「パナソニック」と「ダイキン」どちらのエコキュートを購入するか?2019年1月

はじめに:

2009年にオール電化にして同時にサンヨーの370L薄型エコキュートを設置しました。

今回は、南海トラフ地震を想定し「水の備蓄」も踏まえ、大型のエコキュートに買い替えることにしました。

東日本大震災の経験から、食事より排泄が大事との思いから、水の備蓄を含め、耐震強度が高く、また省エネ効果の高い機種を選びたいと思いました。

「はぴeプラン」の低コストと90回分のトイレ用水:

関西電力の「はぴeプラン」に対応しており、23時から翌朝7時の8時間までを1kwh10円51銭の単価でお湯を沸き上げることができ低コストを実現しています。

460Lのエコキュート導入は、トイレ用水の場合1回5Lの水を流すとして約90回分の水を常時貯めることができ、3人家族では5日から6日の備蓄に相当します。

パナソニックとダイキンエコキュート機能の比較:

パナソニックとダイキンエコキュート機能の解説:

❶ZEHとは、経済産業省が2020年度までに、ハウスメーカーに対して「快適な室内環境」と「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を過半数の実現を目指す事業のことです。

ソーラーチャージ機能とは、太陽光発電の余剰電力で沸き上げ、深夜電力の使用を抑え、翌日の昼間に分散して沸き上げる機能のことです。

温浴セレクト、温浴タイムとは、あつめ、ふつう、ぬるめ等湯温を一定に保つことができる機能です。

酸素入浴とは、浴槽内に酸素を供給するシステムのことです。

マイクロバブル入浴とは、0.005~0.05mmの微細な泡を浴槽内に噴き出し温熱効果を高める機能のことです。

床暖房・ホームサウナ機能とは、エコキュートと接続して温水式の床暖房やサウナを増設できる機能のことです。

エコナビとは、入浴していない時は自動保温を行わず、人が入室したときに「ひとセンサー」が入を検知して設定温度まで加熱する省エネ機能のことです。

リズムeシャワープラスとは、シャワーの温度と流量を変動させ省エネ効果をあげる機能です。

「ぬくもりチャージ」とは、捨てていた残り湯の熱を再利用し、夜間の沸き上げ電力を節約する機能です。

自動配管洗浄とは、お湯を抜くたびに10Lのお湯をふろ配管に流し、配管内に残っている湯水を洗い流す機能のことです。

❿耐震設計とは、貯湯ユニット脚部を基礎に固定し耐震性を向上させる機能のことです。

最後に:

各メーカーのカタログとホームぺージから自分の家に必要な条件を比較しましたが、2機種とも太陽光発電及び床暖房に連携できず、薄型モデルは対応機能が少ないことが分りました。

ダイキンの10年間延長保証サービス28,000円は、部品代・技術料・出張費が無料の大変お得なプランです。

パナソニックのカタログはダイキンより全般的に見やすく解説も分かりやすい印象でした。

パナソニックのエコナビシステムは、省エネ効果が高く期待できる機能だと思いました。

2機種の耐震設計は、パナソニックがAクラスで、ダイキンは対応していないことが分りました。エコキュートの薄型機種は、メーカーを問わず快適機能や省エネ機能の設定が少なく、また耐震設計も万全では無いことが分りました。それでも、パナソニックの方が従来品より耐震強度が1.3倍高い耐震クラスAを実現しており、パナソニックの企業努力を評価したいと思いました。

もしも200万円の蓄電池を買ったら、どれだけ電気代が下がるのか?2019年春

太陽光発電が無いオール電化住宅で、蓄電池は本当に必要か?

夫婦2人と義母の3人が住む120㎡の建物は、太陽光発電設備が無い築30年のオール電化住宅ですが、もしも200万円の蓄電池を買ったら、どれだけ電気代が下がるのか?関電ホームぺージから、電気の使用量や金額のデータを抽出し分析することにしました。

10年前、万が一誰がボケても、火を出さないようにと、ガスを止めオール電化にしました。
また、築20年の屋根の葺き替えついでに、太陽光発電を検討しましたが、東西7寸勾配の屋根には不向きとの結論から断念した経緯があります。

最近、ハウスメーカーもパネルメーカーも、ソーラーパネルの設置基準が変わった!との積極攻勢がありますが、僅か数年で一変した対応には不信感が募るばかりです。

一方、蓄電池メーカーの説明から、1kwh10円51銭の電気を「蓄電池」に溜めれば、もしかしたら得かも知れないと漠然と考えるようになりました。さらに、プラグインハイブリット車や電気自動車の時代を目の前にしていることもあり、電気代節約の目的のため自宅の電気代を検証することにしました。

わが家の電気は、関西電力の「はぴeタイム」プラン契約です。

「はぴeタイム」の料金は、デイタイム、リビングタイム、ナイトタイムの3つの時間帯に分かれ、それぞれ電気料金が設定されています。

ナイトタイムは、23時から翌朝7時までの8時間で最も料金が安く設定されています。

デイタイムは、10時から17時までの7時間で料金が割高になっており、特に夏場の7月から9月までの3か月間が最も高い料金設定になっています。

リビングタイムは、平日午前中の7時から10時までと夜間の17時から23時までの9時間が対象で土日祝日は、7時から23時まで16時間でほぼ終日が対象になります。

わが家の電気使用量は、ナイトタイムが最も多かった。

2018年一年間で6,970Kwh、月平均581kwhの電気を使いました。

退職後は、日中の電気代が増えるかと思いましたが、10時から17時の「デイタイム」は、年間762kwh(11%)でした。

午前中の7時から10時までと、17時から23時の「リビングタイム」は、年間2,985kwh(43%)でした。

最も多くの電気を使っていた23時から7時までの「ナイトタイム」は、年間3,223kwh(46%)でした。

ナイトタイムのエコキュートと洗濯機の電気量が多いのに驚きました。

わが家の電気代は、リビングタイムが最も多かった。

2018年一年間の電気代の総請求額は、156,994円で月平均13,083円でした。

基本料や消費税等を差引いた電気代のみの金額は128,365円でした。

10時から17時の「デイタイム」は、年間25,013円(19%

7時から10時、17時から23時の「リビングタイム」は、年間70,685円(55%

23時から7時までの「ナイトタイム」は、年間32,667円(25%でした。

ナイトタイムの電気量は多いものの、料金が低いため金額の割合が低く、日中の生活時間帯の電気の消費量が増えれば請求額も同様に増えることが再認識されました。

蓄電池は、日中の電気代をどれだけ減らすことができるのか?

今までナイトタイムで使用した電気量に、9.9kwhの蓄電池を90%まで毎日深夜充電した電気量を算出し、貯えられた電気がデイタイムとリビングタイムでどれだけ賄えるかシミュレーションしました。

その結果、2018年の総請求額から年額44,094円、月間では3,674円の減額になりました。

デイタイムやリビングタイムの毎月の請求額は減りましたが、ナイトタイムの電気量が2倍になり金額も倍増しました。

結論とすれば、太陽光発電システム導入している住宅においてこそ、蓄電池のメリットが最大に発揮されることを実感しました。

蓄電池に溜めた余剰電力を、夜間及び深夜も使える「太陽光発電の自給自足システム」が確立していなければ蓄電池購入は大変価値が低いという結果になりました。

禅を学び、経を唱え法話を聞く、優しい心を呼び起こす!京都「建仁寺」

はじめに

京都の旅の思い出に、日々の生活の節目に、早朝のお寺に行ってみませんか!

いやなことや、つらいことが多くても座禅や経を唱え、法話を聞くことで、
「何があっても大丈夫!」と、
明るく前向きな心を取り戻すことが出来るように思います!

今日も笑顔で、いつでも、どこでも、誰にも優しい言葉をかけられる自分を、
呼び起こしてくれる「お寺」をご紹介したいと思います。


毎月、第2日曜日8時より座禅と法話が行われます。

坐禅と法話の会「千光会(せんこうかい)」が、毎月第2日曜日に行われています。
事前の予約は、必要ありません。

誰でも、無料で自由に参加できます。

受付は、「方丈」で行われています。
座禅も同様に、「方丈」で行われます。

坐禅は、8時から休憩をはさみ2回(20分×2回)行われます。
その後、お経を唱和し茶礼が行われます。

最後に、管長猊下(げいか:管長及び高僧に対する敬称)の法話があり、
9時45分位に終了予定です。

坐禅と法話の会「千光会」のスケジュールは、
【建仁寺ホームぺージ】➡【新着情報】に案内があります。

臨黄ネットの「法話」に感動!

http://www.rinnou.net/

臨済禅 黄檗禅公式サイトの臨黄ネットにアクセスすると、
可笑しくも悲しくも身近な話こそが、本来の「法話」だと理解できます。

漢字が多く難しい表現もありますが、お坊さんの認識がいい意味で変わります。
早朝のお寺にお参りする前に、だまされたと思ってぜひ一度見て下さい!

正式名称、臨済宗 建仁寺派大本山「東山(とうざん)」

開山:栄西禅師(えいさいぜんじ)
本尊:釈迦如来(しゃかにょらい)

住 所:
〒605-0933
京都市東山区大和大路通四条下る小松町 075-561-6363

交通アクセス:
❶京都駅前からの市バス100系統、206系統、「東山安井」下車、徒歩5分。
❷京阪電車、「祇園四条駅」下車、徒歩7分。
❸阪急電車、「河原町駅」下車、徒歩10分。
❹京都東ICより国道1号線を西へ約8km。
❺京都南ICより国道1号線を北に約8km。
❻駐車場、30分250円、拝観者は1時間無料。


西本願寺ホームページ
https://www.kenninji.jp/

おわりに

大勢の人がお参りするお寺は、荘厳で優美な建物や景色に心が癒されますが、
早朝のお寺にこそ、誰しもが芯からリフレッシュできる機会があります。

早朝にお参りできるお寺は限られますが、その中でも、
僧侶のお経を聞き、法話を聞くことができるお寺はさらに希少です。

早朝のお寺は、足音しか聞こえず、厳粛な雰囲気に後ずさりしそうですが、
迎え入れてくれるお寺は、どこも慈悲深く救いの手を差しのべています。

明日のことが分らない、それでも、今を元気に生きる人達に、
座禅をする機会があれば、
お経を唱える機会があれば、
法話で人の話を聞く機会があれば、
いつでも、どこでも、誰にでも、笑顔で生き続ける自分を
叶えてくれる知識を得ることができるでしょう!
ぜひ、思い切って一度足を運んでみてはいかがでしょうか!!