定年退職前に止めること    「老老介護のリフォーム」

はじめに

リフォームは、50代60代が迫りくる自分たちの老後と、
同居する親世代との、安全で快適な生活のために、
修復や改装を行う場合が多いように思います。

また、30代以下では、中古住宅を購入したタイミングや、
子供の成長に合わせて、改装する場合もあり、
2世代住宅に対応できる事例も珍しくないようです。

快適で安全なリフォームの工事内容

戸建ての場合は、築年数が20年から30年の間で半数がリフォームを行い、
マンションでは、20年を待たず早い時期に行われる場合が多いようです。

◆キッチン、浴室、洗面室、便器の「耐久性向上」リフォーム。

◆屋根、外壁、玄関扉、給湯器、壁クロスの「老朽化対策」リフォーム。

◆太陽光発電、蓄電池、オール電化、窓ガラス、床材の「省エネ対策」リフォーム。

◆段差解消、手すり設置、人感照明、室温均一の「高齢化対策」リフォーム。

◆たん笥廃棄クローゼット増設、非常用食糧庫増設「地震対策」リフォーム。

リフォームを行う世代と戸建てマンションの違い

➀「使い勝手の改善、自分の好みに変更」全世代で、戸建てマンション共通。

②「住宅、設備の老朽化対策」全世代で、戸建てマンション共通。

③「省エネルギー化、冷暖房効率の向上等」全世代で、戸建てが多い。

④「老後と同居の高齢者対策」60代70代の戸建てに多く、60代マンションに多い。

⑤「耐久性向上、耐震性や災害対策向上」全世代で、戸建てに多い。

⑥「子供の成長や世帯人員の変更のため」30代以下で、戸建てに多い。

⑦「2世代同居などの同居に対応するため」30代以下で、戸建てに多い。

⑧「中古住宅の購入に合わせて」30代以下で、戸建てマンション共通。

(平成28年住宅リフォーム推進協議会より引用)

リフォーム5つの分類

➀浴室給湯器、エアコン、電磁調理器(経年劣化で緊急対応が必要)

②キッチン、屋根、外壁、、畳張替え(経年劣化で計画的対策が必要)

③オール電化、浴室、節水トイレ、照明、複層ガラス(省エネと低コスト対策)

④玄関、リビング、客室、寝室、、クローザー付きドア(居住性と快適性向上対策)

⑤たん笥からクローゼット、クッション床、防湿壁(耐震対策と健康管理対策)

リフォームの金額

リフォームの金額は、100万円前後から1,000万円超まで、
設備の内容やグレードによって金額が大きく変わります。

一回のリフォームで支払う金額は、400万円までが最も多いようです。
戸建て住宅は特に築年数に比例して、金額が増える傾向があります。

リフォームを手伝い、DIYのトレーニング!

退職後30年強の時間、自分の家を自分でDIYしてみてはどうでしょうか。
デザインを描き、出来るところから手を付けてはどうでしょう。

業者からも見積りをとることも大事なことです。
どういう部材を使うのか、費用はいくらなのか参考になります。

工事を手伝うことを条件に、工事契約を結ぶことは出来ないでしょうか。

将来自分でやることを念頭に、プロのテクニックを学ぶ挑戦ができます。

自分の家、改造は自由です。問題があるとすれば同居人の説得ですかね・・?

介護使用のリフォームは、在宅介護が決定してから着手

50代60代が、迫りくる自分たちの生活以上に、同居する親の介護を想定し、
将来に備えての「介護用リフォーム」は、その時が来るまで待つべきです。

運動能力の低下、感覚機能の低下など、様々な状態が想定されますが、
医師の診断と介護支援者の判断によっては、在宅介護が困難な場合が多くあります。

自分で食べることが出来ない。自分で排泄が出来ない。自分で入浴ができない。

食べることが出来て、自分の足で家の中を移動できる状態であれば、
手すり、段差の解消、滑り防止対策、扉の取替え、取っ手付き洋式便器など、
先ず、健康な人間にも安全で快適なリフォームを行う方がいいと思います。

寝たきりの場合では、廊下の幅、扉の大きさ、部屋の作り、トイレの作り、
浴室など、介護施設と同様の規格が必要になり、現実的には困難です。

介護を必要とするときに、退院までの間に体制を整えることができます。

リフォームは住宅の老朽化より、住む人のライフスタイルで行うことが多いようですが、仕事と安定した収入がある状態で、リフォーム時期を見定めたいものです。

定年退職前に止めること   「・・を捨てる」と幸福が近づく!

1.会社を捨てて、売上と利益の分析と対策から解放されることを祝う。

2.会社を捨てて、役職と地位の公約と誓約から解放されることを祝う。

3.会社を捨てて、労使契約の労務提供義務から解放されることを祝う。

4.労働を捨てて、貯めて捨てた生活から、足ることを知る生活の変化を祝う。

5.労働を捨てて、日頃のチョとした工夫から、将来スキルになることを祝う。

6.労働を捨てて、指揮と命令による仕事から、自分の意志で働くことを祝う。

7.労働を捨てて、苦虫を噛みつぶした顔から、笑顔で上機嫌で働く人を祝う。

8.労働を捨てて、債務履行のための仕事から、人間を幸福にする能力を祝う。

9.労働を捨てて、お金がお金を生む仕組から、人間を解き明かす仕事を祝う。

10.組織を捨てて、共通目的の共有の団体行動から解放されることを祝う。

11.組織を捨てて、不都合な助け合いの精神から解放されることを祝う。

12.組織を捨てて、うわべの円滑な人間関係から解放されることを祝う。

13.肩書を捨てて、どれだけ偉いか、分類と仕訳から解放されることを祝う。

14.肩書を捨てて、部下より、スキルが無い不安から解放されることを祝う。

15.肩書を捨てて、見出しと目次に集まる尊厳さから解放されることを祝う。

16.栄光を捨てて、ちっぽけな会社のちっぽけな職場を抜け出たことを祝う。

17.栄光を捨てて、ちっぽけな実績のちっぽけな評価を懐かしむことを祝う。

18.栄光を捨てて、時代背景に恵まれ、職場や同僚に恵まれれたことを祝う。

19.資格を捨てて、先生と敬愛されたことに感謝新たなステージでの活躍を祝う。

20.資格を捨てて、新たな資格と実務経験が未経験の世界に誘われることを祝う。

21.資格を捨てて、違うステージでの出会が古の巡りあわせに震えることを祝う。

22.名刺を捨てて、視野が開け視界も晴れ四方に見晴らしが良くなることを祝う。

23.名刺を捨てて、直感と経験から齎される判断と決断から最高の出会いを祝う。

24.名刺を捨てて、足かせが外れたお陰で自由に乱舞する機会を得たことを祝う。

25.平日を捨てて、土日祝祭日の隔てなく1週間の単位から解放されることを祝う。

26.平日を捨てて、土日祝祭日に拘ることなく全ての行事への参加を祝う。

27.平日を捨てて、お魚くわえたドラネコの憂うつから解放されることを祝う。

28.有給を捨てて、いい季節のいい日に、最高の条件で楽しめることを祝う。

29.有給を捨てて、交通や宿泊の予約に、日程調整の必要がないことを祝う。

30.有給を捨てて、上司の許可なしに、有給休暇の取得ができることを祝う。

31.職歴を捨てて、今まで培った知識や経験を違う環境で活かせることを祝う。

32.職歴を捨てて、一から学び直すことで違う生き方が体験できることを祝う。

33.職歴を捨てて、知識や経験を人に教えることで自分も成長できることを祝う。

34.適任を捨てて、自分では気付かなかった一面と能力が発見できることを祝う。

35.適任を捨てて、今まで叶わなかったことが、新たな仕事に繋がることを祝う。

36.適任を捨てて、新たな出会いに、自分に勇気とやる気をもたらすことを祝う。

37.障害を捨てて、強みを伸ばし、弱みを克服できる人を祝う。

38.障害を捨てて、新しいものから逃げず、チャレンジする人を祝う。

39.障害を捨てて、夢を持ち続け、うまずたゆまず行動できる人を祝う。

40.性別を捨てて、困難に立ち向かい新しい価値創造に挑戦する人を祝う。

41.性別を捨てて、あふれる情熱と熱意を持ち続け行動できる人を祝う。

42.年齢を捨てて、好奇心を旺盛に物事に広い視野をもてる人を祝う。

43.年齢を捨てて、あれこれと考え前に一歩踏み出せる行動力を祝う。

44.年齢を捨てて、明るく朗らかに人と接することが好きな人を祝う。

最後に、
働いているときは、同僚からの支えや、会社という後ろ楯から、

社会的信頼が担保されていましたが、

定年退職を機に、ヒト・モノ・カネが、
次第に遠ざかっていくことに、
特権を失った無力感を味わうことになります。

定年退職をプラス思考にするためには、
「何を捨てるべきか」を、早く理解し、
次のステージに向かうべきだと思いました。

「人間の行動は、過去の経験など外的要因によって決定されるのではなく、
自分の目的によって決定される(アドラー心理学)」から、

過去は変えることはできないが、未来は自ら創造していくものですべての価値、
幸不幸を決める源泉は今にある。

今の境遇に感謝しつつ、「思いと行い」探求し続けることが、
幸福に近づいている!と思うようにしました。

定年退職前に止めるとこと 残クレで買った車はお金に出来ない

残価設定クレジット(ローン)通称残クレ(ザンクレ)

残価設定クレジット(ローン)、残クレ(ザンクレ)は、
新車購入時から3年後や5年後に、
下取りできる価格(残価)を車の販売店が設定、
新車価格からその残価を差引いた金額を分割払いで購入する方法です。

新車価格の50~70%くらいの価格で新車を購入でき、
支払期間が終了したあと、新車に乗り換えるか? 
残価を全額払って乗りつづけるか? 
ディーラーに車を返却するか? 
3つの選択ができる車の購入プランです。

 

 

残価設定クレジット6つのメリット

❶事前に、販売店が決めた下取り価格(残価)を差引いた価格で、
新車を購入できるので、月々の支払いが低くなる。

❷まとまった頭金を入れなくても、月々の支払いを下げることができる。

❸3年で新車を乗り継げ、車検代等の費用がかからない。

❹下取り価格(残価)が保証されているので、中長期の資金計画が立てやすい

❺自家用車の営業転用が可能で補助金がでる場合など支払いが更に低くなる。

❻軽自動車、SUV、PHV、スポーツカー、高級セダンまで何でも好きな車が選べる。

 

 

残価設定クレジット7つのデメリット

❶金利は残価を含めた総額にかかるため、支払い手数料の総額は増える

❷月間走行距離に制限があり、追加料金が発生する。

❸事故等で傷がつくと追加費用が発生する

❹好みや使い勝手に合わせて、見た目や機能の仕様変更はできない

❺車種によっては、「残価」より中古車市場価格が高くなることがある。

❻乗り換える場合は同じメーカーの車になる。

❼残価設定クレジットを運用している場合、本人は車の使用者に過ぎず、
車の所有者は自動車ディーラーなので、売却し現金化は出来ない

 

 

残価設定クレジット(ローン)は有効な手段・・?

自動車の信頼性や耐久性が向上し、自動車の耐用年数が伸びてきており、
下取り車の品質やコストなど、中古車市場も充実してきたように思いますが、
「残価」の設定価格の精度も高くなってきていることを期待したいものです。

退職前に、今まで乗りたくても乗れなかった車に、
どうせ買うなら憧れの車を! という思いにもなりますね!

しかしながら、最後に車を返却するときまで、内外装の傷や汚れ、
走行距離など、水害にも対応できる万全の車両保険など、
現実は、結構、冷静な対応を迫ってきます。


それでも、スポーツカーやオープンカーが生活にメリハリをつけ、
非日常生活を楽しむ手段としては、最高かも知れません。
そのためには、有効な手段だとも思います。

 

 

残クレ生活の、懐かしい思いで!!

残価設定クレジットを使って、約10年間に3台の車を乗り継ぎました。
トヨタのクラウンロイヤルサルーンV6DOHC、
最高出力256ps最大トルク32.0kg
新車で約500万円の車を所有するには、最適の選択だったと思います。

もっぱら仕事で営業車として使用していましたが、
営業責任者として、距離を走ることがなかったので、
残価設定方式には十分適していたように思います。

また、営業車両転用代として毎月26,000円の補助金が支払われ、
ガソリン代やオイル代も会社経費だったので、
高排気量の車でも十分維持することは可能でした。
そもそも、営業車にクラウンを転用できたのは、後にも先にもこの一台だけでした。何から何まで、いい時代のいい思い出です。

 

 

売却して現金化できない最大のデメリット。

自動車は残価設定クレジットを契約した本人が、
ローンやクレジットを完済するまでは、
自動車の所有権は、自動車販売店や信販会社の持ちものです(所有権留保)。

従って、廃車手続きを行ったり、売却することはできないので、
いざというときに、車を売ってお金にしようと思っても現金化はできません

長期出張や海外転勤、万が一の長期入院、死亡したときに、
契約期間中の月々の支払いの清算や、残価の清算手続きが必要になり、
第三者が精算手続きしなければならないことになります。
この、残価設定クレジットプランの一面です。
想定できる範囲で運用したいものです。