歯のクリーニング15,130円は、虫歯や歯周病を防ぐ自己防衛の先行投資!

第1回目の受診(6月6日)と費用:

❶ 初診料:260点 (237点+23点を加算)
初診料237点:
歯科外来診療環境体制加算23点:
緊急時に医療事故の安全対策研修を修了した常勤歯科医師が1名以上配置した施設において点数が加算される。

 

❷ 医学管理等:150点
歯科疾患管理料100点:
う蝕、歯肉炎、歯周炎、歯の欠損など継続的な管理が必要な患者に、患者と協働で継続的な管理、疾患の再発予防、重症化予防を行った場合に算定できる。

歯周病患者画像活用指導料10点×5回=50点:
歯周病に罹患している患者に対して歯周病検査を実施する場合において、継続的な管理を行うに当たって必要な口腔内写真を撮影し、療養上必要な指導を行った場合に算定できる。2枚目から1枚につき10点を所定点数に加算し、1回につき5枚まで算定できる。

❸ 検査料:400点
歯周精密検査400点:
4点以上の歯周ポケットの深さを測定、測定時に歯肉出血の有無、歯の動揺度、プラークチャートを用いプラークを染め出し付着状況を検査した場合に算定できる。

 

❹ 画像診断料:402点
デジタル歯科パノラマ撮影
を行ったときに算定できる。
上下の顎の全体の状態、歯や歯の根の形と本数、完全に歯が生えていない親知らずの歯、口の開け閉めのための顎関節の形、下の顎にある神経や血管が中を通る下顎管などが映る。顎のなかにできた腫瘍や、見えない袋状の炎症の発見に活用される。

 

❺ 処置料:68点
機械的歯面清掃処置68点:
歯科医師または歯科衛生士が切削回転器具及び研磨用ペーストを用いて歯垢や歯石を除去することで算定できる。

 

❻ その他検査料:3,240円(税込み)
だ液検査(サリバテスト)3,240円:
唾液を検査し虫歯リスクを判定。ミュータンス菌、ラクトバチラス菌、唾液分泌速度、唾液緩衝能を判定するための検査キットを使う。
検査を実施する患者本人が自己負担する検査。

点数小計:1,280点(12,800円)+実費:3,240円
請求金額の計算:12,800円×30%+3,240円
窓口支払い金額:7,080円

 

 

第2回目の受診(6月18日)と費用:

❶ 再診料:51点 (48点+3点加算)
再診料48点:
再診時歯科外来診療環境体制加算3点:
緊急時に医療事故の安全対策研修を修了した常勤歯科医師が1名以上配置した施設において点数が加算される。

 

❷ 医学管理等:80点
歯科衛生実地指導料80点:
主治の歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が15分以上の実地指導を行った場合に算定できる。

 

❸ 処置料:258点
スケーリング68点(3分の1顎につき)
歯周基本治療として、歯周病の炎症性因子の減少又は除去を目的とする処置で、歯周病検査等の結果に基づき必要があると認められる場合に実施。
スケーラーという器具を用い歯面に沈着したプラーク(歯垢)、歯石、歯面沈着物を機械的に除去する。

スケーリング38点×5回=190点:
3分の1顎を増すごとに38点を加算する。

点数小計:389点(3,890円)
請求金額の計算:3,890円×30%
窓口支払い金額:1,170円

 

 

第3回目の受診(6月27日)と費用:

❶ 再診料:51点 
❷ 検査料:100点
歯周基本検査100点:
1点以上の歯周ポケットの深さを測定、ポケット測定時に歯肉出血の有無、歯の動揺度検査を行ったときに算定できる。

 

❸ 処置料:632点
スケーリング・ルート・プレーニング:プラークコントロール(SRP):
歯周治療の基本的処置。

SRP(前 歯)60点×6=360点:1番(中切歯)、2番(側切歯)、3番(犬歯)
SRP(小臼歯)64点×2=128点:4番(第一小臼歯)、5番(第二小臼歯)
SRP(大臼歯)72点×2=144点:6番(第一大臼歯(6歳臼歯)、7番(第二大臼歯(12歳臼歯)、8番(第三大臼歯(親知らず)

点数小計:783点(7,830円)
請求金額の計算:7,830円×30%
窓口支払い金額:2,350円

 

 

第4回目の受診(7月11日)と費用:

❶ 再診料:51点 
❷ 医学管理等:100点
歯科疾患管理料100点:
う蝕、歯肉炎、歯周炎、歯の欠損など継続的な管理が必要な患者に、患者と協働で継続的な管理、疾患の再発予防、重症化予防を行った場合に算定できる。

 

❸ 処置料:544点
SRP(小臼歯)64点×4=256点:
SRP(大臼歯)72点×4=288点:

点数小計:695点(6,950円)
請求金額の計算:6,950円×30%
窓口支払い金額:2,090円

 

 

第5回目の受診(7月18日)と費用:

❶ 再診料:51点 
❷ 医学管理等:130点
歯周病患者画像活用指導料10点×5回=50点:
歯周病に罹患している患者に対して、歯周病検査を実施する場合において、継続的な管理を行うに当たって必要な口腔内写真を撮影し、療養上必要な指導を行った場合に算定できる。2枚目から1枚につき10点を所定点数に加算し1回につき5枚まで算定。

歯科衛生実地指導料80点:
主治の歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が15分以上の実地指導を行った場合に算定できる。

 

❸ 処置料:632点
SRP(前歯)60点×6=360点:
SRP(小臼歯)64点×2=128点:
SRP(大臼歯)72点×2=144点:

点数小計:813点(8,130円)
請求金額の計算:8,130円×30%
窓口支払い金額:2,440円

 

 

今回の受診の集計と総費用:

初診料:260点×1回

再診料:51点×4回=204点

医学管理等:150点×1回
医学管理等:130点×1回
医学管理等:100点×1回
医学管理等:  80点×1回

検査料:400点×1回
検査料:100点×1回

処置料:  68点×1回
処置料:258点×1回
処置料:632点×2回
処置料:544点×1回

保険請求点数:3,960点(39,600円)
(医療機関から国民健康保険団体連合会に診療報酬を請求)

自己負担小計:3,240円
(保険請求できない行為を医療機関が患者に実費で請求)

請求金額の計算:39,600円×30%+3,240円
(保険請求の30%と自己負担金を合計した金額を患者に請求)

個人の支出金額:15,130円

 

歯のクリーニングは虫歯や歯周病予防の先行投資!

「歯のクリーニングは3か月ごとに!」と、
歯医者が言いますが、3か月で付着する歯垢をとることが、
虫歯や歯周病の予防になるからとの理由です。

「予防歯科」を標ぼうしている歯科では、
歯磨き、歯間ブラシやデンタルフロスの使い方など、
適切な指導の下、日々のホームケアを続けることで、
1年に何回も歯のクリーニングに受診する必要はないと思います。

予防医療を行っている歯科は、
削って、詰めて、抜くだけの歯医者とは違います。

口の中をキレイにして、健康寿命を全うするため、
歯のクリーニングは、必要不可欠な先行投資だと思います。

唾液検査と歯周病検査から歯を失う危険度を確認できた!

歯を失わないための第一歩が唾液検査!

2017年が赤色の線で、2019年を緑色の線で引いてあります。

だ液の力(緩衝能:かんしょうのう)の検査:
検査結果➡検査用紙にだ液をつけた色の変化で、酸性の口の中を中性に戻す力が強いと判定され、虫歯になりにくい口の中の環境であることが分かりました。

*緩衝能は、酸性の強いものは酸っぱさを感じアルカリ性の強いものは苦さを感じますが、唾液が口の中を普通の状態に戻すためpHを変化させる働きのことを言います。

唾液の量の検査:
検査結果唾液量多いと判定されました。食べた時にだ液が多いと、
口の中をキレイにする力が強く虫歯になりにくいと判定されました。

虫歯を最初に作る菌(ミュータンス菌)の検査:
検査結果ミュータンス菌はいませんでした。
虫歯を作る菌がいなく、口の中が清浄だと判定されました。

虫歯を進行させる菌(ラクトバチルス菌)の検査:
検査結果ラクトバチルス菌はいませんでした。
口の中が清浄で綺麗に維持出来ていると判定されました。

プラーク(歯垢)汚れの検査:
検査結果➡歯の汚れは最小限でした。
磨き残し率14.3%は、キレイであること判定されました。

2年前の検査では、磨き残し率は、44.6%でした。
2年振りの検査にも関わらず、磨き残しが改善されました。
2年前の指導を守り、ホームケアを実践したことが証明されました(^^;
😊

最終評価:
結果歯のクリーニングと検査を2年間中断していましたが、
歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを正しく使っていたことで、
磨き残しが少ないことで、口の中がキレイに保たれていると診断されました。

 

定期的な歯のクリーニングと検査から、口の中の状態を確認することで、
当面、削る・詰める・抜く不安から解消されました。
簡単な検査ですが、歯を無くさないための虫歯予防の第一歩です!

 

 

歯を失わないためには、歯周病の定期的検査が必要!

歯周ポケットは
歯と歯肉の境目の溝のことですが、歯と歯肉の境目に歯垢が溜まり、
細菌が増殖することで炎症を引き起こし、腫れがひどくなり、
歯周ポケットが深くなり病巣を広げていきます。

 

痛みが感じられないままに放置することで、
歯の顎の骨が溶けて、歯がぐらつくようになり、
何時しか歯を抜くことになります。

 

歯周ポケットの深さ3ミリ以下は健康な状態を示し、
4ミリ以上の深さになると、歯周病の可能性が出てきて、
総入れ歯へと一歩ずつ近づいて行きます。

 

幸いにも、私の歯は歯周病ではありませんでした (^^;。

無く近い将来に、歯を失う心配は無いようでしたが、虫歯の検査と同様、
歯周ポケットの深さは自分で分からないため、
定期的な検査で診断を仰ぐ必要があると実感しました。

 

 

神経を失うことで、歯を失ってしまう!

誰しもが、歯が浮いたような、ムズムズするような経験があると思いますが、
虫歯が原因で神経を抜いた人に多いようです。
神経を抜いた歯の下の感染が原因で、医者通いが始まる合図でもあります。

 

虫歯が神経を侵食し、痛みがひどくなり、
歯医者に駆け込んだおかげで、神経を抜かれてしまいます。

 

細菌に感染した神経と血管を取り除いて痛みが無くなりますが、
感染の予防をしながらでも、感染を完璧に防御したかどうかは、
また、歯医者に駆け込むかどうかで決まります。

 

細菌が入り込まないよう高倍率の歯科顕微鏡を用い、
歯の根の中を拡大して手術を行いますが、
熟練した手の神業をもつ歯医者でも、顕微鏡を使わない場合の、
感染防御の成功率は低いようです。

 

歯の神経を抜くことで、病気の進行を食い止め、
歯の痛みやしみる知覚が無くなりますが、
神経を取った周辺の血管に栄養が行かなくなることで、
歯がもろくなり、歯の寿命も短くなるようです。

 

また、神経を取ったあとのすき間に感染を起こすと、
数年後に痛みや腫れが出てきて、
医者通いがまた始まってしまいます。

 

歯の神経を取らなくていいように、
定期的に歯のクリーニングと健診に行き、
早期発見・早期治療をすることが、
一本でも多くの歯を残すための最善の方法だと確信します。

 

歯の健康は、だ液の予防パワーとデンタルフロスの予防パワー!

 

健康寿命を全うしたい人に、歯科の唾液検査で唾液の力と量を測ることで、
虫歯予防が健康寿命につながります。
そのためには、
検査と診断に基づいた治療を行う歯医者に行くことです。

 

口の中でだ液が唾液パワーを発揮!

食事をすると口の中が酸性に傾き、歯の成分であるカルシウムやリン酸が溶け出しますが、唾液が中和にもどし歯が溶けるのを防ぎます
そのため、食事の回数が多いと修復作業が追い付かず虫歯の悪化に繫がります。

❶唾液は、舌の味覚細胞を刺激し、消化と吸収を助け、身体の健康状態を保ちます。

❷唾液には、抗菌力があり唾液量が多いほど風邪やインフルエンザを予防します

❸唾液は、むし歯や歯周病に付いた食べカスや汚れを洗い流し菌の増殖を抑えます

❹唾液は、菌の繁殖を抑え、口臭を予防、何よりむし歯を予防します。

 

デンタルフロスが磨き残しを無くす!

歯の磨き残しを、歯垢染色剤を歯に染め付け、歯に残っている歯垢を色で確認します。しっかり磨いているようでも、磨き癖などで同じ場所に歯垢が残っていることがあります。

この検査を行うことで、磨き残し箇所を自ら確認できるので、日々の歯磨きの参考になります。

とは言っても、私個人の経験から、歯ブラシだけで歯の食べカスを除去することは不可能だと思っています。歯ブラシ以外に、歯間ブラシデンタルフロスを組み合わせ用いることでより完璧な除去に繫がると確信しています。

「LIONの口臭化学研究所のホームぺージでも、歯を清潔に保つには、歯ブラシだけだと、取り除ける歯と歯の間の歯垢は40〜60%程ですが、デンタルフロスや歯間ブラシも使えば、80〜95%までアップします。」という記事があります。

 

磨き残し率を30%改善しました!

デンタルフロスを巧みに使い、綺麗なツルツルの「医者いらず」の歯に仕上げることが出来ます。

以下のイラストは、私個人の2年振りのクリニックでの検査結果です。

上のイラストは、2017年初めて通院したときの結果で、磨き残し率が44.6%ありましたが、下のイラストは、2年振りに通院したときの結果で、磨き残し率は14.3%まで軽減しました。

 改善した理由は、384本の繊維で作られたイタリヤ製のデンタルフロス(商品名:フロアフロス)を使うことで、プラークをからめとるフロスの技術が高いことが大きな要素でした。

また、デンタルフロスを、歯一本ごとに、裏表上下に根っこから歯先までそぎ取る感じで動かしたことが、食べかすや歯垢を除去出来ていたことが検査結果で振り返ることが出来ました。

歯科での定期的検査は、磨き残し率と磨き残し部位の確認ができる重要な検査です。

数値化された磨き残し率は、日々の歯磨きを念入りに続ける動機に繫がると思いました。

 

 

歯の健康は、検査と予防とケア!

全身の健康状態を良くすることが歯の健康にも良いようです。
歯の質を強くして、唾液の質と量をあげることで、
歯の自浄作用が高まり虫歯を予防します。

食事をする度に、虫歯菌が増殖するため、
フッ素の多い歯磨き粉を使った歯磨きと、歯間ブラシやデンタルフロスを
組み合わせ使うことが虫歯予防のパワーにつながります。

 

だ液の検査で、口の中の菌を測定することで、画一的な治療ではなく、
個人個人の口の中の状態にそった処置とケアが可能になります。

さらに、口腔写真やレントゲン撮影の検査を行うことで、
より精度の高い診断がなされ、治療とケアの質が大幅に向上します。

内科や外科では、尿検査や血液検査など検査値を元に、
診断と治療が行われるのが一般的ですが、
歯科領域では、いまだ、熟練の神業の手仕事が主流のようです。

 

歯を失う一番の原因は歯周病ですが、
痛みなどの自覚症状がないままに進行してしまいます。
気付くといつの間にか、総入れ歯になり健康寿命を脅かしています。

虫歯は、症状が出てから歯医者に行くのが一般的ですが、
治療は歯医者で行いますが、予防とケアは自分で行います。

定期的に検査を受けることで、自分の口の中の状態を把握したいものです。