低料金なのに、価格以上の満足な宿100選、宮城「湯元不忘閣」

 

費用は全て自前、だからこそ、「価格以上の満足な宿」だけを選りすぐってご紹介したいと思います。

 

「健康3原則」を兼ね備えた宿:

今回、ご紹介したいのは、湯元 不忘閣(ゆもと ふぼうかく)です。

宮城県の青根温泉(あおねおんせん)の源泉かけ流し加水加温無しの日本秘湯を守る会の宿です!

「この人、若く見えるけど!ホント?いくつなんだろう!」

「この人は、老けて見えるけど!ホント?何歳?」などと
年齢が話題になることがよくありますよね。

肌の、ツヤやハリ、顔の表情などから、年齢以上に見られることが
ありますが、
その原因の一つに血管の老化があげられます。
心筋梗塞や脳梗塞前といった突然の病気の前には、すでに
体のあちこちに、いろいろなサインが出ているのかも知れません。

❶調和のとれた食事、❷適度な運動、❸十分な休養と睡眠が
「健康3原則」と言われていますが、
健康寿命を全うするには
血管の老化を防ぐことが何より大切のようです。

今回は、そんな調和のとれた食事、適度な運動、十分な休養と睡眠がとれる、健康3原則を兼ね備えた宿をご紹介したいと思います。

 

 

「価格以上の満足な宿」青根温泉不忘閣:

今回の「価格以上の満足な宿」は、青根温泉にある湯元不忘閣です。

蔵王山の懐、標高819m花房山中腹にある1528年開湯の青根温泉は、独眼流政宗(伊達政宗)が利用したことでも有名な温泉宿です。

第17代当主として、東北地方に一大勢力を築いた伊達政宗は、
青根温泉の不忘閣から青葉城を見渡すことが出来る、この地を
選んだと言われています。
青根御殿からのぞむ景色はまさに殿様気分です!

そんな、不忘閣は、仙台藩主伊達家の「御殿湯」であったことから、歴代藩主もしばしば訪れたと入浴日記に残されていますが、山あいの傾斜に立つ旅館だからこそ、食事、運動、休養が三拍子揃って叶う
健康寿命が気になる人に、まさに打ってつけの宿と言えるでしょう!

 

 

悠久の歴史と健康3原則「運動」について:

不忘閣の外観は、一見廃校かと思い通り過ぎるほどでしたが、
6種類の究極の湯屋は、ライティングにもこだわり、湯に浸かると
外観とは隔絶した悠久の歴史の一場面にいる気分になります。

青森ヒバで復元された青根温泉の共同浴場の「大湯」は、太い梁が
何本も渡されどっしりした湯屋の天井、蔵の中にある「蔵湯」
不忘閣の歴史を彷彿とさせる見事な造りです。

お湯は無色透明、しっとりしたやや熱めの源泉かけ流し加水加温無しの温泉は、時と場所を忘れてしまいそうな最高の休養と睡眠を確約してくれるでしょう!

建物は山の斜面に建っていますが、エレベーターやエスカレーターが無く、部屋には90段の階段を上り下りしなければなりません。当然、温泉も食事もその階段を行ったり来たりしなければならないので、
足腰に負担がある場合は一階の部屋を予約した方がいいでしょう。

健康3原則の一つ「運動」には、最高の設備です。90段の階段を
不便と考えるか、好都合と考えるかはあなた次第です。

 

 

不忘閣に車で行くには:

❶山形自動車道、宮城川崎ICから国道457号線を走り約15分で到着
❷東北自動車道、白石ICから県道12号線を走り約40分で到着

 公共交通機関で行くには:

❸東北新幹線、白石蔵王駅より宮城交通バス遠刈田温泉温泉行き、宮城蔵王ロイヤルホテルで下車送迎を待つ。
❹仙台駅前旧さくら野前33番(青葉通り)バス停からミヤコーバス(宮城交通:問合せ0224-83-2044)の高速バスに乗車、終点遠刈田温泉宮城蔵王ロイヤルホテル前で下車送迎を待つ。

 

 

客室と階段と料金と健康3原則「休養と睡眠」:

  • 西別館客室:部屋は1階10畳次の間付きウオシュレット対応、Wi-Fi可。2名利用一人17,000円から。
  • 不忘庵客室:部屋は70段から90段を上がった高台に平屋で点在。10畳・次の間・トイレ付Wi-Fi一部可。2名利用一人16,000円から。全客室:貸切湯屋蔵湯(15時~8時)、貸切半露天風呂亥之輔の湯(15時~10時)無料。空いていれば何度でも入れます!
  • 心地よい疲れが休養と睡眠を誘ってくれること請け合いです!

 

 健康3原則の「料理」について:

健康3原則の一つ「料理」は、冷たい物は冷たく、温かい物は暖かく、適度な間合いで配膳され、給仕人も料理人も、宿全体でもてなす心が伝わってくるようです。

❶バランスのとれた定食型、❷規則正しく腹八分目、❸いろいろな食品を組み合わせる「食事の3原則」も十分配慮した味、見た目にも申し分のない会席料理は、郷土料理の域を超えた勢いのある料理です。すべての客に満足感をもたらすでしょう

腹八分目と言っておきながらも、言ったことを忘れさせる料理です!

 

青根温泉雪あかり:

青根温泉は、2月幻想的な光のページェントに包まれます。
不忘閣の光と陰を映し出すような光景に感動です!

 

老化は年齢ではない:

老化を左右するのは年齢ではないようです。
強い血管を維持し血管の老化を防ぐごとが大切のようです。
全身に栄養や酸素を送ったり、老廃物
を回収する血液は、スムーズに流れることで新陳代謝を促し健康と若さを保つ働きをします。

さらに、運動は、脈拍量を増やすことで心臓も血管も鍛えられ結果として健康と若さを保つように働いています。

不忘閣は、山の斜面に建っていることで、食事に行くにも、温泉に浸かるにも体を動かさなければならず不便なことが多いですが、その不便さが健康と若さを保っているようです。

青根御殿は、伊達政宗が滞在したときの感激と喜びを忘れないように「不忘」と名づけたと言われています。
不忘閣もまた、誰もが
泊まるだけで、健康と若さを授けてくれる宿として忘れられない宿になることでしょう!

 

あとがき

「低料金なのに価格以上の満足な宿」を書こうと思った動機です。私は、東日本大震災が起きた時、仙台で勤務していました。

1000年に一度の大地震、最も大きな被害をもたらしたのは「津波」でした。幸い、仙台市内では、家財が壊れただけで家族共に無事でした。ただ、電気が止まり、ガスが止まり、水が出ない生活は初めての経験でした。

時間が経つにつれ、お湯に浸かりたいと思いました。そんな折、東北各地の旅館で、被災者を受け入れると宿泊料を補助するという復興支援制度ができました。

お陰で、方々の温泉宿を毎週のごとく巡り、源泉かけ流しの加水加温なしのパワーを知ることになりました。

それまで、温泉は豪華な建物に、豪華な食事、着物を着た仲居さんから走り回る娯楽リゾート地でした。

源泉かけ流しの加水加温無しだからこそ、24時間いつでも入浴でき、低料金なのにリッツカールトンのクレドにも勝る宿があることに驚きました。

当時、金曜日の晩から泊まって月曜日の朝、温泉宿から出勤することもありました。温泉の素晴らしさもさることながら、こんなにも「お金と時間」を効果的に使えることに感謝でした。

一人でも多くの人に、効果的な「お金と時間」を経験して貰いたいと思いこの記事を書くことにしました。

低料金なのに、価格以上の満足な宿100選、秋田「多郎兵衛旅館」

 

認知症予防に温泉がいい:

費用は全て自前、だからこそ、「価格以上の満足な宿」だけを選りすぐってご紹介したいと思います。

家の中の掃除をしたり、老人会に出かけたり、町内会の活動に参加したり、また、お茶やお花、俳句などのさまざまな趣味に参加している高齢者は認知症になりにくいようです。

温泉は、家族や友人との触れ合いから喜びや満足感を得ることが出来ます。また、温泉に浸かると適度な疲れから、心地よい睡眠が得られ、ぐっすり寝ることで食欲を増し、栄養の偏りも無くなります。

温泉に行くことは、その認知症の一助になるかも知れません。

今回は、そんな高齢者に限らず、訪れる人すべてにやさしいい源泉かけ流しの宿をご紹介したいと思います。

 

「価格以上の満足な宿」多郎兵衛旅館:

今回の「価格以上の満足な宿」は、小安峡温泉多郎兵衛旅館(おやすきょうおんせん たろうべぇりょかん)です。
秋田県の最南端にあり小安渓谷沿いにある栗駒登山の足場にもなる山峡の温泉地です。

 

小安峡は、岩肌から轟音ともに水蒸気を吹き出す大噴湯(だいふんとう)があり大自然の息吹を肌で感じることができる圧巻の観光スポットです。

 

多郎兵衛旅館の温泉について:

多郎兵衛旅館は、源泉が90℃近くで高温のため加水し、湯守が心地よい適温に調節しています。

秋田杉の大きい梁のある大浴場、露天風呂、陶喜の湯、三宝の湯、無料の貸切風呂など5つの湯巡りが楽しめます。

やわらかくやさしいお湯は、心身ともにリラックスさせる24時間入浴可能な源泉かけ流しの温泉です。

 

 

車で行くには:

❶湯沢横手道路 湯沢ICから国道398号線を走り30km約45分で到着します。
❷東北自動車道古川ICから、国道47号線鳴子温泉郷を経由し、国道108号線秋ノ宮温泉郷を経て国道13号線、国道398号線を走り110km約2.5時間で到着します。
❸東北自動車道古川ICから、国道47号線から国道457号線、国道398号線花山湖、花山峠を経由、栗駒山全体が真っ赤に染まる紅葉を一望できる日本一の紅葉ルートがお勧めです(冬季閉鎖)。

 

公共交通機関で行くには:

❶山形新幹線新庄駅下車、JR奥羽本線新庄駅で秋田行きに乗車(1時間)湯沢駅下車後、羽後交通バス(0183-73-1153)の湯沢・小安線鳥谷行きに乗車(約50分)元湯バス停で下車(多郎兵衛旅館目の前)
❷秋田新幹線大曲駅下車、JR奥羽本線大曲駅で新庄行きに乗車(43分)湯沢駅下車後、羽後交通バス(0183-73-1153)の湯沢・小安線鳥谷行きに乗車(約50分)元湯バス停で下車(多郎兵衛旅館目の前)
❸前日までに宿に電話をすれば、迎えが湯沢駅14時発、帰りが多郎兵衛旅館12時発の無料送迎バスがあります。

 

客室とお得な湯治プランについて:

17年10月1日~18年4月25日の期間は、冬季限定2泊以上の宿泊において、湯治プランを利用することが出来ます。
チェックインが11:00から可能で当日の昼食も付きます。2人で2泊宿泊する場合1泊2名料金17,000円(1人1泊8,500)の湯治プランがお勧めです。貸切風呂も無料で利用でき全室Wi-Fiも完備しています。

 

料理について:

自家製梅酒をはじめ、山菜料理、稲庭うどん、川魚のクルミ味噌ホイル焼き、皆瀬牛などの地元の食材をふんだんに使ったメニューは、旅情感を十分満足させるどれをとっても大変美味しい料理です。

 

認知症の定義と予防について:

「認知機能が低下して、自立した生活を送ることができない症状」を認知症と定義していますが、認知機能はアルツハイマー病が進むと、70 歳前後で明らかに機能が低下するようです。
そのため、脳の機能を温存し、その機能を高めることが認知症予防の重要なカギとされています。

しかしながら、アルツハイマー病であっても、認知症を発症しない患者が4割いるとの報告があります。

また、退職8年後の2509名の認知機能の変化をみると、変化のなかった人30%、大きく変化した人16%、軽微な変化の人53%という報告があります。
読み書きが多い人、働いている人、ボランティア活動をしている人、社会活動をしている人、適度な運動をしている人など、学習や活動的な人は、認知機能の低下が抑えられているようです。

また、70 歳以上の元気な高齢者567名を対象に5年間認知機能低下を調査したところ、余暇活動を行わなかった人は、行った人に比べ認知機能低下が高かったとの報告があり、園芸、テレビ観賞、旅行、編み物、読書、カラオケ、囲碁、将棋などの趣味が認知機能低下の予防にいいとの報告があります。

さらに、55 歳以上の中高年3903名を対象に2年間認知機能の変化を観察したところ、ウオーキング,ハイキング,自転車,水泳など週2回から3回以上活動している人は認知機能低下が低かったとの報告もあります。

 

8つの温泉効果とは:


❶温熱・浮力・水圧などの物理的効果

❷泉質による清浄効果などの科学的効果
❸内分泌、神経系機能の調整などの変調効果があります。
❹気分転換や家族旅行の満足感などの旅行効果
❺バランスのとれた食事・栄養などの食事効果
❻移動・散歩などの運動効果
❼入浴・ストレス解消などの休養効果
❽記憶・はりあい・自発性刺激などの思いで効果などがあります。

『温泉科学(J. Hot Spring Sci.),65,177-185(2015)日本温泉科学会第68 回大会公開講演 II-2認知症予防に期待される温泉─老年医学の立場から』の文献から引用。

 

接客技術が安全を担保

多郎兵衛旅館は、満面の笑みで迎え入れる女将さんや、仲居さんの洗練された接客もさることながら、客を迎えた時から見送るまで、どれだけ安全に快適に過ごして貰うかがテーマとした場合、車いすでも安全に移動でき、高齢者に限らず訪れる人すべてにやさしいい宿であると思いました。

何もないときにこそ、一つ一つの行いが如何に大切かと言うことだと思いました。病気を寄せ付けない健康な身体を手に入れることが出来ます! ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか!

 

 

■あとがき:

 「低料金なのに価格以上の満足な宿」を書こうと思った動機です。私は、東日本大震災が起きた時、仙台で勤務していました。

1000年に一度の大地震、最も大きな被害をもたらしたのは「津波」でした。幸い、仙台市内では、家財が壊れただけで家族共に無事でした。ただ、電気が止まり、ガスが止まり、水が出ない生活は初めての経験でした。

時間が経つにつれ、お湯に浸かりたいと思いました。そんな折、東北各地の旅館で、被災者を受け入れると宿泊料を補助するという復興支援制度ができました。

お陰で、方々の温泉宿を毎週のごとく巡り、源泉かけ流しの加水加温なしのパワーを知ることになりました。

それまで、温泉は豪華な建物に、豪華な食事、着物を着た仲居さんから走り回る娯楽リゾート地でした。

源泉かけ流しの加水加温無しだからこそ、24時間いつでも入浴でき、低料金なのにリッツカールトンのクレドにも勝る宿があることに驚きました。

当時、金曜日の晩から泊まって月曜日の朝、温泉宿から出勤することもありました。温泉の素晴らしさもさることながら、こんなにも「お金と時間」を効果的に使えることに感謝でした。

一人でも多くの人に、効果的な「お金と時間」を経験して貰いたいと思いこの記事を書くことにしました。

低料金なのに、価格以上の満足な宿100選、秋田「後生掛温泉」

 

費用は全て自前、だからこそ、「価格以上の満足な宿」だけを
選りすぐってご紹介したいと思います。

 

インターネットを使うとありとあらゆる出来事が瞬時にわかってしまう時代。ドラえもんのように、どこでもドアを開ければすぐに別世界が広がります。

『20代の若者は70代のお年寄りよりも外出をせず、22.5%が「外出しないでいいならなるべく家にいたい」35%が「一日中ずっと家の中で過ごせるほうだ」』
ジェイアール東日本企画の「Move実態調査2017」レポートからもその一面を垣間見る思います。
(2017年10月24日日経ビジネスオンラインより)

行かなくてもわかっている! 動画で見たから知っている!と
思っている人に・・・
「おぉぉ~!!」
思わず声を発する現実の世界を案内したいと思います。

人ひとりには約60兆個の細胞があると言いますが、一個の単細胞な人間に収まらないよう、未知の世界に、震えるような旅に出ることをお勧めします!!

 

 

今回の「価格以上の満足な宿」は、後生掛温泉(ごしょうがけ おんせん)です。

岩手県と秋田県の県境にある八幡平山頂西側にある八幡平アスピーテライン沿いにある秘湯の一軒宿です。

奥深い山奥の宿ですが、通年営業をしており冬の間も行くことができます。
但し、公共交通機関が冬期間閉鎖の為、あらゆる手段を駆使して行かなければなりません。だからこそ、冬の期間は醍醐味があり絶好の秘湯の宿と言えるでしょう。

除雪が行き届いており後輪駆動の車でも大丈夫でしたが、スコップと牽引ロープがあると安心ですよ。

 

 

後生掛温泉は、単純硫黄泉でph3.2の酸性泉です。毎分150L/minの湧出量があり、高温のため加水しています。木箱から首だけを出す「箱蒸し風呂」や、「火山風呂」、「泥風呂」、「サウナ風呂」、「打たせ湯」、「露天風呂」など様々なスタイルの温泉が湯煙に包まれています。

 

 

客室は清潔で明るくウオシュレットも完備しており、和洋室など小人数から大家族まで快適に過ごすことができます。
中でも、温泉宿には珍しく、洋室のシングルルームがあり一人旅でも安心して泊まれる宿です。
また、湯治部にはオンドル専用の個室もあり、客の好みに応じてさまざまに対応してくれる宿だと思います。

 

 

宿の駐車場から階段を上がると直ぐに、泥を吹き上げる墳気口や泥火山などが観察できる「後生掛園地」があります。秋田焼山の登山口にもなっており、後生掛温泉自然研究路の遊歩道では、あちこちで蒸気が噴出しており、灰色の火山灰の泥からボコ、ボコと泡が湧き上がる様子を間地かに見ることができます。

秋田焼山(あきた やけやま)は、標高1366mで山頂火口や山麓東側には後生掛温泉、西側には玉川温泉があります。2018年1月現在秋田焼山は気象庁の噴火警戒レベルは「レベル1」ですが、活火山のため常時観測している火山です。そんな山の一角にあるのが後生掛温泉の宿です。

 

源泉温度は、85℃で、「馬で来て下駄で帰る後生掛」と謳われた、昔から湯治で有名な温泉宿です。
平成30年1月4から4月26日まで2泊3日4食付きで一人16,000円(1泊8,000円)のプランがあります。
3泊以上すると1泊目から1泊7,000円に料金設定が変更になり、充実した施設と設備の湯治宿としては打ってつけのプランだと思います。
別のプランもあり後生掛温泉旅館部0186-31-2221に問合せてみてはいかがでしょうか!
期待を裏切らない感動が待っていると思いますよ!

 

車で行くには、

❶東北自動車道鹿角八幡平ICから国道341号線~八幡平アスピーテラインを経由(所要時間:約40分)

❷東北自動車道松尾八幡平ICから八幡平アスピーテラインを経由(所要時間:約60分)

❸田沢湖湖畔より、国道341号線~アスピーテライン経由(所要時間:約90分)

但し11月上旬~4月下旬までは、八幡平頂上側アスピーテライン及び国道341号線(田沢湖方面)が終日通行止めです。冬季は国道341号鹿角方面、東北自動車「鹿角八幡平IC」方面からのみの通行です。

 

バスで行くには、

行き:田沢湖駅前9:30→後生掛温泉11:20、田沢湖駅前12:15→後生掛温泉14:05
帰り:後生掛温泉13:44→田沢湖駅前15:34、後生掛温泉15:29→田沢湖駅前17:19
但し土日・祝日および4/29~5/7、8/11~8/15、9/16~10/22の期間運行。路線バスは冬期運休。
問合せ秋北バス花輪営業所(0186-23-2183)/羽後交通田沢湖営業所(0187-43-1511)

冬期間のみ、宿泊者は旅館へ事前予約(1日1便)、JR花輪線鹿角花輪駅から送迎バスが運行します。確認をお願いします。

 

 

インターネットの社会が基盤になっても、外出しないで済む社会にはなって欲しくないですね。

労働、教育、消費、医療、娯楽あらゆる領域で、動かずとも事足りる社会が来るとの意見もありますが、「動と静」「緊張と弛緩」のように、より多くの経験を積むことが偏りのないバランスのとれた生き方が実践できるように思います。今回ご紹介した温泉宿はそんな貴方の心と体のバランスを調整してくれる宿の一つだと確信します。ぜひ訪ねてみて下さい。思わぬ感動が待っています!!

 

 

■あとがき:

 

「低料金なのに価格以上の満足な宿」を書こうと思った動機です。私は、東日本大震災が起きた時、仙台で勤務していました。

1000年に一度の大地震、最も大きな被害をもたらしたのは「津波」でした。幸い、仙台市内では、家財が壊れただけで家族共に無事でした。ただ、電気が止まり、ガスが止まり、水が出ない生活は初めての経験でした。

時間が経つにつれ、お湯に浸かりたいと思いました。そんな折、東北各地の旅館で、被災者を受け入れると宿泊料を補助するという復興支援制度ができました。

お陰で、方々の温泉宿を毎週のごとく巡り、源泉かけ流しの加水加温なしのパワーを知ることになりました。

それまで、温泉は豪華な建物に、豪華な食事、着物を着た仲居さんから走り回る娯楽リゾート地でした。

源泉かけ流しの加水加温無しだからこそ、24時間いつでも入浴でき、低料金なのにリッツカールトンのクレドにも勝る宿があることに驚きました。

当時、金曜日の晩から泊まって月曜日の朝、温泉宿から出勤することもありました。温泉の素晴らしさもさることながら、こんなにも「お金と時間」を効果的に使えることに感謝でした。

一人でも多くの人に、効果的な「お金と時間」を経験して貰いたいと思いこの記事を書くことにしました。