癒しを求めていく目的は同じ方向性なのだと思いました。

装置産業の事業は、事前に人・物・金に多額の投資と膨大なリスクが伴いますが、

個人が自らの収入で自己投資する範囲にリスクは無くベネフィットしか存在しません。

知識を肥やし実践することで最小の投資で最大の効果が得られると思いました。

ペンションをやりたい!そのため、見習いで奥能登ペンションに就職したいと、

昭和53年(1978年)入社から数年の世間知らずの子供は親兄弟に相談しました。

両親は「折角、兄の世話で入社できた会社を辞めてまで・・」と押し留めましたが、

6歳年上の兄は、全面的に支援すると心底応援してくれました。

上司にも相談し親身な慰留にペンションへの道は断念しましたが、

偉大な兄の存在が道を見誤ることなく最後までたどり着けたことに感謝しかありません。

会社勤めしながら副業や起業することは、今でも素晴らしいことだと思っています。

入社して20年後に、医業経営コンサルタントの資格を取り転職の機会を狙いました。

試験会場でバッタリ同僚に出くわし、思わず2人顔を見合わせたことを思い出しますが、

まさに、それが退職までの20年を反映と幸福をもたらして出会いになりました。

医業経営のコンサルタント業務は、厚労省などからの通知や指示に対して、

医療の現場へ医療サービスを適格に反映させ病院経営を安定させる業務ですが、

ホテルや旅館と装置産業のサービス業に変わりなく、

奥能登ペンションで学んだ経験はコンサルタント業務にも大いに役立ちました。

お金の使い方は千差万別ですが、病気治療のためにホスピタルで消費するのではなく、

出来れば健康な内から、心と身体に感謝する気持ちで、ホテルや旅館において、

リフレッシュするために、お金を使う生き方がベストだと考えるようになりました。

もっともっと自分の身体を労わる覚悟が必要だと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です