定年退職前にすること      「墓地の処分」

●お墓は架け橋、信仰心の一片を遺す

二十歳の学生の時に、父が買ってくれた墓地を手放し、夫婦2人は義母名義の三寧坂(さんねいざか)にあるお寺に納骨することにしました。

自分達の遺骨を富山の墓地に納めることは、亡き父や親戚、先祖への報恩になりますが、長女家族に京都から300km離れた富山に墓参りを託すのを心苦しく思いました。

一方、フランスに住む次女にとっては、姉が住む京都と、従妹達が住む富山を墓参りで行くことは、お墓が架け橋なりお墓が果たす役割に期待もありました。

しかしながら、娘たちも嫁いだ先の墓を含め、いくつもの墓の維持管理に金銭的にも、体力的にも負担をかけます。
また、高齢になった子供達も、先々を見据え身仕舞いを始めるときに、
自分たちの親が、どういう信仰心に基づいて、お墓を整理したかを遺したいと思いました。

●さまざまな手続きが人を遠ざけ架け橋を失う。

墓の整理には、墓の解体・撤去・更地費用、遺骨の取り出し費用、新墓地使用料、
開眼魂入れ費用、骨法要費用、改葬手続き費用、納骨供養費用、お布施、
檀家解約費用、埋葬証明書、改葬など、様々な儀式があり、
寺院や解体業者に数十万円から数百万円の支払いが発生します。

令和元年、京都市の某お寺から「墓じまい一式200万」を要求された、
との話を聞きました。
相談者の檀家は、想定外の金額に「放置する」ことを決めたようでした。
架け橋を失った寺は、維持管理が出来ず朽ちざるを得ません。

●坊主丸儲けは、むかしむかしの話し。

日本国内に寺院は7万7000、神社が8万1000の約16万の寺社があるようです。

すでに、住職が不在の寺も1万7000カ寺もあり、建物維持は困難のようです。
繁栄させるには30年ごとに数千万円の修繕費が必要との試算もあるようですが、
300軒だった檀家が50軒になれば費用負担が6倍に増えます。

全国に1万の寺を擁する浄土真宗本願寺派では、全寺院のうち43%が、
年収300万円以下であり、「坊主丸儲け」の時代は遠い昔の話であり、
寺院の自助努力での修繕も不可能に近いようです。

●明るく朗らかに生きることが供養であり徳を積む。

東日本大震災のとき、至るところで墓石が真っ二つに崩れ落ちた光景を目にしました。壊れたままにしておくと「バチが当たる」という人がいました。また、お墓がないと「不幸になる」という人もいました。
「仏壇の位牌は精神の魂が宿り、墓は肉体の魂が宿る」と表現する人もいました。

様々な意味合いをお墓に託す人達がいますが、自分たちの子供には、仏壇がなくても、お墓が無くても、地獄に落ちるわけでも、罰があたるわけでも、ましてや不幸を招くわけでもない!と伝えます。

何故なら、感謝の気持ちを伝えるのに、時間も場所も必要なく、
明るく朗らかに生きている人は、穢れを祓い清い心で生きているので
神仏を通して、亡き父や母への願いは叶えられる仕組みがあるので、
自分の生活さえしっかりしておけば何も心配いらない!と伝えます。

●お墓の根源とは。

碑石(せきひ)で墓を造ったのは、昔々の権力者だったようです。

宇宙を形成する、五大元素、地・水・火・風・空になぞらえ、

肉体を五大に還元し、極楽浄土へ往生させる目的で、五輪塔(ごりんとう)が

造られたようです。

普通の人の墓は、共同埋葬地に土葬をしたり石を置いたり、木の杭を建てたりしたものが一般的だったようです。

●最後に。

義母が所有するお墓は、清水寺の近くの三寧坂(さんねいざか)にあります。

自分と妻の遺骨は、亡き義父と義母と一緒に入れてもらうことにしました。

賑わった通りから少し入った、今は亡き有名作家の家の近くにある、
静寂なお寺の中に納骨堂があります。

正月だからこそ、家族が集まるときだからこそ、
お墓の情報を子供たちと共有するチャンスだと思いました。

定年退職前に止めること    「転勤拒否で受けたねたみを消去」

転勤拒否で受けた冷遇

「本社での仕事に興味はないか?
関東地方の大手スーパーの店舗でのある日、

上司からこう告げられた。

隣県の本社への異動内示。
「栄転」の内示だった。実績が評価されたとの思いがあった。
それでも即答はせず2時間の通勤と家族の反対が目に浮かんだようだ。

妻の立場と子供のことを考えると二の足を踏まざるを得なかった。
下した結論は、「うれしい話しですが、転勤は出来ません」
その直後から先輩や上司がよそよそしくなったように感じ始めた。

新年会で酔った部長が「めでたい異動を断って
くそ忙しい時に休みをとったやつがいる」万座のまえでののしられた。

人事評価も下がり疑心暗鬼に陥った。
結局、地元の九州の実家にUターンして転職。

奥さんの「田舎は嫌」との猛反対より、子供の「パパと一緒がいい」で、
先行きの安定感は大手の会社にはかなわないが副業OK!の会社は、
空き時間を町おこしのイベントにも参加し今までより帰宅も早くなった。』

日経新聞12月1日朝刊「転勤拒否で受けた冷遇」より一部抜粋加筆修正し引用。

そんな会社、本当に辞めて良かった!

自分の場合も転勤拒否は、「会社を辞めるしかない」と思っていた。
当時から、内示が出たら行くか辞めるか即答するしかなく、

絶対的命令の内示に、いかなる理由あっても拒否できるものではなかった。
「考える時間を・・・」という回答は、辞めることを意味していた。

幸い、自分には親身になって引き留めてくれた上司がいた。
その上司のお陰で、60歳で定年退職を迎えることができた

大手スーパーの若者が退職したのは、
栄転をねたんだ上司や同僚が原因だったように思う。

大手スーパーだから、先行きが安定というのは、多分・・錯覚です!
上司だけでなく、同僚も組織全体が「ねたみ」に蝕まれた会社が続く筈がない。

副業ができ、町おこしのイベントにも参加し帰宅が早くなった生活は大正解!
妬みからの解放より、反面教師として学ぶことができた貴方の徳ですね!

そんな会社、本当に辞めて良かった。

転勤事情の調査データ

独立行政法人労働政策研究・研究機構が、
従業員300人以上の1万社(2016年)から 転勤事情を調査した資料です。

●転勤の状況
❶正社員の殆どが転勤の可能性がある33.7%
❷正社員でも転勤をする者の範囲は限られている27.5%
❸転勤はほとんどない27.1%

転勤の目的
❶社員の人材育成が66.4%
❷社員の処遇・適材適所57.1%
❸組織運営上の人事ローテーションの結果53.4%
❹組織の活性化・社員への刺激50.6%
❺事業拡大・新規拠点立ち上げに伴う欠員補充42.9%
❻幹部の選抜・育成41.2%
❼組織としての一体化・連携の強化32.5%

●転勤のルール
❶転勤に関するルールの規定がない76.4%
❷明文化して定めている11.6%
❸明文化していないが運用上ルールがある10.1%

●転勤の回数(新卒入社で定年まで働いた場合)
❶国内転勤では1~2回40.6%、3~4回31.4%、5~6回15.3%
❷海外転勤では1~2回81.4%、3~4回5.6%

●転勤配慮の要望
❶男性では、親等の介護75.6%、子の就学・受験38.8%、本人の病気32.6%
配偶者の勤務24.5%、持ち家の購入21.2%

❷女性では、親等の介護48.8%、出産・育児48.3%、結婚38.3%
配偶者の勤務34.7%、子の就学・受験27.2%

●本人が転勤に応じられない場合の措置(家族的事情に十分な理由がある場合)
❶転勤対象からあらかじめ外す64.7%
❷転勤時期をずらした上で、転勤させる40.9%
❸転勤が不要な近隣の事業所へ異動させる22.9%
❹転勤が不要な同一事業所内で類似のポストに異動させる13.5%
❺勤務地限定制度を適用し、総合職から勤務地限定正社員に変更11.7%
❻いずれの措置もとらず、予定どおり転勤をしてもらう3.2%

●転勤時に単身赴任を選んだ理由
❶国内転勤では、持ち家があったため61.6%男性63.0%女性31.7%)。子の就学・受験のため52.8%男性54.6%女性8.3%)、配偶者が働いていたから38.4%

❷海外転勤では、子の就学・受験のため50.3%、赴任地の生活環境が悪いため38.9%持ち家があったため34.1%、配偶者が働いていたから30.8%

●転勤経験の満足度(性別による差はなかった)
❶国内転勤の場合、満足している・やや満足の合計は78.0%。
❷海外転勤の場合、満足している83.1%

●転勤命令に対する認識(転勤は社命であるから、転勤命令に従うのは当然
❶そう思う・ややそう思う合計79.5%、そう思わない・あまりそう思わない合計7.1%
❷そう思う計の割合男性が81.9%、女性が68.9%
❸会社の命令であればどこへでも赴任する割合男性56.2%、女性が37.3%

●転勤・単身赴任に対する認識(できれば転勤はしたくない)
❶そう思うとややそう思うの合計39.6%、そう思わないあまりそう思わない合計30.9%

●転勤・単身赴任に対する認識(できれば単身赴任したくない)
❶そう思う53.5%、そう思わない22.5%

以外にも、単身赴任を選んだ理由が、持ち家だったことに驚いた。持ち家の購入は、教育費や老後費と並ぶ人生の3大支出と言われ、数千万円の支払いは浪費の何ものでも無いという説もありますが、持ち家はステイタスであり日本人の価値観の象徴なのですね。

最後に

日本国内有数の企業であっても、世界で活躍しているからこそ日本でも一流。
だから、将来に渡って安定した企業を選ぶのは甚だ難しいように思う。

それよりは、副業が出来て、町おこしのイベントにも参加、
個人のネットワークが仕事にスキルに多面的に繫がっていく生活スタイルは
退職者の老後の生活のお手本のような生き方に羨ましくも思います。

給与やボーナスから、税金や社会保険料などを差し引いた残りのお金の、
「可処分所得」は、一部上場企業で働いているから多いのではありません。

地元故郷に華やいだ生活が無くても、実家に戻ったことで世帯収入が増え、
電気ガス水道の固定費が減り、都会で暮らすより使えるお金が増え、
豊かな生活が叶えられるでしょう。まさに幸運の極みです。

「行雲流水」のごとく、流れに流されながらも、さまざまに起きる出来事を
❶色眼鏡で見ないように
❷偏った先入観で判断しないように
❸言われて嫌だと思う言葉を使わないように
❹他人を害する自分勝手な行動をしないように
❺社会のルールを破らないように
生活し続けることが、望みを叶える最善の方法です。
長い人生の楽しい一コマであったことを感謝したいものですね。

定年退職前に止めること    「食洗器を使った暮らし」

退職後は家事を行い、皿洗いで修行

定年を迎えても働きたいと思っている人は結構多いようです。
お金のため、生きがいのため、社会とつながるため等々、
色々な条件を背負いながら、定年後のキャリアアップを考える前に、
先ず、家事にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

「何かを始めるのに遅すぎることはない!」という教えに従い、
定年まで会社生活を支えてきてくれた妻や家族への感謝も含め、
日常の家事で、皿洗いを1年くらいやってみてから
定年後のキャリアアップを決めても遅くは無いように思いました。

マイナスをゼロに!することが家事

家事といえば、料理、洗濯、掃除といった言葉を想像しますが、
家事の殆どは、マイナスをゼロに戻す作業だとも言われています。

❶汚れたものを綺麗な状態に戻す。
❷使ったものを元の場所に戻す。
❸散らかったものを片付け元の状態に戻す。
こういった地道で手間のかかる作業こそが家事の本分であり、
肉体的、精神的負担を大きくしている元になっています。

食洗器は・・・?

食器洗い乾燥機、ロボット掃除機、自動洗浄トイレなど、
便利な機能を備えた機器が多くありますが、
食器洗い乾燥機(食洗器)は本来不要です。
食洗器は台所での作業時間を短縮し、節水効果も高く効率的だと、
言われていますが、本当にそうでしょうか・・・?

「水」が栄養失調を無くす

世界各地では、人口の増加、気候の変動、水資源の紛争など、
さまざまな要因で水資源の問題が起きています。
アフガニスタンで亡くなった中村さんは、病気を治す前に、
栄養失調や感染症を無くすのに「食料と水」が最重要との考え、
砂漠に水を引いている最中に命を落としました。

世界の「水」の紛争

世界各国では多くの水にまつわる紛争が起きています。

❶湖や河川の上流地域での過剰取水
❷上流地域での汚染物質排出など
❸水の所有権の問題
❹水資源開発と配分の問題

国土交通省水資源問題の原因より引用

日本は「水」が豊かな国

日本は世界的に見ても降水量が多く、水が豊かな国です。
河川の水は、一年を通じて変動するものの、
ダムや堰(せき)等のお陰で安定的に供給されています。

水道水の約76%を河川・湖沼等を水の資源として、
浄水処理し、各家庭に供給しています。

水道水が断水すると、
❶食事の用意ができない
❷水洗トイレが使えない
❸風呂に入れない
❹飲みたいときに水が飲めない
❺洗濯ができない
❻食器洗いが出来ない。
などの日常生活を破綻させてしまいす。
また、工業用水や農業用水が不足すると社会全体が崩壊します。

日本の「貯水」の現状

日本には約800カ所の多目的ダムと、約1,900カ所の農業用水、
水道用水、工業用水に関する専用ダムが建設され、
都市用水の安定的供給を可能にしています。

しかしながら、日本は国土面積が小さく、河川の距離が短く勾配が急なことから、
アメリカのフーバーダム1つの貯水量よりも小さく、
エジプトのアスワンハイダムの貯水量の2割にも及ばないのが現状です。

日本の「生活用水」は、洗浄目的が大半

日本では、生活用水の一人一日当たり使用量は、水洗便所の普及などで、
1965年から2000年までに約2倍に増加しました。

家庭用水は、トイレ(約28%)風呂(約24%)炊事(約23%)洗濯(約16%)といった洗浄を目的とした使用目的が大部分を占めてい ます。

「水」が好循環の生活にもどす

水には、リラックス効果や鎮静効果があると言われています。
砂浜に打ち寄せる波の音しとしと降る雨の音
ししおどし水琴窟などにも心が癒されます。

食器を洗う水の音、浴槽に溜まる水の音、水が沸騰した時の音、
時には雨漏りの音でさえも、水が豊かな国の象徴のように感じます。

心が癒されるリラックス効果や、
水に含まれるカルシウムやマグネシウムの鎮静作用が、
いつの間にか日常生活をリセットし、好循環にしています。

食洗器は時短50分

台所仕事の時間短縮について、
1970年代ごろ1日3時間50分だった台所仕事が、
1日3時間にまで短縮できたのは自動皿洗機の貢献である。
と某有名な経済学者も評価したようです。

食洗機で使われる水の量は、概ね10ℓ〜20ℓのようですが、
手洗いに比べると節水効果は年間21,000円得するとの話があり、
さらに、深夜電力を使えばもっと差額が大きくなるとも言われています。

1日50分の時短効果は、節水や節電にも貢献し、
1年間に換算すると、12日間に相当するとの話もあります。

食洗器の時短と節水は食器だけ

キッチンは風水において「金運」を司っている場所のようです。
汚れやすい場所がゆえに、臭いや汚れを取り除いた綺麗な状態に、
水の神様が宿り、金運を招くのかも知れません。

キッチン全体を清潔にするには、
食器は手で洗い、すすぎ、水切り、拭き取りから収納までの間に、
食器を洗った水を洗面器一杯排水口から流し、排水パイプを綺麗に、
洗面器に溜めた水で台拭きを洗いながら、シンクやカランを綺麗に、
調理台や食事テーブルを綺麗に、拭き掃除が清潔の要になります。

食洗器の時短と節水だけでは、元に戻す作業は完結しないのです。
水に恵まれた豊かな国に生まれたことに感謝です。

水は人間再生の液体化合物:

人の言葉や表情が意に介さずストレスになります。

水は古来、「水に流す」という言葉があるように、
「あらゆるものを洗い流してくれるもの」と考えられています。

目に見えるものだけでなく、目に見えない汚れ洗い流してくれる水は、
身も心も一瞬に浄化してしまう天からの贈り物です。

水を使っての掃除は、定年後のキャリア対策を考える上で、
結論を見出す近道であり、人生の癒しになると思いました。