歯周病に、心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病・誤嚥性肺炎・骨粗鬆症の危険。

歯周病と狭心症・心筋梗塞・脳梗塞の関係

歯周病菌は、動脈硬化を誘導する物質が放出され、
その結果、血管内に血栓を作りやすくして、
心筋梗塞や脳梗塞を発症し、死に至らしめることがあります。

 

 

歯周病と糖尿病と関係

歯周病は、糖尿病の合併症の一つと定義づけされており、
糖尿病の人は糖尿病でない人に比べ、
歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いと言われています。

 

歯周病菌は、炎症を起こした歯肉から血管内に侵入し、
細菌が死滅したあと、歯周病菌の死骸の持つ内毒素が、
血管内に残り血糖値に悪影響を及ぼすようです。

歯周病が糖尿病を悪化させ、歯周病を治療すると、
糖尿病が改善すると言われており、
歯周病と糖尿病は相互に悪影響を及ぼしています。

歯周病の予防は、健康寿命にも大変重要です。

 

 

歯周病と妊婦性歯肉炎の関係

一般的に妊娠すると歯肉炎にかかりやすくなると言われています。
女性ホルモンのエストロゲンが、
歯周病菌の増殖を促すことが原因のようですが、

口の中をいつも清潔な状態に保ち、
歯垢が無いキレイな状態であれば発症しないので、
歯磨きとデンタルフロスによる入念な口腔ケアが予防の要です。

 

 

歯周病と低体重児早産の関係

妊娠中に歯周病にかかると、
陣痛を促進させ早産(低体重児)の原因になるようです。

口の中の歯周病菌が血中に入り、
胎盤を通して胎児に直接感染する可能性からのようです。

歯周病の早期検査と早期治療により、
口の中をいつも清潔に保つことが大変重要です。

 

 

歯周病と誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)の関係

誤嚥性肺炎は、だ液や食べ物、飲み物、痰などの異物が、
誤って気管に入り込んだ細菌によって、
引き起こされるのが誤嚥性肺炎です。

高齢者などの舌の筋力低下による、
飲み込みの機能が低下することで誤嚥を引き起します。

誤嚥性肺炎の原因には、歯周病菌が関わることが多く
歯周病の早期発見・早期治療が、誤嚥性肺炎の予防に繋がります。

 

 

歯周病と骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の関係

骨粗鬆症は、全身の骨強度が低下し、
骨がもろくなって骨折しやすくなる病気ですが、
エストロゲンの分泌が少なくなることで、
全身の骨と同じに歯を支える歯槽骨(しそうこつ)ももろくなります。
歯周病菌が、骨粗鬆症と歯の喪失に強い関連性があると言われています。

 

 

歯周病と関節炎・腎炎の関係

関節炎や糸球体腎炎の原因となる、
黄色ブドウ球菌や連鎖球菌の多くは、
歯周病原性細菌など口腔内に多く存在します。

これらの口の中の細菌が、血液中に入り込んだり、
歯周炎によって作り出された炎症物質が血液に入り込むことで、
関節炎や糸球体腎炎が発症することがあるようです。

 

歯医者で人は死なない。

歯医者において、歯周病をしっかり治療し、
歯垢を溜めないよう、口の中を清潔にする予防技術を、
患者に徹底的に指導出来れば、全ての病気の予防に繋がります。

歯科で、人が死ぬことはありません。
「歯」が、命に係わるとは、医者も患者も考えていない結果、
口の中を清潔にしないまま治療し、日々のケアをおろそかにした結果、
歯科以外の病院で、病気を顕在化しているようです。

歯医者での苦痛は僅かですが、他科においてその苦痛の時間は続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です