地震対策は、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの「5S」が防災対策のカギ!

親の躾(しつけ)が命を救った!

地震のニュースを聞くたびに、わが家でも地震対策が必要だ!・・と
心の底から思いますが、時間が経つとつい忘れてしまいます。

 

東日本大震で、津波から生還した人たちの言葉に、
「枕元に、服をたたんで寝る」

「玄関の靴を、そろえておく」
親から子へ、そして、孫へ受け継いだ躾が
命を守ってくれたと言っています。

 

緊急時には、本当は、何をすればいいのでしょうか?
本当は、何を、準備すればいいのでしょうか?

当時の経験を振り返り、南海トラフに備えたいと思いました。

 

 

地震対策を「5S」に置換えると、やることが明確になります!

整理:必要なものと、不必要なものに分けて、
    不必要なものを捨てる

整頓:必要なものを、いつでも使えるように、
    使いやすい場所に配置する

清掃:必要なものを、いつでも使えるように、
    定期的に点検し綺麗にする

清潔:必要なものを、」整理・整頓・清掃し、
    安全な生活環境を維持する

しつけルールや手順を伝え続けること!

 

 

必要なものと、不必要なものを分ける「整理」が地震対策につながる!

横揺れでは、タンスの引き出しから衣類や小物が飛び出、逃げ場を塞ぎます。また、縦揺れでは、タンスがボディースラム(抱え投げ)状態で身動きができず、意識のないまま取り残されることになります。

食器棚のガラス食器やフォーク・ナイフが飛び散り凶器と化します。

東日本大震災では、縦揺れはありませんでしたが、背の高いものは全て倒れました。
前後左右ぐるぐる巻きに揺れました。結局のところ縦揺れも横揺れも揺れれば一緒です。

上下段に継いだ家具や、背の高い重い家具は廃棄し、低い家具や衣装ケースに変える決断が必要です!

 

 

使いやすい場所に配置する「整頓」が地震対策につながる!

非常持出し袋や避難用キャリーバックは、出口に近い場所に配置。

ヘルメット、安全靴、耐切創手袋は玄関口の逃げるでる動線に配置。

ヘッドライト、ランタン、ラジオ、ヘルメット、安全靴、手袋の置き場所を固定。

逃げ出る場所に配置し、置き場を固定する必要があります。
決して、探さないこと、探し回らないことが命を救います!!

 

 

定期的に点検し綺麗にする「清掃」が地震対策につながる!

懐中電灯の液漏れ確認、ヘッドライトやランタンの点灯確認と予備電池の確認。
ラジオ電源の確認と、単一か単二か単三か?予備電池の確認。

カセット・ガスコンロに、ガスボンベの装着確認と点火確認。

給水タンクのポリ容器の劣化確認と機能確認。

非常持出し袋の装備品の賞味期限確認と装備リストの確認?

ヘルメット、安全靴、耐切創手袋の機能確認。

普段から、キャンプやトレッキングに出かけながら、
避難用品の動作確認を行い非常時に備えます!

 

 

安全な生活環境を維持する「清潔」が地震対策につながる!

キッチン、浴室等の水回りを清潔にする習慣が、足元が滑ることなく安全に避難行動ができる

手足の爪を切っておくことで、爪の剥離や皮膚感染を予防できる

健康な歯を維持することで、突然の歯痛を回避できる

健康な体は、薬を持出す必要も無く避難行動に無駄がない

綺麗に、清潔にする習慣が、整理整頓に繫がり、
突発的な災害にも、無駄のない素早い行動に繫がります!

 

 

親の「しつけ」が地震対策につながる!

宿題が終わったら、直ぐに明日の用意をする。

真っ暗でも服を着られるように、枕元に服をたたんで寝る。

すぐに外へ出られるように、玄関の靴をそろえる。

逃げるとき、忘れ物があっても「絶対に戻るな」と言われた。

大切なルールや、マナーを言い続けることで、
何を警戒し、どう行動するか正しい判断が導かれます。

 

 

「5S」を地震対策に置換えると、今、必要な対策が見えてきます。!

企業において「5S」は、ムダを削除生産性を向上させる目的で行いますが、結果的に安全性も向上するとも言われています。

5Sは家族において、絆が深まる以上に、一人一人が
安心安全のゆとりある老後を見つめ直す機会にもなるでしょう。

本当に、家具を捨てることができるだろうか?
捨てたあと、本当にリフォームできるだろうか?
お金は用意できるだろうか?
ゆとりある生活の優先順位を考えるのは私達です。

 

避難所に避難するときの50のアイテム、自宅で避難するときの10の避難準備!

避難用品は災害前に安全に逃げるときの避難用ツール

洪水津波土砂崩れなどで避難する場合、非常持出し袋に手間取り
逃げ遅れる可能性があります!

非常持出し袋や避難用キャリーバッグは、災害前安全に逃げるための避難用ツールです。
津波や川の氾濫、土砂崩れや地滑りの危険が迫っている場合は、
一刻も早
く、手ぶらで逃げるだけです。

逃げながら、ヘルメットを被り、手袋をつけ、避難袋を背負い
安全靴を履いて、
消防士のように動けるのであれば万全ですが、
日頃の訓練が無ければ出来ないことです。

避難袋を取りに帰ろうと思った瞬間から家族との別れが始まります。

2011年3月11日の東日本大震災の経験を振り返るたびに、
必ず来るだろう、
南海トラフ地震を想定して、
わが家で、避難所に避難する時は、何を準備しようか?また、
わが家が、自宅で避難する場合は、何を準備したらいいか?
当時を振り返り、想定外の震災に備えたいと思いました。

 

 

わが家で、避難所に避難するときの避難用品50

1.ヘッドライト(自分の手足も見えない漆黒の世界で、手探りで行動するときの必須アイテム)
2.ランタン(LED電池対応、光量調節ができる長時間使えるタイプは必須アイテム)
3.ヘルメット(頭上からの落下物を防御できる必須アイテム)
4.皮手袋(耐切創手袋がベスト。普段使いできる皮手袋が必須アイテム)
5.登山靴(安全靴がベスト。普段使いできる革底の革靴や登山靴が必須アイテム)
6.ラジオ(停電のときに予備乾電池と共に重要な必須アイテム)
7.携帯電話(充電器ともに携行)
8.パソコン(充電器ともに携行)
9.イヤホン(音漏れ防止の配慮)
10.雨具(透湿性や防水・撥水性が高く脱着がし易い軽量タイプ)
11.寝袋(シュラフとマット)
12.現金
13.クレジットカード
14.マイナンバーカード
15.保険証
16.火災保険地震保険証券
17.飲料水
18.乾パン及びその他食品
19.缶詰
20.レトルト食品
21.お菓子(アメ、チョコレート)
22.簡易トイレ
23.携帯ウオシュレット
24.タオル
25.歯ブラシ
26.歯磨き粉
27.薬用マウスウオッシュ(リステリンなど)
28.デンタルフロス(健康を守る最高の自己防衛策)
29.歯間用ブラシ(健康を守る最高の自己防衛策)
30.マスク
31.ティッシュペーパー
32.生理用品(切り傷の治療にも応用)
33.トイレットペーパー
34.吸汗速乾の衣類・下着・靴下
35.ダウンコート(吸汗速乾でマットやクッションにもできるベストアイテム)
36.眼鏡
37.持病の薬
38.入れ歯
39.使い捨てカイロ
40.傷バンド
41.耳栓(安らぎを確保できるベストアイテム)
42.紙オムツ
43.ウエットティッシュ
44.粉ミルク、離乳食(体調不良の大人にも役に立つアイテム)
45.ガムテープ(あらゆる場面で役に立つ万能アイテム)
46.ビニール袋(ゴミや匂いを密封、整理整頓できるアイテム)
47.ひも(あれば便利、なければ不便!)
48.ハサミ(あれば便利、なければ不便!)
49.ナイフ(あれば便利、なければ不便!)
50.ラップ(あれば便利、なければ不便!)

 

 

わが家が、自宅で避難する場合の10避難準備

わが家の住居環境では、土砂崩れや津波の心配がないので、
火災が無ければ避難所に行かず自宅で生活を続けよう考えています。
そのために、以下の準備を進めてきました。

❶上下段の家具や、背の高い重い家具を廃棄し衣装ケースを活用。
❷食器をクローゼットに収納、収納庫を増設住空間に物を置かない。
❸食糧庫を増設し、常に多めの食料をストック。
❹倒壊の危険があるタイル張り浴室をユニットバスに入れ替え。
❺既存のトイレで使用できる簡易型トイレと猫砂購入。
❻LEDランタンを家族の人数分購入。
❼折り畳み式水タンク20L×6個購入。
❽カセットコンロのガスボンベを多めにストック。
❾暖房と調理と明るさが保てる石油ストーブを購入石油も備蓄。
❿携帯ラジオを購入。
上記以外には、雨合羽、登山靴、吸汗速乾のウエアや下着、ザック、手袋、ヘッドライト、ダウンジャケットなど主にトレッキングに使っていた物が3.11で大いに役立ちました。

 

 

自宅で避難するか?避難所で避難するか?今決めなければならない!

台風や地震があるたびに、備えあれば憂いなし!と思い、避難用品を揃えようと思いますが、時間が経つとついつい忘れてしまいます。

3月11日地震直後、マンションやビルから出てきた人達が、道端に佇む光景が浮かびます。
小学校の避難所は、人で溢れかえり、詰まったトイレの悪臭に身を背けた記憶が蘇ります。私と妻は高層のオフィスビルに避難し、大勢の人と一緒に数日間過ごしました。

2011年3月11日の東日本大震災の前にも、
2008年6月14日に岩手・宮城内陸地震、
2005年11月15日に三陸沖地震、
2005年8月16日に宮城県沖地震、
2003年7月26日に宮城県北部地震、
2003年5月26日に宮城県沖地震、

これだけ頻繁に、震度6前後の地震があるのに、誰もが着の身着のままで、避難袋を背負って避難してきた人は誰もいませんでした。

震災は、常に未曾有であり、想定外であると思いました。
幸いに、津波や土砂被害が無かったので、避難者は余震の合間に家に戻り、それぞれが食べ物を持ち寄り、皆で分け合って繋ぎました。

ひもじさより、床一面に敷かれた大理石の寒さが身に堪えました。
それでもオフィス
ビルには、非常電源や水の備蓄があり、正規の避難所とは比較にならないほど快適だった記憶があります。

これからもまた、想定外の未曾有の震災がくるでしょう。
住居環境によって、避難生活の準備の仕方は大きく変わります。
自宅で避難をするか?
避難場所で避難するか?

それは、今決めておかなければならないことだと思います。

防災対策は、居場所ごとに危険を想定し、次の行動を決断するQ&Aを作ることだ!

もしも?今!、地震が起きたら? 

ニュースを見るたびに、何か、しなければ!ーと、
思いながらも、何もしない日々・・・

大層に考えるより、家族がそれぞれの居場所で、震災にあったとき「どう対応すべきか!」を話し合うことが、今直ぐできることです!

危機的状況にあったとき、どういう行動が最も望ましいか!
それぞれの場面で、自分だったら、こう行動するだろう!という
事例をまとめてみました。

 

 

地下街、地震に遭遇したとき

割れたガラスと照明が一気に落下、傘をさすか、
頭をバックで覆い店舗の中に一時避難。

・震源地が遠いか近いかを確認、緊急性を判断してから行動開始。

・水害を意識し、地上階段の場所を目で追い、
立ち上がることができたら、すぐに地上に移動。

・震度の大きさに応じて、仕事を続けるか、家に帰るか、
ホテルを予約し宿泊するかを判断。

・津波警報の場合、一刻も早く高層ビルに移動。
地下駐車場にある車の、高台への移動は諦める。

 

 

駅構内、地震に遭遇したとき

・震源地を確認し、避難行動の緊急性を判断してから行動開始。

・帰宅ルートの、電車の運行状況を確認。

・津波警報の場合、一刻も早く高層ビルに移動。

天井の落下、掲示板の落下及びガラス破片の落下を想定し、
最新のビル又は高層ビルに移動。

・被害状況により仕事を続けるか、家に帰るか、
ホテルを予約し宿泊するかを判断。

・食料や飲料水を購入し避難準備をする。

 

 

駅のホーム電車内で、地震に遭遇したとき

・車内のアナウンスに従い、駅員の指示通りに行動。
勝手な行動は厳禁。

・掲示版の落下に注意し、震源地・地震の規模・津波情報の
確認ができるまで駅構内で待機。

 

 

駅の踏切交差点で、地震に遭遇したとき

・電車の脱線や予期せぬ暴走から、逃げることができる、
空間を認識してその場で待機。

・道路の隆起や陥没など、予期せぬ車やバイクの暴走から
逃げことができる空間を認識しその場で待機。

 

 

エレベーターエスカレーターで、地震に遭遇したとき

・エレベーターは、揺れたらすぐ行先階のボタンを全部押し、
止まった階で降り避難する。

・エスカレーターは、緊急停止により将棋倒しが想定され、
空間を認識しながら身構える。

 

 

繁華街地震に遭遇したとき

・看板の落下や窓ガラスの破裂を想定し、新築のビルや
高層ビル及び広場や平地の駐車場に移動。

・公共放送などの客観的情報を入手し、被害規模を判断し行動開始。

・群衆の動きに惑わされず、帰宅ルートの交通情報を入手。

・サンダルや草履の場合、革靴や登山靴を購入。
足元の安全が帰路への安全を担保。
(震災現場は危険!革靴や登山靴は生命の安全を確保!)

・ガラスの破片や瓦礫、雑踏で手を負傷しないよう皮の手袋を購入。(緊急時は手探りで行動します!絶対、必要です!!)

・交通情報を確認したら、直ぐにホテルを予約し避難を決断。

・食料や飲料水を購入し避難準備をする。

 

 

オフィス街で、地震に遭遇したとき

・建築中ビルが近くにないか確認、足場の倒壊を想定し、
新築ビルや高層ビル及び広場に移動。

・看板の落下、ガラスの落下を想定し、道の中ほどを歩き
安全な場所に移動。

・帰宅ルートの交通情報の入手、会社で避難するか、
ホテルを予約するか判断。

 

 

住宅密集地で、地震に遭遇したとき

・屋根瓦の落下、ブロック塀や外壁の倒壊で、下敷きにならないよう広い場所に移動。

・屋根や壁に設置してあるエアコンの室外機の落下を想定し、
頭上に注意しながら安全地帯に移動。

・植木鉢の飛散、花の鉢植えの落下、自転車やバイクの横転を想定し安全地帯に移動。

・電信柱の倒壊による電線に注意し安全地帯に移動。

 

 

デパート大型スーパーで、地震に遭遇したとき

・通路に商品が散乱し、足元が滑って転倒の危険を想定し
安全地帯に移動。

・震源地や地震の規模が把握できるまで、館内で避難し
館内から外には出ない。

・津波の危険がある場合は、上層階に移動。

・館内アナウンスに従いながらも、ニュース速報で
客観的情報を得て行動を開始。

・震源地が近く被害規模が大きい場合、
館内で食料や飲料水を購入してから行動。

 

 

高層ビル劇場で、地震に遭遇したとき

・非常口に駆け寄らず、座席に座ったままで地震情報を確認、
震源地までの距離と地震の規模を確認。

・観客の情報に惑わされず、館内放送や係員の指示に従い行動。

・交通情報を入手し、被害規模が大きい場合はホテルを予約し避難。

 

 

オフィスで、地震に遭遇したとき

・頑丈なビルで最新のビルであれば、オフィスで待機し避難継続。

・大型コピー機や可動式の棚に注意しその場にとどまる。

・通路や机の上の書類やハサミ等の文具が凶器と化すことを想定。

・ビル内のコンビニで食料や飲料水を購入し長期避難の準備をする。

 

 

マンション戸建ての室内で、地震に遭遇したとき

・震源地や地震の規模が把握できるまで、屋内で避難し外に出ない。

・ガラスの飛散で手足を切る危険を回避するため、革の手袋と革靴を装着。

・建物の倒壊、水害や地滑りの危険がない場合、マンションや戸建ての家の中で待機。

・外に逃げる場合、ダウンコートや皮のコートが重宝。

・可能であれば、車のガソリンを満タンにする

 

・家具転倒の下敷きを想定、低層家具に買い替えが望まれる。

・突っ張り棒、天井が頑丈でないと効果なし。

・玄関、廊下に物を置かないこと。

・片付ける習慣と躾(しつけ)が家族の生命を守る。

・懐中電灯、ランタン、ヘッドライトを生活動線に固定する。

 

 

高速道路サービスエリアで、地震に遭遇したとき

・走行中道路が波打っていても、サービスエリアまで走りきる。

・大型トラックの横転を想定し、走行軌道を見ながら追越しする。

・サービスエリアでは、情報如何ではその場で待機し避難する。

・サービスエリアでは、直ぐにガソリンを満タンにする。

・食料や飲料水を購入し、長時間の避難を想定する。

 

 

最後に!

防災対策は、自分や家族のための事前準備ですが、
なぜか、時が経つと忘れてしまいます!

その理由は一体何なのでしょうか?

私は、妻と一緒に、仙台で巨大地震にあいました。
東日本大震災の最も大きな被害は津波でした。

 

明るい未来は、安全に投資をした結果だと思います。
未来は、すぐ足元にあります!
できることから、直ぐに始めたいものです!