子供の綺麗な歯並びは親の責任で行う最初の教育であり投資です2021

子供が生まれたら、この子には将来何をさせようか、話題につきませんが

もし、その時、おじいちゃんや、おばあちゃんが援助を申し出たら、

子供の歯並びをよくする矯正費用のおねだりをしましょう。

子供に使う最初のお金は、一生の財産になる綺麗な歯をつくってあげることです

綺麗な歯並びは、好印象を演出する一生の財産です。

床矯正(しょうきょうせい)とは、

取り外しができる床矯正装置を使って、歯を抜かずに歯列を整える矯正方法です。

1日8時間以上の装置を装着することが目安です。

装置は、取り外しができるので、普通に食事ができ食事のあとも普通に歯磨きができます。

床矯正は、6歳〜11歳位の子どもの成長期に合わせ、少しずつ歯列の幅を広げ自然な歯列に出来ます。

床矯正は出来るだけ子どもの内に、あらかじめ歯を並べるスペースを確保するために行われる治療方法です。

子どもの頃に早期に床矯正治療をすることで、将来的に重大な治療を回避できる可能性があります。

歯は歯槽骨(しそうこつ)という骨に埋まっており、顎(あご)自体を広げるものではありません

歯が内側に向いている場合など、歯槽骨も一緒に倒れていることが多いので、床矯正装置を使って歯と一緒に矯正していきます。

デメリットは、

❶装置を自分で装着しないと治療効果が出ないので、装着を忘れないことです。

❷装着により、しゃべりづらくなることがありますが、数日で順応し慣れていきます。

❸歯を歯槽骨の外に追い出すことがあり、歯根が露出し歯の神経が痛めることがあります。

❹前に広げる場合に、出っ歯になり、口元が突出する危険があります。

❺床矯正だけで歯並びが改善出来ない場合、ワイヤーを使った矯正治療を併用することがあります。

❻2週間ほど装着しないと、装置に不具合が発生し、装置の作り直しをすることがあります。

最大の治療効果を発揮するには、顎の骨格の特性を見極める技量と技術が重要です。

床矯正は、保険診療外の治療であるため、費用も含めセカンドオピニオンに、
積極的に相談し、信頼できる医者を選ばなければなりません。

いい歯並びは、口元を美しくし、笑顔を引き立てます。

ワイヤー矯正は、歯の表面にブラケットと呼ばれる矯正装置を装着し、ブラケットにワイヤーを通しワイヤーを引っ張って矯正します。

マウスピースだけの矯正より一般的に短期間に治療が終了します。

笑ったときに金属製のブラケットのワイヤーが光りますが、プラスチックやセラミックを使用した白や透明色のブラケットにワイヤーを装着することで、目立たない違和感のない矯正ができます。

いい歯並びは、劣等感がなくし素敵な笑顔になります。笑顔に自信をもつことで表情筋の動きがよくなりアンチエイジング効果も期待できます。

デメリットは、

❶口を開けたとき、歯の矯正中だということが知られてしまいます。

❷矯正中、歯が磨きにくくなり、定期的に歯のクリーニングを行うことお勧めします。

❸矯正装置に舌が接触し口内炎ができることがありますが、数日から数週間で改善します。

❹ガムや餅など粘度がある食べ物は、食べることは気をつけて下さい。

ネギやワカメ、海苔などがブラケットに挟まりやすいので、常に清掃に気を付けて下さい。

❻硬い食べ物も要注意です。

❼金属や陶器の被せ物にワイヤーを通す場合、ブラケットが外れることがあり新たに付け替えることがあります。

❽無理な力を歯にかけることで、歯肉が根尖側(こんせんそく)に退縮し、歯根が露出する歯肉退縮につながることがあります。

❾歯にいろんな方向から力が加わり、歯が揺らされる現象が起き、元々長かった歯根が短くなってしまう歯根吸収が起きることがあります。

よくない歯並びは、歯や口の中だけでなく、身体全体を虫食む可能性があります。

❶歯並びが悪い場所では、磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

❷歯並びが悪いと、口が空いていることが多く、口の中が乾燥し唾液が少なく自浄効果が低くなります。

❸歯並びの悪いと、かみ合わせが上手くできず、咀嚼(そしゃく)が不十分で消化促進が弱くなります。

❹歯並びの悪さが、かみ合わせを悪化させ、顎関節症(がくかんせつしょう)に繋がる可能性があります。

❺歯並びの悪さが、歯ぎしりや、歯のくいしばりを助長し睡眠障害等が発生することがあります。

❻歯並びの悪さが、虫歯や歯周病を引き起し、心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病・誤嚥性肺炎などを誘発する危険性が高くなります。

虫歯や歯周病の回避は、歯並びをキレイにすることが第一歩です。

虫歯がある人は、1993年から2016年までの23年間において、小学生の20%、中学・高校生で50%、大学生の80%が虫歯にかかっています。大人の90%以上が虫歯で、特に35歳以上は99%が虫歯です。

また、歯周ポケットを持つ人は、25~34歳では30%以上、35~44歳以上では50%近くが歯周病で増え続けています。歯肉炎、歯周炎と進行し歯と歯肉の隙間が深くなり、歯周ポケットが形成され、歯周病菌がこのポケットに侵入し、根の先が破壊され抜歯に至ります。

歯は消化器官の一つです。上下の咬み合わせが悪いと、物を噛み砕く機能が低下し、胃、腸への消化器機能への負担が高くなります。

胃は脳のコントロールを受けており、普段の生活のストレスも相まって胃の病気を引き起こす可能性もあります。

また、腸は、咀嚼の低下で便の通過障害が慢性的に引き起こし、腸閉塞、大腸ポリープ、大腸がんに進展する可能性もあります。

規則正しい食生活が健康な生活を送る大事なポイントになります。

整った歯並びは見た目が綺麗なだけででなく、手入れをしながら一生の財産を維持する努力もまた必要です。

見た目の良さこそが、虫歯や歯周炎、歯周病の予防意識を高め、
健康な身体をつくる子供にとっての最初の教育です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です