「分散投資」そもそも、投資とは?三方よしの精神に価値あり!

そもそも、「投資」とは?

❶将来お金を使うため、また将来にお金を残すための「備え」です。

❷「金融商品」を保有し配当金を得る、売買し売買差益を得ること。

❸投資家も企業もプラス・サム(合計がプラス)」の経済行為です。

❹賭け金総額からテラ銭を差引き一定額を支払う博打とは違います。

❺一方の利益が他方の損失になる「ゼロ・サム(合計がゼロ)」ではない。

すぐに儲かる話は「投資」ではない。

日々の情報収集と分析力が利益を享受でき楽しては得られない

少しでも損が出ると、気分が落ち込む人は行ってはいけない。

価格の動きに、仕事が手につかない人は行ってはいけない。

三方よし売り手よし 買い手よし 世間よしが投資の理念です

 

 

そもそも、「備え」とは?

❶自己啓発資金
(生涯健康生活を続けるための、能力開発や技能向上のために使うお金)

❷子供の教育資金
(子供の成長とともに、子供が夢を実現するために必要な精一杯のお金)

❸住宅購入及びリフォーム資金
(家族や友人が、気兼ねなく集まることができる場所に使うお金)

❹自家用車購入及び買換え資金
(いつでもどこでも、安全で快適に移動するために必要なお金)

❺老後の生活資金、葬儀・納骨費用
(感動ある生活の実践と、人生最後の清算に必要なお金)

「みずほ銀行 人生100年時代を生きるために」から

 

そもそも、「金融商品」とは?

❶日本の金融商品取引法第2条第24項により規定される概念。

金融資産金融負債及びデリバティブ取引に係る契約の総称。

金融資産とは、土地や現金など現物実態が無い、銀行預金や株式・債券など証書で所有が証明されるもの。

金融負債とは、他の企業に金融資産を引き渡す支払手形、買掛金、借入金及び社債等の金銭債務のこと。

デリバティブ取引とは、将来にわたる価格変動を回避(ヘッジ)する保険契約の一種。

❻銀行、保険会社、証券会社などが扱う預金、保険、株式、社債、投資信託、外国為替などの総称。

 

 

そもそも、「分散投資」とは?

投資のお金を複数の銘柄や商品に分散し、投資の対象を分けることでリスクを減らす投資方法のこと。

国内と海外で分けて購入、先進国と新興国に分けて購入地域の分散

株式、債券、不動産投資信託のREITに分けて購入商品の分散

毎月積立てで価格変動に惑わされずドルコスト平均法で購入時間の分散

円、米ドル、など外国通貨建てで購入通貨の分散

分散投資の分散とは、多くの金融商品に小分けして分散することでは無く、食品、日用品、ヘルスケア、石油、電力・ガス、通信、医療・福祉など、違う業種や違う地域を見極め、関連性の薄い商品を選ぶことです。

 

 

分散投資に向いている人とは?

❶投資を今から始めたいと思う人に適している。
❷値上がりする商品や会社をつかめない人に適している。
❸機密情報に精通していない人に適している。
❹ハイリスクハイリターンを避けたい人に適している。

 

 

安定した資産づくりに必要なことは?

❶日本国一国の集中投資は危険(世界には成長率の高い国がある
❷他国の通貨で預金(一国の通貨で預金しているのは日本人だけ
投資信託分散投資によりリスクが低く長期の資産運用に向いているETF売買の機動性透明性が高く、分散投資効果があり信託報酬が安い
❺国際分散投資(円以外の資産も投資対象とすることでリスク分散を図る

国や地域によって異なる景気循環のサイクルを、世界中から享受できるように分散投資します。

 

 

文中の言葉の解説

投資信託とは、投資家から集めた資金を株式・債券などに投資する金融商品。

ETFとは投資信託の中でも株価指数(インデックス)などと同等の投資成果を目指す金融商品です。

ETF(上場投資信託)は、
❶一般の投資信託の場合、1日1回の基準価格で売買するが、ETFは取引時間中いつでも売買できる機動性がある。
日経平均株価TOPIXに連動、基準価格や構成銘柄、構成比率などリアルタイムで認識できる透明性が高い。
❸1つのETFのベンチマークとなる指数は、複数銘柄から算出されており分散投資している。
❹一般の投資信託より人件費や手間がかからず信託報酬低い。

株価指数(インデックス)とは株式市場全体の値動きを示す指標で、日経平均株価TOPIXがある。

日経平均株価とは日本経済新聞社が算出公表している指数で「ダウ式平均」によって円で表しています。

ダウ式平均とはダウジョーンズ社の株式指標で、特殊な株価の変動を考慮して算出された株価のことです。

TOPIXとは東証1部上場の全銘柄の時価総額を全銘柄数で割った数字です。

日経平均株価とTOPIXの違いは日経平均は東証1部上場225銘柄の平均株価、TOPIXは東証1部全銘柄。

TOPIXの基準値は100ポイントを基準値として算出され、現在のTOPIXは約1600ポイントです。

インデックス投資とは日経平均株価やTOPIX、S&P500など国内外の株価指数に連動させた運用方法です。

S&P500とはニューヨーク証券取引所、NASDAQ上場の500銘柄の株価を指数化したものです。

 

 

最後に

夫婦それぞれが、この世を去るまでの間、感動を分ち合い、時に感謝の気持ちを表現する手段として「投資」があると思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です